カテゴリー「コレって快適?」の記事

2018年7月 1日 (日)

516 どこに並べば?

仙台駅前の、バスプール。

たとえば、この、14番のりばです。

Img_0017

頭の上に、小さな看板があって、行先が書いてある。

これ、なんだか、いいですよね。

一昔前の、国鉄(つまり今のJR)長距離列車のホームみたい。

Img_0013

ところが、これ、

どこどこに行きたい人は、ここに並んでください、という目印になっているようなのです。

Img_0012_2

「行先、方面別にお並びください」

って、書いてある。

じゃあ、県庁市役所、まで行きたい人。

Img_0011

バス、けっこう、ありますよね。

え~っと・・、

Img_0015

Img_0016

選択肢は、5つある。

上の写真の5枚の看板のうち、どれに並べば、いいのでしょう。

難問。

これは、わかりませんよ。

こういうときは、少し離れて待ってて。

来たバスを、よく確かめて、乗る。

それしかないでしょう。

これ、どうすればよいかというと・・・。

Img_0009

市バスには、こうした系統番号がついてるのだから、

頭上の看板にも、この番号を書いてくれれば、どこに並べばよいか、はっきりわかるんじゃ、ないでしょうか。

そのように思いました。

いかがでしょうか・・・

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

514 自転車の歩道での徐行義務(続き)

続きです。

Pap_0041

↑この意味、わかりますか?

歩道にある、自転車マークが書いてある、レーン。

仙台の街なかって、広い歩道は、ほとんどコレありますよね。

「自転車通行指定部分」

と、言うそうです。

ここは、自転車、自由に走っていいんでしょ?

いやいや。

そうでは、ないのです。

あくまで、歩道。

歩行者が、優先です。

この場合、歩道を通行する自転車は、以下のルール(法律!)を、守らねばなりません。

  • 自転車は、自転車通行指定部分を、徐行しなければなりません。
  • また、歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければなりません。
  • ただし、自転車通行指定部分を通行し、または通行しようとする歩行者がないときは、安全な速度と方法で進行することができます。

(道路交通法を参考に筆者作成。あってますよね?)

つまり、このレーンがあろうがなかろうが、歩道は、歩行者が優先。

自転車は、自由にスイスイ走っては、いけないのです。

おそらく、この意味は・・・。

自転車は、ここを通行してくださいね、歩行者は、なるべく、ここは歩かないでくださいね、くらいのメッセージなのでしょう。

法律的には、

この部分を通行し、または通行しようとする歩行者がないときは、自転車は、安全な速度と方法で進行することができる。

というだけで、あとはレーンがない場合の、歩道通行のルールと、同じ。

これ、ほとんど、ちゃんと理解されてない気が・・・

   **

てなことを言ってると、

地元の地方紙の紙面で、自転車のルールとマナーの特集を、やってますね。

歩道の通行については、以下のコメント。

引用:

「自転車は道交法上の軽車両に当たります。

車道と歩道の区別のある場所では、車道の左側を走るのが原則です。

ただし、「歩道通行可」の標識がある歩道は通行できます。

13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、法令で定める身体障害者、車道での道路工事や駐車車両が連なっているなど、やむを得ない場合は歩道を走ることができます。

歩道は歩行者優先なので、すぐに停止できる速度で徐行し、歩行者の通行を妨げる走行をしてはいけません。」

(引用終わり)

そうです。

繰り返しますが、

・歩道は歩行者優先なので、

自転車は、すぐに停止できる速度で徐行し、

・歩行者の通行を妨げる走行をしてはいけません。

そうですね、ぜひ、お願いしたいのですが・・。

「自転車通行指定部分」の通行ルール(くどいようですが、「法律」)についても、取り上げていただきたいなあ、と思う次第です。

  **

歩行者が、安全・安心に、歩ける街に。

本来のスピードで走りたい自転車は、車道の左端を、安心して、快適に通行できる街に。

歩行者、自転車の利用者、クルマのドライバーの皆さんが、それぞれ法律を守って、快適に通行できるように、していきたいものです。

よろしくお願い申し上げます。

Img_1645

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

513 自転車の歩道での徐行義務

Pict0013

写真は、「自転車が歩道を通行することができる」ことを示す標識です。

この場合、自転車は車道を通行するのが原則ですが、歩道を通行してもよいと、道路交通法第六十三条の四に、書いてあります(よね?)。

通行してもよい、といっても、条件つきです。

このブログでも何度か書いたと思いますが、そもそもの部分を、あらためて確認しておきたいと思います。

要するに、この標識があっても、歩道を自由に走っていいわけではないのです。

・歩道の中央から車道よりの部分を、通行しなければならない。

・徐行しなければならない。

(つまり、普通にスピードを出して走ってはいけない。スグに止まれる速度で。)

・歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止。

そのように、法律に定められています。

以下の、赤字(斜体)の部分です。

  **

「道路交通法」(昭和三十五年六月二十五日法律第百五号)より抜粋

第十三節 自転車の交通方法の特例

(自転車道の通行区分)

第六十三条の三  

 車体の大きさ及び構造が内閣府令で定める基準に適合する二輪又は三輪の自転車で、他の車両を牽引していないもの(以下この節において「普通自転車」という。)は、自転車道が設けられている道路においては、自転車道以外の車道を横断する場 合及び道路の状況その他の事情によりやむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければならない。

(普通自転車の歩道通行)

第六十三条の四

 普通自転車は、次に掲げるときは、第十七条第一項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。

一  道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。

二  当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。

三  前二号に掲げるもののほか、車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。
 

2  前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。

  ** 抜粋ここまで **

これって、仙台のまちなかを少し歩くだけでわかるのですが・・

守ってる人、いますかね?

ほぼ100%、道路交通法に違反して、自転車で歩道を走ってませんか?

この「歩道の徐行義務」「歩行者のジャマになるときは一時停止」が、確実に守られるようになることが、

安全・安心に歩ける楽しい街への第一歩だと、思います。

さらにいえば、これって、マナーとかモラルとかの問題では、ない。

法律ですから。

守らなければ、駄目なのです。

違反した場合は、罰則あるんじゃないかな。

なんで、歩道上の自転車は、こんなデタラメなことになってるのか。

歩くたびに、いつも思ってしまいます。

なんとか、しましょうよ。

よろしくお願いします。

って、・・・。

誰に言えばいいんですかね??

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

511 自転車のアレなんとかしたいなあ

また、歩道の自転車の徐行義務のハナシです。

横をスルって、走り抜けられました。

比較的、狭めの、歩道。

幅は、1.5mくらいでしょうか。

人が歩いてすれ違うくらいなら、まったく問題は、ないのですが。

ああ、後ろからチャリくるな~、って思っていたら。

ほぼ耳元?くらいの距離感で

「スミマセン~♪」って、かんじで。

自転車が過ぎるときの風を、体に感じる近さです。

そんなにスピードが、出ているわけではない。

同年代か、少し若いと思しき、女性。

続いて、その娘さんと思われる、子供。

さっと、通り抜けて、いきました。

  **

スミマセン、てのは?

横を通ります、気を付けてください、くらいの意味でしょう。

危ないですよね、わかってます、迷惑おかけして、くらいの意味でも、あるかもしれません。

まあ、別に、怒りませんよ。

怒りませんけど・・・。

それは、法律違反ですよね。

歩道での、徐行義務を守っていない。

もっとも、本人には、違反をしている意識は全くないと思いますが・・。

  **

まあ、これは、近所の住宅地の話なので、あまり人と自転車の錯綜を問題にする場面では、ないのかもしれません。

しかし、街なか歩くと、フツーに、自転車、真横を走り抜けて行きますよね。

時には、危険を感じるし・・・。

これ、なんとか、ならないですかね。

歩道を「例外として」通行するときは、歩道の車道よりを「徐行」する義務。

なんで、こんなに野放し状態になってしまっているのか。

なんか、腹立つというか。

恥ずかしいというか。

悔しいというか・・・。

  **

対抗策として。

歩道で、前から自転車が近づいてきたら、筆者は、絶対によけません。

だって、法律に書いてある。

歩道では、自転車は、歩行者の通行を妨げてはいけないのですよね?

何でこのオッサン避けないんだ、危ないなあ。

というところから。

ん? ルール上は、どうなってるんだっけ?

と、せめて気づいてほしい。

それくらいしか、できないなあ・・。

ダメですかね。

とにかく、事故が起こらないことを、願うばかりです。

それと、歩行者が、安心して歩ける街になることを、切に願うのですが。

これ。

どうしたらいいでしょうね・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年4月29日 (日)

507 ベル鳴らされた・・

長町南あたりで。

歩道を、歩いていました。

今年は、新緑はやいな~

この季節、街路樹のミドリがきれいだな~

なんて、思いながら。

すると、背後から。

チリンチリン、チリンチリン、って。

自転車に、やられました。

ムッ。

立ち止まって、振り返りました。

これは、注意せねばね。

と思った瞬間。

筆者のわきをママチャリですり抜けてったのは、

筆者より上の世代と思しき、ご婦人でした。

悪気のなさそ~な、顔して。

ていうか、スミマセン、ってそぶりしてた。

それ見た瞬間、怒る気が、なくなってしまいまして。

う~む。

仕方がないんですかね・・。

向こうとすれば、いっぱいいっぱいでチャリこいでて、スミマセン横通りますう

、くらいのコミュニケーションだったのでしょう。

  **

ご婦人が行ってしまったあと、注意しないで良かった、と思いました。

トラブルになりたく、ないもんね。

けれども、やっぱり注意しておくべきだったとも、思いました。

歩道は、歩行者が安全・安心に通行できることが、優先でしょう?

だからこそ、道路交通法でも、

「自転車で例外的に歩道を通行するときは、徐行」ってことを、定めてるんですよね?

「歩道の車道側を、徐行」

「歩行者の通行を妨げることになるときには、停止」って・・・。

それは、歩道に自転車通行帯が示してあっても、同じことですよね?

(ちゃんと指導教育されていないので、あの通行帯の部分を、自転車優先レーンだと勘違いするのも仕方ないのですが)

ちなみに、筆者は、自転車通行帯を歩いてました。

でも、歩道の幅からいって、ベルをならすような状況じゃない。

自転車は、当然、速度を落とし、いつでも止まれる速度で、筆者より車道側を通行すれば、何も問題ないスペースは、あったのです。

やっぱり、ちゃんと教えてあげればよかった・・・

「自転車のベルは、クルマのクラクションと同じ。クラクションを鳴らしていい場合は、道路交通法で定められている。あなたのチリンチリンは、歩道をクルマで走ろうとして、歩行者にどけどけ、と言ってるのと同じ。道路交通法違反で、処罰の対象と言われても仕方のない行為。スピードを落としたくないなら、車道を通行するのがキホンなんです。これから気を付けるように、してください。」

ああ、もう・・・。

でも、誰も、チャリで歩道を通行するとき、徐行なんてしてないですよね。

ご婦人だって、そう思うはず。

なんでこの人、私にだけ言ってくるんだ?

最近キレるおじさん、多いのよね・・。

てかんじに、なりますよね。

は~あ。

ため息しか、出ませんよね。

Img_0004_1

「自転車は車道を通行するのが基本。

例外として歩道を通行する場合は、徐行。歩行者の通行を妨げてはいけない。」

これがキチンと守られる世の中になってほしい。

そう、強く願う次第です。

Img_0002_1

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年4月 1日 (日)

503 クルマなくても10年!

10年かあ。

10年に、なるんですね・・。

2008年の今ころの時期、マイカーを手放しました。

そして、仙台で、マイカー持たずに、暮らしてみて。

・・・。

結論は、

・マイカーなくても、なんとかなります。

・でも不便は、不便。

・どの程度、不便を許容できるかは、何を重視して暮らすかとかに、よる。

・不便の基準は、人、それぞれ。

・特に、家がどこにあるかが、大きい。

とか、そんなかんじでしょうか。

あと。

マイカー持たなくても、必要なときに、クルマを利用できる手段は、けっこうある。

そういう手段が身近に、あるか、ないか。

たとえば、カーシェアリングが近くにあるかどうか。

そうした環境しだいで、特に不便じゃないよ、という言い方も、できると思いました。

  **

ていうか、ですね。

考えるべきは、そういうことじゃないと思います。

それはね。

クルマがないと、不便なように、世の中できている。

買い物、しかり。

仙台の公共交通の運賃の高さや、本数の少なさ、しかり。

・・・これで、いいんですか?

という疑問です。

みなさん、クルマ中心社会、いやクルマ優遇社会のままで、この先も、いくんですか?

それで、ホントに、いいんですか?

そのように、感じます。

成熟した社会?

いや~、個人個人が、移動のために、いくら費やしてるんですか。

いい仕事や、安いものは、遠くにある。

そのために、個人が、マイカー所有して、移動の費用をたくさん負担してる。

なんだか、とても無駄なような、気がしますが・・・。

  **

さて。

どのように、取り組むか、ですね。

せめて通勤には、または、中心部では、マイカーを使わなくても、快適に移動できる街。

そういうのにむけて、何かやっていこうという気持ちを新たにして。

これを10年の到達点の一つとしたい、と、思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

496 東京の大雪

スミマセン、写真は、ないのですが。

1月の、とある金曜日。

関東地方は、大雪に、なりましたね。

帰宅時間に重なり、週末だし、交通機関がたいへんだったようです。

実は筆者、その日、東京に出張してました。

夕方、16時台の新幹線で、仙台に帰るとこでした。

すでに、5センチくらいは、積もってたと思います。

在来線は、遅れてました。

けど、新幹線も、7分だか遅れてた。

そのおかげで、乗れたのですが。

結局、東京の積雪は、23センチだったとか。

一方、わが仙台は、20センチってとこ。

東京のほうが、積雪、多かったんですね。

  **

ところで、「大雪」って、どこから大雪と、いうのでしょう。

どうも、一律の定義は、ないようです。

だから、ニュースで、大雪の予想です、関東平野では15センチの予想・・・とか言われても、へ? それで大雪? と思う人は、おおいでしょう。

これ、地域によって、警報の基準も、違うようですね。

(ていうか、筆者は、コレ系の有資格者なもんで・・・)

警報の基準ってのが、地域ごとに、あります。

ちなみに。

東京23区内の、大雪警報基準は、

「12時間降雪の深さ10cm」となってますね。

一方、仙台は。

筆者の住んでいる仙台市東部だと、

大雪警報基準は、「12時間降雪の深さ20cm」。

これが、仙台市西部だと、

平地で「12時間降雪の深さ25cm」

山沿いで「12時間降雪の深さ30cm」。

なお、

かまくらで有名な秋田県の横手市だと、

平野部では「12時間降雪の深さ40cm」

山沿いでは「12時間降雪の深さ50cm」

となっていますね。

ふ~ん。

なんとなく、感覚と、近いような。

これくらい積もったら、大雪って、言うだろな~

って、かんじですよね。

  **

仙台では、平成26年の2月に、35センチってのが、ありましたよね。

今回は、あれ以来の大雪かな、と思いますが。

実は筆者、今年になって、2回。

雪道で、転倒してます。

2回とも、同じようなパターン。

氷を踏んだら片足が滑って、

もう片方の足でセーフ、と思ったら、そっちも持っていかれて、

完全にお尻からズドン。

幸い、怪我には、至っていません。

気を付けないとね。

もう、雪は、いやですね・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

494 500回にむけて

なにか、記念?に、やろうと思うんですよね。

と、考えてて。

思いついたのが、これ。

公共交通をなんとかしたい・・、と、思ったきっかけの話。

これを、やろうかと。

まず、仙台に住むようになったとき、でした。

公共交通の薄さに、考えさせられました。

それまで東京で、4年間暮らしてたからでしょう。

東京は、電車で、だいたいどこでも行けた。

しかも、仙台の地下鉄と比べると、ものすごく安かった。

待ち時間なんてなく、時刻表なんて必要なかった。

それと、仙台は、バスが、あまりにも複雑だった。

何回、乗り間違えたことか・・・。

てのが、あります。

  **

でも、潜在的には、もう少し前なんですよね。

学生の最後の年に、ペルーに行ったときです。

ペルーって、南米のペルーです。

首都は、リマ。

(関西風にいうと)けったいな、交通機関が、街にあふれていました。

一種の乗合バスですが、もっとなんというか、自由度が、高い。

タクシーと、バスの中間に位置する乗り物が、ものすごく重要な役割を、はたしていました。

古いワンボックスが改造してあって、10人くらいは、乗れるでしょうか。

路線、というか、ストリートを端まで行って、また戻ってくる。

それが、縦横に、網羅されているかんじ。

停留所はなく、交差点ごとに、停車しているかんじ。

支払いは、一律。

これ、「コレクティーボ」と、いいます。

南米の市街地では、珍しくないみたい。

仙台で、公共交通、なんとかならないかなあ、と思ったときに、真っ先に思い浮かんだのが、このコレクティーボのこと、だったのでした。

500回記念は、この話を、やろうと思います。

うん、そうしましょう。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

492 成人式とクルマ

今回は、申し訳ないと、思いました。

娘が成人式の、着物の着付けに。

やっぱりクルマでないと、しんどいですよね。

救いは、美容室が、近かったこと。

もう一つ、ウチから、会場が、スグ近いこと。

家は富沢で、仙台市体育館が、ものすごく近いのです。

そこでまあ、午前中。

娘は、歩いて美容室に、行きました。

といっても、長町南と、富沢の間なので、10分くらい?

着付が終わる頃に、奥さんが、迎えに行きました。

これも、歩いて。

さすがに、晴れ着で、歩いて帰ってこいとは、言えません。

貸衣装なので、着物の箱も、持って帰ってくる必要があります。

着物の箱って、大きいんですよね。

それで。

娘と奥さんは、タクシーで、戻ってきました。

やれやれ。

自宅から、会場の仙台市体育館は、歩いて5分も、かからないので。

そこは、歩きで。

天気もよくて、よかったですね。

Img_0002

普通、クルマで会場まで、送りますよね?

毎年、この日は、体育館のあたりが、クルマでいっぱいに、なるので・・・。

いや、地下鉄あるし、富沢駅から、歩いてスグなんですけどね。

でも、晴れ着でバス・地下鉄って、しんどいですよね。

まあ、ウチはクルマありませんが・・

会場のスグ近くの家で、よかったです、って話でした。

娘は会場から歩いて帰ってきて、着替えて。

同窓会へと、地下鉄で、出かけていきました。


 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

491 大晦日

2017年が、終わりますね。

今年は、仕事で、あちこち行きました。

出張先で、スイカを、よく使うように、なりました。

そうすると、値段を気にしなくなりますね。

この移動にいくらかかってるか、というよりも、あといくら残ってるか。

次にいつチャージしないといけないか。

それだけ。

個人のサイフ面からは微妙ですが、利用促進面からは、いいことなのかな。

来年は・・・

とりあえず九州には、行こうと思います。

学会が、あるので。

あと、広島ですね。

これは仕事ではなくて、イーグルスの応援。

今年は函館に行きましたが、来年は、広島戦が土日になっているので。

今のところ、そのくらい。

あと、いよいよ、このブログが500回に近づいてきました。

3月くらいに、達成するのかな?

あれ?

それと、・・・

考えてみたら、10年になるのですね。

2008年の8月に、書き始めたのだから・・・、

もう9年すぎて、10年めに入っていたのでした。

てことで、8月には、10週年かあ。

なにか、やりますかね。

10週年特別企画?

う~ん、どういうのが、いいでしょう。

明日からのお正月で、少し考えてみます。

来年も、よろしくお願いいたします。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

より以前の記事一覧