カテゴリー「とらんぱ仙台」の記事

2017年5月28日 (日)

460 ICカード運賃まとめ

JRの、ICカード運賃について。

この話、まだ続きます。

きっぷとICカードの差額を、損しないように。

この際、まとめてみました。

ていうか、筆者の乗る区間に限ってですが・・

 **

■太子堂から

(筆者の住む富沢のJRの最寄りの駅です。)

【仙台へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 190円

・ICカード 185円

【宮城野原へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 200円

・ICカード 195円

【利府へ】

きっぷのほうが安い。

・きっぷ 320円

・ICカード 324円

【仙台空港へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 600円

・ICカード 596円

 **

■あおば通から

【宮城野原へ】

きっぷのほうが安い。

・きっぷ 140円

・ICカード 144円

 **

■仙台から

【利府へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 240円

・ICカード 237円

  **

■岩切から

【仙台へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 200円

・ICカード 195円

【長町へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 240円

・ICカード 237円

【太子堂へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 240円

・ICカード 237円

  **

以上です。

なんで、宮城野原なの。

利府なの、岩切なの。

なんで、岩切は、帰りしかないの?

それは、過去記事を、ご覧ください。

(要は、野球場と、陸上競技場。)

  **

結論。

ほとんど、ICカードのほうが安いのだけれど、

・140円

・320円

これらのときは、きっぷのほうが、トク。

つまり、

・あおば通→宮城野原:140円。

・太子堂→利府:320円。

これらのときは、きっぷで。

ってことで。

そうしましょう、そうしましょう。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

459 回数券があったとは

JRの運賃の、話です。

きっぷと、ICカードの差額について、理解が進んできました。

問題なのは、あおば通~宮城野原。

Img_0005

きっぷだと、140円。

ICカードだと、144円。

でも、きっぷ買うの、いちいち面倒・・・。

(って、つい最近までは普通に切符買って、何も不自由は感じなかったハズなのですが)

Img_0006

なんでソレが問題なのか、というと。

筆者は、野球観戦で、けっこう乗るのです。

楽天イーグルスの試合を、年間20試合くらい、見に行くので・・・。

そんな話をしていたら、教えてくれた人が、いました。

「回数券を使うと、イイですよ。」

か、回数券?

あるんですか、まだ。

「ただし、あおば通駅では、売ってないみたいなんですよ。」

ええ?

じゃあ、宮城野原駅で、買わなきゃいけないの?

「宮城野原駅だと、券売機で回数券ってボタンがあるので。」

へえ~、そおなんですか。

初めて知りました!

Img_0001_1

で。

買ってみました。

1400円で、きっぷ11枚です。

つまり、1回分、オマケ。

一応、シバリが、あります。

まず、この区間限定でしか、使えない。

あと、期限が、あります。

3か月以内に、使いきらなければ、なりません。

これ、使いきれるかなあ・・・。

  **

まあ、あんまり難しく計算するのも面倒なので、

たぶん大丈夫ってことで、いいのだと思うのですが。

今年は、イーグルス、強いので。

(この記事を書いている時点で、パリーグ首位。貯金15もあります!)

筆者の観戦成績は、5勝1敗です。

6回みにいって、1回しか、負けてない。

こんな年も、珍しいんじゃないかなあ。

がんばって、応援に通いたいと思います。

しかし・・・。

回数券があるとは、知らんかった・・・。

Img_0012

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

450 ベビーカーマークあったよ

ベビーカーマーク。

これは、知りませんでした。

仙台にも、普通にあるのですね。

Img_0002

以前も、ベビーカーに関する表示は、いろいろあったそうです。

ここは、ベビーカーOKです、とか。

逆に、ダメですよ、とか。

それを、国土交通省の協議会で、統一的なマークが決められました。

ここは、ベビーカー大丈夫ですよ、ってことを示しています。

(それに赤い斜線を入れた「ダメですよ」のマークもあるそうです。)

  **

仙台市地下鉄の場合。

富沢駅で、さっそく発見しました。

Img_0006

車イスのスペースのある扉のところに、貼ってあります。

そこから車両に乗り込むと、ありました。

Img_0004

シートのない一角に、手すりが渡してある。

へえ~。

Img_0001

今まで、意識したことは、ありませんでした。

ベビーカーをたたまずに、他の人の乗り降りを邪魔する心配も、不要です。

Img_0005

ここの位置は、エレベーターの目の前。

エレベーターを降りると、おのずと、そこに乗ることになります。

Img_0007

ちゃんと、考えて作られているのですね。

  **

あと、マークとともに、呼びかけが、ありました。

それは、周りに人に対して。

ベビーカーの利用に対し、温かい気持ちで見守りましょう。

お子さん連れのお出かけに、安心・安全を。

それは、設備の面だけでなく、一人ひとりの配慮によっても、もたらされるのですよね。

心がけていきたいな、と思いました。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

445 JR仙台駅から地下鉄へ

地下鉄東西線ができて、便利になったこと。

JR仙台駅と、地下鉄との行き来が、しやすくなったと思います。

先日、東京出張の帰り、仙台は雨でした。

傘、もってない。

JR仙台駅から、勤務先の広瀬通まで、ふつうは歩きます。

けど、雨が強くて、歩きは、ちょっとムリ。

一駅だけど、地下鉄のりますか・・・。

前は、エスパルの地下からメトロポリタンのほうを回るか、

ロフトの地下をず~って行って、定期券売場のところで出てから、左右、どちらかの地下鉄改札に回ってました。

今は、「東改札」があります。

もう、ルートを、覚えましたよ。

新幹線を降りたら、南口改札のほうのエスカレーターで、2階へ降りて。

スグ左手のエスカレーターで、1階へ降りて。

(郵便局とか、あるあたり。)

そこで外に出て、スグにあるエスカレーターで、地下へ降りて。

地下に降りたら、左手に歩く。

すると、仙台市地下鉄の改札に至る、下りエスカレーターが、あります。

この東改札は、東西線ができてから、できました。

間違って東西線のホームに降りてしまうと、南北線の広瀬通には、遠回りになってしまいますが、ここだけ注意ですね。

南北線、南北線、と、案内表示をたどっていけば、大丈夫です。

広瀬通駅から、勤務先は、スグなので・・

このときは、地下鉄利用で、正解でした。

いや、こういうのも、知っていると知らないとは、大きな違いですよね。

上手に利用していきたいと、思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

444 地下鉄が朝よく遅れる

筆者は、仙台市地下鉄で、通勤しています。

南北線の、富沢駅から。

特に何分のに乗るとかは、決めていません。

一駅手前の仙台駅で降りて、歩いて勤務先へ行くので、時間は余裕です。

だから少々、ダイヤが遅れても影響はないのですが・・・。

朝、しょっちゅう、遅れてる気がします。

原因は、「お客様の混雑により」とか。

要するに、駅に停まるたび、乗り降りに時間がかかっているのです。

降りる人の列が途切れる前に、もう発車のベルが鳴ったり。

あと、なかなかドアを閉められなくて、「お体、お荷物、お引き下さい」ってアナウンス。

何度もドアを閉めかけ、一度開いてまた閉めて、ってやってる。

「ご乗車になりましたら、ご順に中の方へお進みください」

「出口の前を広く開けて、お待ちください」

とか、運転手さんは、一生懸命。

乗客も、別に、遅らせようとしているわけでは、ないですよね。

常識的に、詰めますし、出入口付近に立っている人は、いったん降りてまた乗って、ってことを、やってますよね。

特に、雨の日、雪の日に、混雑で、遅れることが多い気がします。

う~ん。

キャパが、少ないんじゃないのかなあ。

1.ホームが狭い。

・・・スペースがなくて、なかなか、人がさばけない気がします。

2.ホームから改札に上がる階段が狭いし、少ない。

・・・階段、またはエスカレーターの前で、人が滞り、電車を降りるスピードにも影響していると思います。

3.駅員さんが、誘導とか、しない。

・・・個人の動きにまかせていたのでは、限界があると思います。

4.車両が少ない。

・・・いま4両でしょう? 5両とか6両にすれば?

5.本数が少ない。

・・・7時30分から8時の間に、1本ふやすだけで、かなり違う気がするのですが・・。

そう、雨とか雪の日だけでも、増発するというのでもいいんじゃないですか。

朝なんて、5分より短い間隔でくるのに、時刻表なんていらないんじゃないの?

とかなんとか・・・。

  **

いや、文句言ってるわけでは、ないんですよ。

公共交通で、どれだけ人を運ぶプランニングになっているんですか?

っていうことです。

あと、せっかく公共交通を利用しようっていうお客さんを、逃がしていいんですか?

っていうことでも、あります。

ふだん自転車やバイクの人が、悪天候で、地下鉄にしようと。

そのとき、

「いや~こんな混んでて時間通りにも走らないんだったら、こんどから地下鉄はヤメとこう」

と思うのか。

それとも、

「こんなに快適なら、次からも地下鉄にしよう」

と思うのか、ってことですよね。

ある程度、雨や雪のときに乗る数を想定して、そこに合わせた供給をしないと、ますます公共交通の利用が減っていくんじゃないかな、と心配。

明日も、朝、雪のようです。

時間通りに、地下鉄、走るかなあ?

いや、筆者は、とくにギリギリでうごいてないので、少々遅れてもいいのですが・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

443 みんなにやさしい自転車利用環境づくり

タイトルは、仙台市の「杜の都の自転車プラン」に掲げられた、目標だそうです。

この自転車プランが後期計画に差し掛かるにあたり、市民の意見募集(パブリックコメント)が、ありました。

(募集期間が締め切られた現在は、後期計画案のWEBサイトはクローズされてており、見ることはできません。)

「みんなにやさしい自転車利用環境」

要するに、

■自転車が車道の左端を安全・安心に通行できる状況を整える。

■自転車でそれなりのスピードで走りたい人は、車道の左端を堂々と通行する。

■例外として歩道を通行する自転車は、歩道の徐行義務を守り、歩行者の安全・安全な歩行を妨げない。

■それが、みんなにやさしい自転車利用環境。

・・・こんな筋書きでしょうか。

それに、ハードの整備、ソフト面の啓発とか、入ってくる。

あとは、まちなかだけでいいのですが、自転車が増えることによって、クルマが減る。それだって、どうしてもクルマ使う人にとっては、交通量が減って、「クルマにやさしい」ていえば、やさしい。

そうですね。

そういうことを着実に推進していってもらえるなら、賛成です。

この計画、やりましょう! となる。

ところが、ちょっとガッカリな面も、あります。

どうも、歩道の自転車通行指定部分を、しっかり色付けしていきましょう、という考えがメインのようなのです。

それは、旧来の考え方と同じ?。

まあ、諸事情あるので、現実的といえば現実的なのかも、しれませんが・・・。

けれども。

いまは、国の方針からして、以前とは変わってきてますよね。

たとえば、車道の左端に自転車の通行箇所であることを示す矢印を描くべし、とか。

海外で普通に行われているように、自転車の原則車道通行ルール(=法律)を、徹底しましょうよ、と。

仙台の自転車プランは、その決意が感じられないのが、不満です。

「歩道の自転車通行指定部分を色分けした」=「ネットワーク整備済み」これで、目標達成。

この考えが、「みんなにやさしい自転車利用環境づくり」から想起させるイメージに、かけ離れているのです。

念のため。

自転車を優遇してほしいと言っているのでは、ありません。

自転車が、安全に、車道を通行できるようにすることで、歩道を歩く歩行者の安全・安心を確保する。

これが、いま必要なメインテーマなんじゃないかなあ、と思う次第なのです。

ある程度、お金もかけて、本気で取り組んでほしいなあ、と願います。

自分たちも、何かできることをやっていきたいですね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

435 終バスって

前回の続きで。

バスの最終も、少し、しらべてみました。

自分で利用はしないので、臨場感なくてスミマセン。

仙台駅前発の、時刻表です。

たとえば、北山、子平町方面。

(9番のりば)

平日は、23:05が最終のようです。

まあ、遅くまであるほうですよね。

でも、土日は、21時台が最終。

22時台になると、土日はバスで帰れないのですね。

次。

桜ケ丘7丁目行き。

(13番のりば)

これも23:05が最終のようです。

土日は22時台が最終で、23時台のバスは、ありません。

次。

鶴ケ谷7丁目方面。

平日は、22:45が最終のようです。

でも、土日は、21時台が、最終。

旭ヶ丘駅からの便が、別にあるのかな?

  **

鶴ケ谷に住む友人が、嘆いていました。

夏場のナイター、土日に行くのしんどいよ、って。

たとえば8月の楽天の試合って、土曜日18時プレイボールの場合、

試合終了が21時をすぎると、あわてて帰らないとバスなくなるって・・・。

そうなんですよね。

もちろん、試合後の祝勝会だって、できないわけです。

これは、よろしくないですよね。

  **

これを書いてみて、あらためて実感するのは、

地下鉄沿線は、いいよねってことです。

地下鉄は、土日だからって、22時台以降は電車ない、なんてことは、ありませんからね~。

こういうことからも、

これから仙台に居を構える人には、「地下鉄沿線」を、おススメしたい。

そのように、思いますね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

434 終電って

飲みに行くと、気になるのが、電車の時間。

まあ、終電が気になるような酔い方なら、まだいいのですが・・・。

タクシーだと、3千円近くかかるので、注意が必要。

ちなみに富沢行きは、

【勾当台公園発】

 普通だと、23:56

 金曜だと、0:08

【広瀬通発】

 普通だと、23:57

 金曜だと、0:09

この「金曜ダイヤ」があるのって、助かりますよね~。

国分町から、広瀬通駅って、思ったより歩くので・・。

  **

ちょっと気になったので、調べてみました。

地下鉄東西線の終電って、何時なの?

八木山動物公園行きで、いうと・・・

それが、南北線よりも、遅いのです。

【青葉通一番町発】

 普通だと、0:01

 金曜だと、0:13

日付かわって、13分!

これは大きいですね~。

八木山の人、いいなあ。

  **

ところで、

これって、他の都市では、どうなんでしょう。

調べてみました。

札幌は、

すすきの発、0:12、0:14、

とあります。

名古屋市は、

栄でみると、ああ~

金曜日で1:01発ってのが、あります。

すごいですね。

京都市地下鉄は、

四条発、

金曜は0:27ってのが、ありますね。

福岡は、

天神発、

0:12、0:14、

そんなかんじです。

  **

こうしてみると、

仙台の、しかも南北線だけ、

0:10より前に電車なくなるのですね。

あと5分でいいので、延長してくれたらなあ。

な~んて、

いつまでも飲んでないで、そこそこで帰りなさいって話ですよね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

433 ダイヤ改正で

10月に、バスのダイヤ改正が、ありました。

仙台の街なかでいうと、主に宮城交通バスですね。

減便になった路線も、あるようです。

仙台駅前2番のりば発の、泉方面行き。

仙台駅前8番のりば発の、長町経由秋保方面行き。

これらは、まあ地下鉄南北線と、ほぼ並行している路線ですよね。

あと、八木山方面。

地下鉄東西線ができてからも、存続していましたが、やはり減便。

そうですか・・

  **

平成27年12月に地下鉄東西線が開業した、

ってことは、まもなく1年になります。

地下鉄が増えたことによって、地下鉄とバスの利用者が増えて、

その分、マイカーが減るってのが、理想。

そうなってますかね。

どうでしょう。

調べてみました。

仙台市交通局のサイトに、事業概要が、掲載されています。

そのなかの、月別の乗車人員数を、みてみると。

【バス】

■平成26年1~3月の平均

・347万人/月

→てことは、約12万人/日?

■平成27年1~3月の平均

・255万人/月

→てことは、約9万人/日?

つまり、

東西線開業前の平成26年にくらべて、

平成27年の1~3月は、1日あたり約3万人バスの乗車人員数が減ったことになるのかな。

この人たちが、地下鉄に乗り換えたって、ことなんでしょうね。

一方、地下鉄は、というと。

【地下鉄】

●平成26年1~3月の平均

・501万人/月

→てことは、約17万人/日?

●平成27年1~3月の平均

・638万人/月

→てことは、約21万人/日?

つまり、

東西線開業前の平成26年にくらべて、

平成27年の1~3月は、1日あたり約4~5万人、地下鉄の乗車人員数が増えたってこと?

  **

じゃあ、

1日あたり、バスが3万人減って、地下鉄が4~5万人増えたんだから・・・

いや、ちょっと待てよ。

これ、宮城交通バスが、入ってませんよね。

宮城交通バスが、地下鉄東西線の開業後に、どれだけ乗車人員が減ったのか。

そのデータは、見つけられませんでした。

今回の減便をみると、増えたとか、現状維持ってことは、ないのでしょうね・・。

いずれにしても、地下鉄とバスを合わせた乗車人員が、劇的に増えたのでは、なさそうです。

まあ、これは平成27年3月までの地下鉄東西線開業直後のデータなので、

東西線の利便性が浸透してくると、もう少し変わった数字になるのかも、しれません。

なんとなくですが、筆者が朝乗る地下鉄南北線は、最近、混んで、乗客が増えているような気もします。

今後の推移も、見ていきたいと思いますね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

425 100円でこれだけ行ける

仙台のまちなかには、100円パッ区があります。

バスの運賃が、100円均一。

これ、意外に、範囲が広い。

ていうか、こんなに乗って100円なの?

ということを実感した、話です。

とある用事をすませ、「高等裁判所前」から、勤務先の地下鉄「広瀬通駅」に戻るとき。

Img_0004

地名でいうと、片平一丁目です。

八木山方面へのバスのルート。

地下鉄東西線が開業しましたが、けっこうバスは、本数あります。

Img_0002

土曜日でしたが、市バスは、1時間に3本か4本。

これに加え、宮城交通バスも、けっこうあります。

Img_0003

バス停には、100円パッ区の区域であることを示す、掲示がありました。

でも、これじゃあ、バスが、どこをどう走っているのか、わかりませんよね。

Img_0005

バス停は、ちゃんと屋根がついていました。

どうせ時間通りにはこないだろうと、のんびり待っていました。

Img_0007

すると、2、3分遅れで、バスがやってきました。

まあ、こんなもんでしょう。

  **

ところで、どういうルートで、広瀬通まで行くのか?

もちろん仙台駅前を、経由します。

それじゃ、遠回りでしょ?

いや、それが、そうでもないのです。

というのは、このバスは、仙台駅前で、バスプールには入りません。

60番のりば。

愛宕上杉通にある、電気量販店の前に、仙台駅前の乗り場が、あるのです。

Img_0015

てことで、案外はやく、広瀬通駅に、到着。

これで、運賃は100円なのです。

Img_0010

このバス、行先は「交通局・東北大学病院前」。

この先、メディアテーク前とか、市民会館前まで乗っても、同じく、100円です。

安いですよね。

知ってると、ちょっと、便利。

知らないと、ちょっと、損かも。

そんな話でした。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

より以前の記事一覧