カテゴリー「とらんぱ仙台」の記事

2017年11月26日 (日)

486 朝の地下鉄が増便へ

仙台市地下鉄が、ダイヤ改正だそうです。

12月3日から、ですって。

車内で、アナウンスしてました。

朝、8時台に、1本増発。

そして、7:45~8:00の間に、多く走らせるように、調節。

ですって。

Img_0006

ね?

このブログでも言ってましたよね?

朝、地下鉄が混んで、しょっちゅう遅れるので・・・

「7時30分から8時の間に、1本ふやすだけで、かなり違う気がするのですが」

って、書いてたんですよ。→こちら

伝わりましたかね~(笑

Img_0003

いいことです。

でも、仙台の公共交通が、貧弱すぎるの状況は、変わってないと思います。

ホームから改札への階段なんて、狭すぎる。

地上への出入り口も、少なくて、不便。

もっと人が乗るようになれば、改善するのかなあ。

もっと乗って、乗って・・・

4両じゃあ、足りないよ!

くらいにならないと・・・

今後に期待したいと、思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

485 市バスも値上げ・・・そうなるかあ

10月に、新聞で、気になる記事が、二つ。

その1.

100円パッ区と、学都仙台フリーパスを、値上げへ。

来年度中の実施を、目指すとのこと。

その2.

仙台市バス、前46路線が赤字。

異例ながら「営業係数」を公開し、100円の収入を得るために要する費用を、明らかにしています。

すると、前線で、100円を上回っている。

要は、赤字。

う~む。

つまりは、乗る人が少ないので、仕方ないんですよ、というメッセージ?なのでしょう。

残念。

値上げすると、また利用する人は、少なくなるのでしょう。

悪循環。

ほんと、残念。

  **

利用が少ない、採算がとれない、事業として成り立たない、それでやむを得ず、値上げ。

わかります。

わかりますよ。

でもね、それで、いいんですか?

本当に、このまま、そういう考え方で、いいんですか?

そう、せつに思います。

このまま、「値上げ→利用者の減少→値上げ・・・」を繰り返すと、その先にあるものは?

バス事業の破綻。

路線バスが、なくなる日が、いつか来るのだと思います。

そう遠くない、将来にです。

いいんですか、それで・・。

  **

いやなにも、大げさな話をしているわけでは、ありません。

仙台は、なんだかんだ、100万都市。

まだ、恵まれているほうだと思います。

20万とか、50万とか、それくらいの規模の都市は、たいへん。

実際に、バス事業が破たんし都市、というのはニュースで見る限り、存在していますよね。

そう、いまや、放っておくと、バスは、なくなるのです。

マジで。

  **

どうすればよいか、考える必要が、あります。

今、マイカーで不自由していない、あなたも、です。

いつか運転できなくなる日が、来ます。

そのとき、どうしますか?

いや、なにも、路線バスでなくても、いいですよ。

マイカーではない、公共の移動手段。

それを支える、システム。

具体的には、税金の、使い途。

我々が、どのような街づくりの方向を、選択するのか。

マイカーで便利、今で充分。

それで、ホントに、いいんですか?

よ~く考えて、選択してく必要があるのだと、思います。

事業者も、行政も、そして市民・利用者も。

ここで手を打たないと、どんどんヒドイ状態になってしまいそう。

心配で、なりません。

何か、しなくては、いけないのではないでしょうか。

いかがでしょう・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

475 受賞おめでとうございます

Img_0008

国際センター駅に、「青葉の風テラス」という場所が、あります。

国際センター駅、って?

地下鉄東西線ですよ。

仙台から、3駅め。

運賃は大人200円で、5分くらいで着きます。

便利になりましたね。

Img_0004

国際センター駅の改札から、2階へあがる。

すると、「青葉の風テラス」です。

Img_0005

屋内にはカフェがあり、展示やミニコンサート、ワークショップなどに利用できるそう。

屋外には、その名のとおりテラスがあります。

Img_0001

新しくて、キレイで。

いいですよね。

Img_0006

さて今回は、

「JCOMMデザイン賞」受賞の伝達セレモニーに、お招きいただき、行ってきました。

JCOMMとは、「日本モビリティ・マネジメント会議」のこと。

7月に、福岡であった、第12回日本モビリティ・マネジメント会議において、「仙台市地下鉄東西線各駅周辺散策マップ」が、デザイン賞に選ばれたのです。

Img_0036

「仙台市地下鉄東西線各駅周辺散策マップ」は、単体ではなく、いくつかの地域に、わかれています。

そして、それぞれの地域で、協議会とか、市民団体が主体となるなどして、制作された、とのこと。

Img_0035

だから、福岡での授賞には、仙台市の交通の担当者が行ったわけではなく。

それぞれの地域の取りまとめにあたった方が、代表で賞を受領されたそうです。

Img_0011

それで今回、各地域に、その賞状が伝達される場が設けられた。

と、説明がありました。

Img_0014

いい取り組みだと思います。

JCOMMは、けっこう大規模な会議体ですよね。

その賞とは、意義深いものがあります。

Img_0029

筆者も、お祝いを述べさせていただくとともに、

交通研の活動紹介を、させていただきました。

Img_0037

1時間ほどで、会は、終了。

なごやかに、お開きとなりました。

みなさん、受賞おめでとうございます!

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

466 こんな制度もあったのね

仙台のおトク?な運賃制度、定期編です。

■「学都仙台 市バス・地下鉄フリーパス」

種類は7つあって。

(金額は一か月)

○市バスのみ使える「市バスフリーパス」

5,140円

○地下鉄のみ使える「地下鉄フリーパス」

・南北線のみ 6,950円

・東西線のみ 6,950円

・南北線+東西線  8,340円

○「市バス・地下鉄フリーパス 」

・市バス+地下鉄南北線 10,280円

・市バス+地下鉄東西線 10,280円

・市バス+南北線+東西線 11,460円

ですって。

上記の金額は1か月定期の金額ですが、

3か月、6か月の定期もあります。

○注意

・大学だけでなく、小・中・高校、幼稚園、保育所等の通学も、対象。

・宮城交通バスは、対象外。

・利用開始日の14日前から購入できる。

・新規購入と、新年度の購入には、「通学証明書」が必要。

・地下鉄の継続更新の場合は、地下鉄駅の券売機で購入できる。

 

宮交に使えないって、のがネックですよね。

いい制度だと思うだけに、そこを、なんとかしてもらいたいです。

 

■「サン・キュ・パッ区」

知ってますか、コレ。

100円パッ区のエリアの定期券で、1か月3,980円。

無記名・持参人式、とありますので、共同で利用可能。

これは、都心100円パッ区の区域内で市バス、宮城交通バスの、両方に使えます。

ただし、バスだけ。地下鉄には、利用できません。

 

100円パッ区の区間を、職場やグループとかで、月に40回以上乗る場合はトクですよね。

 

■「環境定期券制度」(休日カルガモ家族)

これも、あまりメジャーではない制度かも。

市バス・宮城交通バスの定期券を持ってる人の場合、

休日などにバスに乗るとき、いっしょに乗る家族が大人100円・小児50円で利用できるのだそうです。

・利用可能日:土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

・対象:市バス・宮城交通バスの定期券を持っている人と同居する家族(5人まで)

・その定期の区間内の利用に限る。

 

う~む、これも、使ったことある人、どのくらいいますかね。

定期の区間だけ、っていうのが苦しいかも・・・。

実は、おトクでいい制度なのかもしれませんが。

でも、バスだけなんですよね。なんで、地下鉄は、ダメなの?

  **

こういうの、上手に使えば、おトクなのでしょうが・・・

だからって、使う機会があるかというと・・・、う~む。

ま、使うような時がくるもんだと思って、頭においておきましょう。

  **

一方、以前はあったけど、今は見かけなくなった制度も、あるみたいです。

・「区域内フリーパス」

これ、市バス1日乗車券の、定期版のようなスタイルだったのですが、今は、なくなったようですね。

・「買い物定期券」(ひまわりパス)

これも、あったことじたい知られていなかったかもしれませんが、

9時30分から、16時までの間だけ、利用できるバス定期券で、約半額とかだったと思います。今はもう、なくなってしまったようです。

  **

筆者の希望は・・・

やっぱり、フリーパス形式が、ありがたいですよね。

学都仙台フリーパスみたいなかんじで、社会人フリーパスがあってほしい。

それあると、便利ですよね。

けっこう、使う人、多いと思います。

やっぱり相手はクルマなので、それなりにおトク感がないと、ますます公共交通離れが、進んでしまうような気がします。

運賃は、やっぱり大きいですよ。

おトク感のある運賃制度、急募だと思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

465 忘れてたよ1日乗車券

前回、地下鉄でユアスタに行った事を、書きました。

富沢から、泉中央。

記事には「仙台から300円」

なんて書いたわけですが・・・。

実際は、富沢の自宅が起点なわけです。

まちなかで用事すませてから、行ったので。

で、あとから、気づきました。

「1日乗車券」

!!

その手が、ありましたね。

すっかり、存在を、忘れてました。

  **

◆仙台市営地下鉄「1日乗車券」

平日は、大人:840円(小児:420円)。

土・日・休日用は、大人:620円(小児:310円)。

  **

つまり、日曜に行ったのだから、

富沢→泉中央の運賃:大人360円

往復で、720円ですので・・・

これだけで、100円トクしたはずなのに。

ああ、もったいない!

あるまじき、失態。

  **

最近、イクスカ使うので・・・、

すると切符を券売機で買わないので。

運賃に対する意識が、低下してるんですかね。

ていうか、

イクスカで利用するぶんには、

1日乗車券の金額以上は、1日の利用運賃から自動的に差し引いてくれればいいと思うのですが。

システム的には、そんなに難しい話じゃないんじゃないかな。

できないもんですかね。

せっかく制度があるのに、

利用者側で、よっぽど気を付けてないと、損してしまう。

てことで、

自戒の意味もこめ、整理してみました。

  **

【仙台の1日乗車券】

1.地下鉄1日乗車券

・平日:大人:840円(小児:420円)。

・土・日・休日:大人:620円(小児:310円)。

 

2.市バス1日乗車券

・市内区域券(仙台駅から260円区間で使える)

 :大人640円(小児320円)

・近郊区域券(仙台駅から350円区間で使える)

 :大人980円(小児490円)

(るーぷる仙台は、利用できない。)

(コボスタ宮城シャトルバスも、利用できない。)

 

あと意外に盲点かと思いますが、コレ宮城交通バスには利用できない。

それと、以前は、連続3日券てのがあったと思いましたが、

廃止されたようですね。

 

3.バス・地下鉄共通1日乗車券

これが仙台には無いんですよね・・・

なんで~?

 

4.るーぷる仙台・地下鉄共通1日乗車券

・大人900円(小児450円)

るーぷる仙台と地下鉄(南北線・東西線)が一日乗り放題。

 

るーぷる仙台だけの1日乗車券は大人620円(小児310円)ですので、

地下鉄とあわせて900円だと、どういう使い方が想定できるのか。

これの使い勝手も、いちど試してみたいですね。

  **

このほか、定期券関係でも、おトク?かもしれないものが、あるみたいです。

あと、以前はあったひまわりパスとかは、無くなったのかな。

次の機会に、調べてみたいと思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

460 ICカード運賃まとめ

JRの、ICカード運賃について。

この話、まだ続きます。

きっぷとICカードの差額を、損しないように。

この際、まとめてみました。

ていうか、筆者の乗る区間に限ってですが・・

 **

■太子堂から

(筆者の住む富沢のJRの最寄りの駅です。)

【仙台へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 190円

・ICカード 185円

【宮城野原へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 200円

・ICカード 195円

【利府へ】

きっぷのほうが安い。

・きっぷ 320円

・ICカード 324円

【仙台空港へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 600円

・ICカード 596円

 **

■あおば通から

【宮城野原へ】

きっぷのほうが安い。

・きっぷ 140円

・ICカード 144円

 **

■仙台から

【利府へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 240円

・ICカード 237円

  **

■岩切から

【仙台へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 200円

・ICカード 195円

【長町へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 240円

・ICカード 237円

【太子堂へ】

ICカードのほうが安い。

・きっぷ 240円

・ICカード 237円

  **

以上です。

なんで、宮城野原なの。

利府なの、岩切なの。

なんで、岩切は、帰りしかないの?

それは、過去記事を、ご覧ください。

(要は、野球場と、陸上競技場。)

  **

結論。

ほとんど、ICカードのほうが安いのだけれど、

・140円

・320円

これらのときは、きっぷのほうが、トク。

つまり、

・あおば通→宮城野原:140円。

・太子堂→利府:320円。

これらのときは、きっぷで。

ってことで。

そうしましょう、そうしましょう。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

459 回数券があったとは

JRの運賃の、話です。

きっぷと、ICカードの差額について、理解が進んできました。

問題なのは、あおば通~宮城野原。

Img_0005

きっぷだと、140円。

ICカードだと、144円。

でも、きっぷ買うの、いちいち面倒・・・。

(って、つい最近までは普通に切符買って、何も不自由は感じなかったハズなのですが)

Img_0006

なんでソレが問題なのか、というと。

筆者は、野球観戦で、けっこう乗るのです。

楽天イーグルスの試合を、年間20試合くらい、見に行くので・・・。

そんな話をしていたら、教えてくれた人が、いました。

「回数券を使うと、イイですよ。」

か、回数券?

あるんですか、まだ。

「ただし、あおば通駅では、売ってないみたいなんですよ。」

ええ?

じゃあ、宮城野原駅で、買わなきゃいけないの?

「宮城野原駅だと、券売機で回数券ってボタンがあるので。」

へえ~、そおなんですか。

初めて知りました!

Img_0001_1

で。

買ってみました。

1400円で、きっぷ11枚です。

つまり、1回分、オマケ。

一応、シバリが、あります。

まず、この区間限定でしか、使えない。

あと、期限が、あります。

3か月以内に、使いきらなければ、なりません。

これ、使いきれるかなあ・・・。

  **

まあ、あんまり難しく計算するのも面倒なので、

たぶん大丈夫ってことで、いいのだと思うのですが。

今年は、イーグルス、強いので。

(この記事を書いている時点で、パリーグ首位。貯金15もあります!)

筆者の観戦成績は、5勝1敗です。

6回みにいって、1回しか、負けてない。

こんな年も、珍しいんじゃないかなあ。

がんばって、応援に通いたいと思います。

しかし・・・。

回数券があるとは、知らんかった・・・。

Img_0012

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

450 ベビーカーマークあったよ

ベビーカーマーク。

これは、知りませんでした。

仙台にも、普通にあるのですね。

Img_0002

以前も、ベビーカーに関する表示は、いろいろあったそうです。

ここは、ベビーカーOKです、とか。

逆に、ダメですよ、とか。

それを、国土交通省の協議会で、統一的なマークが決められました。

ここは、ベビーカー大丈夫ですよ、ってことを示しています。

(それに赤い斜線を入れた「ダメですよ」のマークもあるそうです。)

  **

仙台市地下鉄の場合。

富沢駅で、さっそく発見しました。

Img_0006

車イスのスペースのある扉のところに、貼ってあります。

そこから車両に乗り込むと、ありました。

Img_0004

シートのない一角に、手すりが渡してある。

へえ~。

Img_0001

今まで、意識したことは、ありませんでした。

ベビーカーをたたまずに、他の人の乗り降りを邪魔する心配も、不要です。

Img_0005

ここの位置は、エレベーターの目の前。

エレベーターを降りると、おのずと、そこに乗ることになります。

Img_0007

ちゃんと、考えて作られているのですね。

  **

あと、マークとともに、呼びかけが、ありました。

それは、周りに人に対して。

ベビーカーの利用に対し、温かい気持ちで見守りましょう。

お子さん連れのお出かけに、安心・安全を。

それは、設備の面だけでなく、一人ひとりの配慮によっても、もたらされるのですよね。

心がけていきたいな、と思いました。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

445 JR仙台駅から地下鉄へ

地下鉄東西線ができて、便利になったこと。

JR仙台駅と、地下鉄との行き来が、しやすくなったと思います。

先日、東京出張の帰り、仙台は雨でした。

傘、もってない。

JR仙台駅から、勤務先の広瀬通まで、ふつうは歩きます。

けど、雨が強くて、歩きは、ちょっとムリ。

一駅だけど、地下鉄のりますか・・・。

前は、エスパルの地下からメトロポリタンのほうを回るか、

ロフトの地下をず~って行って、定期券売場のところで出てから、左右、どちらかの地下鉄改札に回ってました。

今は、「東改札」があります。

もう、ルートを、覚えましたよ。

新幹線を降りたら、南口改札のほうのエスカレーターで、2階へ降りて。

スグ左手のエスカレーターで、1階へ降りて。

(郵便局とか、あるあたり。)

そこで外に出て、スグにあるエスカレーターで、地下へ降りて。

地下に降りたら、左手に歩く。

すると、仙台市地下鉄の改札に至る、下りエスカレーターが、あります。

この東改札は、東西線ができてから、できました。

間違って東西線のホームに降りてしまうと、南北線の広瀬通には、遠回りになってしまいますが、ここだけ注意ですね。

南北線、南北線、と、案内表示をたどっていけば、大丈夫です。

広瀬通駅から、勤務先は、スグなので・・

このときは、地下鉄利用で、正解でした。

いや、こういうのも、知っていると知らないとは、大きな違いですよね。

上手に利用していきたいと、思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

444 地下鉄が朝よく遅れる

筆者は、仙台市地下鉄で、通勤しています。

南北線の、富沢駅から。

特に何分のに乗るとかは、決めていません。

一駅手前の仙台駅で降りて、歩いて勤務先へ行くので、時間は余裕です。

だから少々、ダイヤが遅れても影響はないのですが・・・。

朝、しょっちゅう、遅れてる気がします。

原因は、「お客様の混雑により」とか。

要するに、駅に停まるたび、乗り降りに時間がかかっているのです。

降りる人の列が途切れる前に、もう発車のベルが鳴ったり。

あと、なかなかドアを閉められなくて、「お体、お荷物、お引き下さい」ってアナウンス。

何度もドアを閉めかけ、一度開いてまた閉めて、ってやってる。

「ご乗車になりましたら、ご順に中の方へお進みください」

「出口の前を広く開けて、お待ちください」

とか、運転手さんは、一生懸命。

乗客も、別に、遅らせようとしているわけでは、ないですよね。

常識的に、詰めますし、出入口付近に立っている人は、いったん降りてまた乗って、ってことを、やってますよね。

特に、雨の日、雪の日に、混雑で、遅れることが多い気がします。

う~ん。

キャパが、少ないんじゃないのかなあ。

1.ホームが狭い。

・・・スペースがなくて、なかなか、人がさばけない気がします。

2.ホームから改札に上がる階段が狭いし、少ない。

・・・階段、またはエスカレーターの前で、人が滞り、電車を降りるスピードにも影響していると思います。

3.駅員さんが、誘導とか、しない。

・・・個人の動きにまかせていたのでは、限界があると思います。

4.車両が少ない。

・・・いま4両でしょう? 5両とか6両にすれば?

5.本数が少ない。

・・・7時30分から8時の間に、1本ふやすだけで、かなり違う気がするのですが・・。

そう、雨とか雪の日だけでも、増発するというのでもいいんじゃないですか。

朝なんて、5分より短い間隔でくるのに、時刻表なんていらないんじゃないの?

とかなんとか・・・。

  **

いや、文句言ってるわけでは、ないんですよ。

公共交通で、どれだけ人を運ぶプランニングになっているんですか?

っていうことです。

あと、せっかく公共交通を利用しようっていうお客さんを、逃がしていいんですか?

っていうことでも、あります。

ふだん自転車やバイクの人が、悪天候で、地下鉄にしようと。

そのとき、

「いや~こんな混んでて時間通りにも走らないんだったら、こんどから地下鉄はヤメとこう」

と思うのか。

それとも、

「こんなに快適なら、次からも地下鉄にしよう」

と思うのか、ってことですよね。

ある程度、雨や雪のときに乗る数を想定して、そこに合わせた供給をしないと、ますます公共交通の利用が減っていくんじゃないかな、と心配。

明日も、朝、雪のようです。

時間通りに、地下鉄、走るかなあ?

いや、筆者は、とくにギリギリでうごいてないので、少々遅れてもいいのですが・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

より以前の記事一覧