カテゴリー「お出かけ記」の記事

2018年7月16日 (月)

518 地下鉄で卸町

資格試験シリーズ、です。

2年前も、行きました、卸町。

あの年は、無事に、一発合格。

よかったです。

そして、1年の沈黙を経て。

同じ資格の、別のジャンルを、受けることに、なりました。

資格をとって、ハクをつけないと。

あと、中途採用のハンデ?を、克服しないと。

ま、いろいろ動機は、あるのですが。

とある祝日、行ってきました。

Img_0002

朝。

自宅から、仙台市地下鉄の、富沢駅へ。

歩いて10分も、かかりません。

Img_0003

卸町までは、330円。

けっこう、しますよね。

Img_0004

でも最近はイクスカなので、切符を買うことは、しません。

(東京出張のとき、東京メトロの改札機にうっかりイクスカ入れてピーピーピー、って、仙台人あるあるじゃ、ないでしょうか?)

Img_0006

仙台駅でおりて、乗り換え。

地下鉄南北線のりばから、いったん上がる。

改札の階までは、上がらずに、東西線のホームへ。

Img_0007

東西線には、滅多に乗ることが、ありません。

でももう、だいぶん、慣れましたね。

Img_0012

ほどなく、荒井行きが、やってきました。

ちょっと車両、小さいんですよね。

Img_0013

乗車時間、10分弱。

もう、卸町に、着いてしまいます。

地下から、地上に上がるのに、けっこう時間が、かかります。

Img_0015

そこから、少し歩いて・・・

暑かったので、たいへんでした。

Img_0016

無事に、到着。

さて、どのくらいの出来になったでしょうか。

今年、忙しいからなあ・・・

受かったとしても、ギリギリでしょう。

6割とれば、いいそうなので・・

なんとか、ひっかからないかなあ。

Img_0018

てなことで、ふだん使わないアタマを使い、

ヘロヘロになって、1日がかりの試験は、終了しました。

ちなみに、仙台駅から、卸町駅の運賃は、250円でした。

地下鉄は、けっこう本数があるので、時刻表みる必要がない。

これが、便利ですね。

さて。

うまいこと、合格できるかな・・・

してたら、いいなあ・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

510 図書館へ歩いて

今年は、季節の進みが、はやいのかな~って感じています。

街なかでは、新緑の芽吹きがすっかり終わって。

もう初夏のような、濃い緑が元気に茂っています。

Pap_0069

筆者は、このところ、連続して本を借りています。

図書館の、返却日。

とある日曜日、太白図書館へ、行ってきました。

運動を兼ねて、歩きで。

Pap_0067

およそ地下鉄2駅分、だいたい20分から30分くらいで、つきます。

気軽なカロリー消費には、ちょうどいい距離かも、しれません。

先日の健康診断では、目標体重を、2kg下回りました。

こうなると、維持したいですよね。

Pap_0066

太白図書館は、地下鉄の長町駅に、あります。

JRの長町駅の前でも、あります。

便利なところに、ありますよね。

Pap_0064

まあ、徒歩だと、関係ないのですが。

気持ちはのんびり、動きはきびきび(のツモリ)で。

歩いて、到着です。

Pap_0062_2

返して、また、別のを借りて。

2週間、借りられます。

主に寝る前に、読んだりしています。

要するに、眠り薬のようなもの?

いや、そんなことは、ないですよ。

夢中になって、睡眠時間が少なくならないように、気を付けないと。

また、2週間後に、来ようと思います~。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

506 連覇おめでとう!

Img_0030

羽生結弦選手のパレードに、行ってきました。

4年前に続いて、2度目です。

Img_0027

前回は、9万人の人出と、発表されていたと思います。

今回の予想は12万人、終わって聞いたら、10万8千人だったとか。

Img_0002

しかし、感覚的には、もっと大勢の人が、集まったように思えます。

ヤマカンですが、ざっと、15万人くらいの規模に、感じました。

Img_0007

12時の気温、29度!(4月ですよ!)

ちょっと厳しい待ち時間が終わり、パレードが、近づいてきました。

Img_0009

きたきたきたきた!

トラックの上! 紺のブレザー! カッコいい!

Img_0011

こっち向いた~

いい笑顔!

Img_0012

おめでとう~

おめでとう~

Img_0013

あんがい進み、速いな。

もっとゆっくり動いてくれ~

Img_0015

いや~、でも、感激だ!

熱狂!

Img_0017

ああ、行ってしまう~

おめでとうー

おめでとうー

Img_0024

そして、パレードは、遠ざかって行きました。

満足です。

  **

この偉大なスケーターが、仙台出身。

嬉しいじゃあないですか。

このブログでも、家族でスケートリンクに行った記事を、何度か書いてきました。

そのリンクで、育った選手。

こんなウレシイことは、ありません。

本当におめでとう!

Img_0028

気づけば、新緑が、とても鮮やか。

4月で、この芽吹きは、とても早いかも。

今日、この日にふさわしいしつらえとなりましたね。

本当に、おめでとう!

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

505 今年も野球観戦

2018年の、プロ野球シーズン。

対戦カードが、あと1試合で、ひとまわりです。

我が楽天イーグルスは、ここまで14試合やって、わずか、3勝。

1つの引き分け、そして、10敗。

なにやってんですかね・・。

筆者も、2試合観戦して、2敗です。

このあたりで、勝ち試合が、みたいです。

てことで、日曜日のデーゲームに、行ってきました。

Img_0001

午前中は、会社で少し、仕事(エライですね)。

あおば通駅から、JR仙石線で、球場へ向かいました。

Img_0002

お昼は、1時間に、4本といったところ。

およそ15分間隔くらいで、発車してるようです。

Img_0004

地下ホームです。

始発なので、運よく、座れました。

Img_0005_2

あおば通

仙台

榴ケ岡

宮城野原

と、4駅めです。

運賃は、140円。

Img_0007

電車に乗ってる時間は、10分もないのではないでしょうか。

けっこうスグに、着いてしまいます。

Img_0010

宮城野原駅から、球場までも、歩いて10分かからないくらい。

到着です。

グランドの天然芝が、鮮やかですね。

Img_0014

この日は、イーグルスが、初回に8点を先制!

あとはスンナリいってくれればよかったのですが、ズルズル感の場面もあり。

結局、12-6で、ゲームセット。

Img_0015

池田投手、プロ初勝利です。

おめでとう!

  **

昨年は、出張が多く、なんやかんや15試合くらいしか、行けませんでした。

今年は、20試合くらい、見に行きたいと思っています。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

502 春はジャガイモ植え付けから

冬は、雪が多かったのですが。

仙台は、3月に入って、急激に暖かくなってきました。

まだ早いけど、まあ、いいか。

ジャガイモの植え付けに、行ってきました。

毎年のルーティンに、なってますね。

この記事も、去年のコピペですか?てな風情。

まあ、いいか。

Img_0003

メンバーも、同じ。

毎度の、ダンシャクと、キタアカリです。

Img_0006

教科書だと、ジャガイモを半分に切って、切り口を、かわかす。

でも、そんなこと、したことありません。

その場で切って、その場で植え付けるだけ。

半分すら、切らないで植えるのもあります。

それでも、そこそこ収穫できるのです。

Img_0008

肥料も、やらない。

水も、やらない。

自然まかせ、です。

あと、筆者の区画は草とかで覆われているので、土中には、ミミズとか、いっぱい。

それで、それなりに栄養が、あるんだと思いますよ。

Img_0009

作業終了。

梅雨明けの頃、収穫できます。

Img_0002

貸し農園までは、自転車で、15分か20分くらい。

太白大橋をわたって、通います。

昨シーズンは、ジャガイモ、じつはイマイチの出来でした。

今年は、どうかな。

Img_0001_1

↑写真は、おととし、2016年の収穫から、一コマです。

美味しいんだ、これが。

今から収穫が、楽しみです。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

489 ハクサイ収穫

今年は、結球してくれました。

ウレシイ。

Img_0002

ハクサイは、ここ何年か、上手く収穫できていませんでした。

でも、今年は、好調。

かなり、サイズは小さいです。

肥料をやっていないので・・・。

けれども、10株くらい、とれるんじゃないですかね。

鍋ざんまい、かな~。

Img_0004

タネをまく時期が、難しいのです。

8月に入って、お盆よりも前に。

あまり早すぎると、秋にチョウの幼虫に、たくさん食べられてしまいます。

はやく育ちすぎると、病気にもなりやすいみたい。

でも、遅すぎると、寒くなるまでに大きくならず、結球しない。

Img1_0002

今年は、なんでしょう、うまく行きましたね。

よかったです。

毎週一株ずつ持って帰れば、1月いっぱい楽しめそうです。

Img_0001

そうそう、ダイコンも、今年は順調でした。

とても、美味しいのです。

反省としては、ネギですね。

ネギを冬の鍋の時期にとれるように、ちゃんとタネ播くのを、忘れてた。

ハクサイにネギがあれば、文句なかったのですが・・・

Img_0010

てなことで、冬でも、毎週、畑です。

自転車で、太白大橋わたって。

Img_0009

冬の名取川の景色も、いいものですよ。

寒いですが・・・。

夜は、鍋で、あったまるとしましょう。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

483 函館市縄文文化交流センターに行くには

スミマセン、今回も趣味の世界。

「垣ノ島遺跡」って、わかりますか。

縄文時代の遺跡の中でも、重要な遺跡です。

何が重要か、というと。

ここは、長期間にわたって定住していたことが、顕著に示されている拠点集落なのです。

長期間とは、どのくらいか、というと。

約1万1千年前の縄文早期から、約3千年前までの、約6千年間、だそうです。

6千年って!

我々の文明の始まりを、そうですね、例えば江戸時代としましょう。

それから、たかだか500年くらいでしょう。

う~む、先人は、偉大でした。

Img_0020_1

「函館市縄文文化交流センター」は、この垣ノ島遺跡に、隣接しています。

垣ノ島遺跡じたいには、立ち入ることができません。

Img_0031_1

そして、「函館市縄文文化交流センター」は、「道の駅 縄文ロマン 南かやべ」と、位置は同じです。

国道278号。

函館からは、太平洋側に出て、そうですねえ、クルマで1時間というところでしょう。

函館市ではありますが、「南茅部」とか、「白尻」とかの地名で言ったほうが、分かる人が多いかもしれません。

Img_0019_1

電車は、ありません。

バスもありますが、周遊旅行には、現実的ではない。

それで・・、スミマセン。

レンタカーを借りて、やってきました。

Img_0032_1

こじんまりした、博物館です。

けっこう新しいみたい。

入館料は、300円でした。

Img_0021_1

なかなか、立派な、つくりです。

土器も、たくさん展示してありました。

Img_0024_1

土器だけでは、ありません。

漆、アスファルト、翡翠・・・。

なんと豊かな、なんと広域的な。

Img_0027_1

6千年もの間、同じ様式での定住を成し遂げた文明って、世界的にも画期的なのでは、ないでしょうか。

土器の文様、足型の土版などは、高度な精神性を示しています。

いや、我々を上回る豊かな精神世界に、暮らしていたことが想像できます。

そして、100mを超える大規模な盛土遺構など、明らかに土木技術にも、長けていた。

Img_0022_1

彼らの暮らした土地を受け継ぐことの、誇り。

そして、大切にしていかねば、なりません。

厳粛な気持ちに、させられました。

  **

Img_0030_1

そして。

ここには、すごいものが、展示されています。

高さ40cmを超える「中空土偶」。

この近くで、1975年に出土しました。

そこは著保内野遺跡遺跡と呼ばれていますが、見に行っても、どこだかわからないような場所だそうです。

国宝

こんな間近で、ご対面できるとは。

そして、写真まで撮ることが、できるとは。

Img_0029_1

その大きさ、文様、造形。

すべてが、神秘です。

何の目的に、使われたのか。

信仰とか、呪術とか、単にそういうことだけではないのでは、ないかなあ。

実用?

何かに必要だったために、作られたのでは、ないかなあ。

そんな印象を、受けました。

Img_0034_1

  **

「函館市縄文文化交流センター」を離れ、北上。

次は、近くにある、「大船遺跡」を、訪れました。

Img_0036_1

ここは、縄文前期から中期にかけての遺構。

100棟を超える建物跡が確認された、大規模な集落遺跡です。

Img_0039_1

食料資源に恵まれ、クリなどのほか、海でクジラやオットセイを採っていたようです。

そして、東北などの遠方との交易も、行われていました。

Img_0041_1

いつか、このあたりの遺跡は見たいと思っていたので・・

今回、実現して、よかったです。

Img_0056_1

帰りは、大沼方面をぐるっと回って。

新函館北斗駅に、戻ってきました。

Img_0064

いい旅行ができて、満足です。

いつか、もう少し北側にある、ストーンサークルにも、訪れてみたいですね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

479 三内丸山遺跡に行くには(2)

Img_0074

縄文。

筆者は、強く、心ひかれます。

古代文明オタク、という属性を差し引いても・・。

おなじ生活様式 ー文明といっていいかもしれませんー が、「1万年」継続した、比類なき事例です。

それって、すごいことだと、思います。

Img_0023

秘訣は、自然との共存。

これにつきるのでしょう。

Img_0027

紀元前、1万3000年頃(という今のところの説)。

日本列島に新石器時代、すなわち縄文時代が到来しました。

以降、およそ起源300年とされる時期に至るまで。

我々の先祖は、輝かしい偉業を、成し遂げていたようです。

Img_0031

山、海の恵みを最大限、享受する。

そして決して、それらを枯渇させることは、しない。

Img_0033

彼らは、決して狩猟採集のみに頼る「その暮らし」であったわけでは、ありません。

栽培を、した。

Img_0034

今でいう、資源管理のようなことを、フツーにやっていた。

それで、環境に変化にも適応し、長期間にわたり、生活様式を維持した。

Img_0036

貧富の差もなく、精神的に統一された、コミュニティ。

自由、そして幸福の感覚に、満たされていたことでしょう。

Img_0037

一方で、卓越した、土木技術。

建築の、技術。

Img_0041

自然に対峙する自らの集団を、その採り得る選択肢の中から、最適な行動に向かわせるモチベーションを、完全に、コントロールできていたのだと、思います。

そう、秩序。

Img_0045

生存・存続への、一糸乱れぬともいうべき、最適化の実現。

そして、高度な、精神性。

Img_0047

その背景にあるのは、こういうことだと、今回、思いました。

自然、そして森羅万象というものへ、理解。

特に、死生観、ですよね。

Img_0050

死んだらどうなるか、生まれてくるとはどういうことか。

彼らは、完璧に、理解していたのでは、ないでしょうか。

埋葬の方式、そして、死者に対する接し方(なくなった子供の足型を室内に吊るしておく・・・要するに死んでも共に暮らしているのですよね)から、それを感じました。

Img_0053

ここに一つの、人類の到達点が、示されていると思います。

我々の文化よりも、彼らは、明らかに優れていたのだと、感じます。

Img_0057

土器の展示は、圧巻でした。

これらは、いったい、何なのでしょう。

Img_0061

食器や、煮炊きの道具の範疇を、逸しているのは、明らか。

何かの、表現。

それは、我々の理解が及ぶものでは、ありません。

Img_0071

つまり、彼らにとって、普通だったことが、

我々にとっては、想像の範囲外にあるのです。

だから、謎。

Img_0060

自然界と、どのように対峙していけば、長く存続できるのか。

我々は、彼らに、学ばなければいけないと、思いました。

Img_0065

スミマセン・・・

交通とか離れて、熱く語ってしまったようです。

(好きなんですよ、こういうの・・)

Img_0075

遺跡をたっぷり見学したあとは、「ねぶたん号」で、青森市内へ。

そうそう!

三内丸山遺跡って、入場無料なんですよ。

なんで?

Img_0073

入場料、とっていいと思いますよ。

世界遺産だし・・

Img_0080

ともかく、趣味の世界を、たっぷり堪能させていただきました。

バスを降りたのは、「フェリーターミナル前」。

Img_0081

ここから、船で、函館に渡るのです!

いや~、一人旅って、いいですね~。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

478 三内丸山遺跡に行くには

Img_0046

夏休み。

三内丸山遺跡に、初めて行きました。

未だ行っていないのは、耐え難かったのです。

古代文明ファンとしては。

今回、やっと念願が、かないました。

Img_0004

仙台から、青森へは、高速バスを利用しました。

新幹線あるのに、なんで?

・・・旅費の節約のためですよ。

5時間近く、かかりましたが・・。

Img_0003

しかし、車内は空いていたので、快適。

本など読んでいると、あっという間でした。

一人旅は、いいですね~。

Img_0010

青森駅に、到着。

しかしこれ。

あまり良いアクセス方法では、ないのかもしれません。

Img_0008

今回わかりましたが、

・JR青森駅と、新幹線の新青森駅は、けっこう離れている

・三内丸山遺跡に近いのは、新幹線の新青森駅

・新幹線は青森駅には、とまらない(アタリマエ?)

なのです。

JR青森駅から、一般の路線バスも、ありました。

けれども、おススメは、コレ。

Img_0016

「ねぶたん号」という、観光向けのバスが、あるのです。

ほぼ1時間おきくらいに走っているようですが、完全な循環ルートではないため、ちょっと頑張って時刻表を確認する必要が、あります。

Img_0009

JR青森駅から、三内丸山遺跡に向かうルートは、以下のようになります。

青森駅前

 ↓

アスパム前

 ↓

あおもり北のまほろば歴史館前

 ↓

津軽海峡フェリーターミナル

 ↓

新青森駅東口

 ↓

県立美術館前

 ↓

三内丸山遺跡前(終点)

Img_0019

つまり、三内丸山遺跡は、

・青森駅(新幹線とまらない)から、バス停6つ

・新青森駅(新幹線とまる)から、バス停2つ

そういう位置関係なのでした。

Img_0011

ねぶたん号の大人運賃は、

1回乗車:200円

1日乗り放題:500円

です。

つまり、

運賃は、青森駅から乗っても、新青森駅から乗っても、同じ。

Img_0013

↑バスの中から、新青森駅を、撮ってみました。

新青森駅から、乗るお客さんが、やっぱり多かったです。

今回は行きませんでしたが、

巨大な「あおもり犬」のいる、県立美術館も、人気ですよね。

Img_0014

で、到着。

はじめての、三内丸山遺跡です。

見学~。

Img_0056

(続く。)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

476 甲府のバス

Img_0001

仕事の関係で、甲府に行ってきました。

山梨県立大学。

「徒歩: JR甲府駅南口 徒歩20分」

「バス:JR甲府駅南口から山梨交通バス 飯田三丁目下車 徒歩7分」

と、あります。

バスで、行ってみることにしました。

Img_0006

甲府駅の南口は、バスターミナルになっています。

特徴的なのは、インフォメーションセンターがあること。

キレイな建物ですね。

Img_0007

涼しくて、助かります。

暑い日だったので・・・

Img_0008

長距離バス、観光インフォメーションのカウンター。

一緒に、路線バスの案内が、あります。

Img_0010

路線図が掲示されていました。

どうやら、方向別に、色分けされている模様。

「飯田三丁目」は、赤色の方向に、みつかりました。

Img_0009

発車案内の、電光掲示板が。

赤いところだけ見ればいいので、ラクですね。

Img_0012

4番のりばは、・・というと、スグ見つかりました。

のりば案内図で、赤色になっているので。

これは、いいですね。

Img_0016

次に来るバスは・・・、っと。。

もうついているバスあり。

その次は、6分後ですか。

Img_0021

さっそく、4番のりばへ。

このバスで、間違いなさそうです。

Img_0022

同じような目的の方々も乗ってくようなので。

大丈夫でしょう。

Img_0023

飯田三丁目までは、バス停3つくらいだったかな?

運賃は(たしか)190円でした。

Img_0025

特に混雑もなく、あっという間に到着。

ここから、山梨県立大学までは、少し歩きます。

ま、10分弱。

(これが最寄りのバス停なのですね・・)

Img_0028

無事、到着しました。

実は、雲の向こうに、少し富士山が見えたのですが、写真を撮りそびれてしまいました。

初めての場所でしたが、迷わず行けた。

それだけで、街の印象ってスゴく良くなります。

何泊かしたのですが、とても楽しく過ごせました。

昼間、あつくても、朝晩、涼しくなるのが、いいですね。

ワインも美味しい。

また来る機会があれば、いいですね。

っとお。

甲府といえば!

12月に「バスマップサミット」が、あるのでした。

http://www.rosenzu.com/busmap/

(↑富士山がキレイなチラシがアップされていますね。)

しかし。

この日、交通研でもイベント参加があるため、

筆者は、行けないのです・・・。

研究会から、誰か参加できるよう、画策してみたいと思っています。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

より以前の記事一覧