« 2020年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年5月の記事

2021年5月29日 (土)

525 仙台のバス・地下鉄vs新しい生活様式(2)

コロナ禍も、1年が過ぎ。

いろいろ、見えてきたことって、ありますよね。

「3密」だと必ず感染するか、っていうと、そうとも言えない。

一方、「3密」でなくても、感染する場合は、ある。

少なくとも、インフルエンザのように、教室とかオフィスとか、その空間にいれば感染してしまうようなイメージではない、みたい。

新型コロナウイルスは、主に、人と人との接触で広がるウイルスなんだ、って特徴がわかってきましたよね。

たとえ、密になっても、人からウイルスをもらわないようにしていれば、感染を防ぐことができる。

密になる場所を気にするのは大切ですが、それ以上に、「いかに人からウイルスをもらわないようにするか」が重要ですよね。

逆に、密ではなくても、「飛沫」を介して感染してしまうことがある。

飛沫は、主に、口から出る。

そして、ウイルスは、目、口、鼻の粘膜から、体内に入って感染する。

ただし、手についたからといって、手の皮膚から体内に沁みこんで感染するわけじゃない。

てことで。

通勤・通学で混雑した電車・バスの車内で、感染しないためには。

・マスクは、必須。

・マスクは、すき間のないように、正しくつける。

・マスクをしていても、車内では、会話をしない。(飛沫を飛ばさない。もらわない。)

(エアロゾル感染(マイクロ飛沫感染)を防ぐためにも。)

(エアロゾル(マイクロ飛沫)とは、飛沫と空気感染の中間的な大きさの粒子?ってことですかね)

・次に手を洗う(または手指消毒)するまで、目・口・鼻をさわらない。

・手洗いは、せっけんで、充分な時間をかけて手についたものを洗い流す。

・アルコール消毒は、すぐに乾かないくらいの量の駅をしっかりとり、20秒を目安に指一本ずつにしっかりすりこむ。

(アルコール消毒の効果を得るには、ウイルスが消毒液に接触する時間を充分とる必要がある。)

てとこですよね。

これで、だいたい、

感染リスクはほとんどない、って言っていいのでは、ないでしょうか。

 ***

仙台の場合、市バスと地下鉄は、全車両に、抗ウイルスコーティングが施されました。

これ、新型コロナへの効果が検証されているわけではないそうですが、

それでも、一般論として、ウイルスは活性化しないようになっている模様です。

換気もされているし、観光バスや高速バスと違って、しょっちゅう停車のたびにドアが開いて空気が入れ替わる。

しかし、それでも、利用者同士が気を付けることが、大事ですよね。

そうやって、バス・地下鉄でも安心して利用できるように、していきたいですね。

あと、何よりも。

外出時の行き先で、食事などの場面のほうが、要注意なんだと思います。

誰かと飲食するとき、透明板を挟まないなら、マスクを外したときは、おしゃべりをしないように。

気を付けないと、ですね。

 

 

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2021年10月 »