« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年7月の記事

2018年7月16日 (月)

518 地下鉄で卸町

資格試験シリーズ、です。

2年前も、行きました、卸町。

あの年は、無事に、一発合格。

よかったです。

そして、1年の沈黙を経て。

同じ資格の、別のジャンルを、受けることに、なりました。

資格をとって、ハクをつけないと。

あと、中途採用のハンデ?を、克服しないと。

ま、いろいろ動機は、あるのですが。

とある祝日、行ってきました。

Img_0002

朝。

自宅から、仙台市地下鉄の、富沢駅へ。

歩いて10分も、かかりません。

Img_0003

卸町までは、330円。

けっこう、しますよね。

Img_0004

でも最近はイクスカなので、切符を買うことは、しません。

(東京出張のとき、東京メトロの改札機にうっかりイクスカ入れてピーピーピー、って、仙台人あるあるじゃ、ないでしょうか?)

Img_0006

仙台駅でおりて、乗り換え。

地下鉄南北線のりばから、いったん上がる。

改札の階までは、上がらずに、東西線のホームへ。

Img_0007

東西線には、滅多に乗ることが、ありません。

でももう、だいぶん、慣れましたね。

Img_0012

ほどなく、荒井行きが、やってきました。

ちょっと車両、小さいんですよね。

Img_0013

乗車時間、10分弱。

もう、卸町に、着いてしまいます。

地下から、地上に上がるのに、けっこう時間が、かかります。

Img_0015

そこから、少し歩いて・・・

暑かったので、たいへんでした。

Img_0016

無事に、到着。

さて、どのくらいの出来になったでしょうか。

今年、忙しいからなあ・・・

受かったとしても、ギリギリでしょう。

6割とれば、いいそうなので・・

なんとか、ひっかからないかなあ。

Img_0018

てなことで、ふだん使わないアタマを使い、

ヘロヘロになって、1日がかりの試験は、終了しました。

ちなみに、仙台駅から、卸町駅の運賃は、250円でした。

地下鉄は、けっこう本数があるので、時刻表みる必要がない。

これが、便利ですね。

さて。

うまいこと、合格できるかな・・・

してたら、いいなあ・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

517 バスプールでヒアリング

交通研の話。

仙台駅前バスプールで、「わかりやすいバス案内」を提案するポスターを掲示しています。

先日、とある土曜日に。

このポスターについて、利用者の方にヒアリングを、行いました。

(仙台市交通局の許可を得て、実施しました。)

朝、9時30分に集合。

総勢、スタッフ5名です。

交通研の名札を下げて。

ポスターを見ている方などに、声がけを、行いました。

Img_0006

暑くてたいへんだったのですが、みなさん、快く応じていただきました。

従来の掲示物は、やっぱり、「わかりやすい」とは、いえない。

ネットやスマホで、乗るバス調べてくるけど、それが、どの乗り場に行けばいいのか、迷ってしまう。

特に考えさせられたのは、JR仙台駅の2階(つまりペデストリアンデッキ)から、バスプールへの階段を下りる、その時。

二つあるシマの、どちらへ下りたらよいのか。

この案内が、まず、改善すべきなのかなあ、と思わされました。

実際、案内所で聞いて、ああ、それだと、あちらのほうですね。

と、別のシマを指さされ・・・。

階段を上りなおすことに。

う~む。

どちらのシマにも案内所があるのはいいのですが、違うシマだった場合、どっと疲れが、でてきますよね。

あとね。

やっぱり、人に聞くに、勝るものはなし。

仙台駅前バスプールの場合は、案内所で聞くのが、いちばん早い。

安心。

これが、誰か、立っててくれれば、もう文句は、ありません。

ていうか。

そういうのがなくても、スムーズに、目的のバスに乗ることができるような、掲示や案内表示が、できないものか。

交通研のポスターは、概ね、好評のようでした。

特に、途中のバス停が書いてあって、どの順番で停まっていくのかが、わかりやすい、と。

Img_0001

ご協力いただいた方などに、このポスターの冊子版を、配布しました。

こういう冊子が増えるとよい、とのご意見も、いただきましたよ。

2時間弱の調査で、20人以上の方に、ご意見を、うかがうことが、できました。

意見のとりまとめを、進めていきます。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

Img_0001_2

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

516 どこに並べば?

仙台駅前の、バスプール。

たとえば、この、14番のりばです。

Img_0017

頭の上に、小さな看板があって、行先が書いてある。

これ、なんだか、いいですよね。

一昔前の、国鉄(つまり今のJR)長距離列車のホームみたい。

Img_0013

ところが、これ、

どこどこに行きたい人は、ここに並んでください、という目印になっているようなのです。

Img_0012_2

「行先、方面別にお並びください」

って、書いてある。

じゃあ、県庁市役所、まで行きたい人。

Img_0011

バス、けっこう、ありますよね。

え~っと・・、

Img_0015

Img_0016

選択肢は、5つある。

上の写真の5枚の看板のうち、どれに並べば、いいのでしょう。

難問。

これは、わかりませんよ。

こういうときは、少し離れて待ってて。

来たバスを、よく確かめて、乗る。

それしかないでしょう。

これ、どうすればよいかというと・・・。

Img_0009

市バスには、こうした系統番号がついてるのだから、

頭上の看板にも、この番号を書いてくれれば、どこに並べばよいか、はっきりわかるんじゃ、ないでしょうか。

そのように思いました。

いかがでしょうか・・・

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »