« 516 どこに並べば? | トップページ | 518 地下鉄で卸町 »

2018年7月 8日 (日)

517 バスプールでヒアリング

交通研の話。

仙台駅前バスプールで、「わかりやすいバス案内」を提案するポスターを掲示しています。

先日、とある土曜日に。

このポスターについて、利用者の方にヒアリングを、行いました。

(仙台市交通局の許可を得て、実施しました。)

朝、9時30分に集合。

総勢、スタッフ5名です。

交通研の名札を下げて。

ポスターを見ている方などに、声がけを、行いました。

Img_0006

暑くてたいへんだったのですが、みなさん、快く応じていただきました。

従来の掲示物は、やっぱり、「わかりやすい」とは、いえない。

ネットやスマホで、乗るバス調べてくるけど、それが、どの乗り場に行けばいいのか、迷ってしまう。

特に考えさせられたのは、JR仙台駅の2階(つまりペデストリアンデッキ)から、バスプールへの階段を下りる、その時。

二つあるシマの、どちらへ下りたらよいのか。

この案内が、まず、改善すべきなのかなあ、と思わされました。

実際、案内所で聞いて、ああ、それだと、あちらのほうですね。

と、別のシマを指さされ・・・。

階段を上りなおすことに。

う~む。

どちらのシマにも案内所があるのはいいのですが、違うシマだった場合、どっと疲れが、でてきますよね。

あとね。

やっぱり、人に聞くに、勝るものはなし。

仙台駅前バスプールの場合は、案内所で聞くのが、いちばん早い。

安心。

これが、誰か、立っててくれれば、もう文句は、ありません。

ていうか。

そういうのがなくても、スムーズに、目的のバスに乗ることができるような、掲示や案内表示が、できないものか。

交通研のポスターは、概ね、好評のようでした。

特に、途中のバス停が書いてあって、どの順番で停まっていくのかが、わかりやすい、と。

Img_0001

ご協力いただいた方などに、このポスターの冊子版を、配布しました。

こういう冊子が増えるとよい、とのご意見も、いただきましたよ。

2時間弱の調査で、20人以上の方に、ご意見を、うかがうことが、できました。

意見のとりまとめを、進めていきます。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

Img_0001_2

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 516 どこに並べば? | トップページ | 518 地下鉄で卸町 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。