« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月26日 (日)

447 横浜の1日乗車券で失敗

バスマップサミットの、話の前に。

その後の失敗談を、しておきますね。

というのは。

2日目のプログラムの終了後、観光スポット周遊バス「あかいくつ」に乗ってみるつもりでした。

宿泊先は、関内。

ていうか、伊勢佐木長者町。

宿泊先から、サミット分科会の会場に行くには、地下鉄が便利そう。

Img_0007

サミット分科会の会場は、吉野町。

吉野町から、「あかいくつ」の起点の桜木町に行くには、バスでも、よさそう。

やっぱり、路線バスにも、のってみなきゃね。

てことで。

1日乗車券を、探してみました。

■みなとぶらりチケット<500円>

エリア内の、市営地下鉄、市営バス1日乗り放題です。

「あかいくつ」も、大丈夫。

でも、エリアが、限られています。

吉野町は、エリア外。

これは、ダメ。

もう少し、広い範囲で、ないかなあ。

■市営バス1日乗車券<600円>

これだと、吉野町も、範囲内です。

「あかいくつ」も、大丈夫。

ただし、地下鉄には、使えませんが・・・。

ま、でも、バスは、あかいくつを含めて、3回は乗ると思うので。

これが、いいんじゃないですかね。

■市営バス・地下鉄共通1日乗車券<830円>

ここまで必要、ないかな。

地下鉄が、1区間(210円)しか乗らないので・・・。

バスが1回、あかいくつが2回として、900円は、いかないでしょう。

少々、おトク感に欠けるかんじです。

  **

じゃあ。

「市営バス1日乗車券」(600円)を、使ってみましょうか。

これ、バスの車内でも購入できるそうなので。

行きだけ乗る地下鉄は、現金で支払えばいい。

という、計画に、しました。

で。

サミット終了後。

吉野町で、バスに乗りましょう。

いや、正確には、昼食の場所を探して少し、歩いた。

Img_0044

乗ったのは、「宮元町一丁目」でした。

桜木町方面に行くバスは、結構ありそうです。

何人か、バス待ちの人も、いました。

Img_0046

掲示をみると、運賃先払い方式です。

なるほど、前の扉から、乗車するのかあ。

仙台のバスとは、違いますね。

てことは、乗るときに「1日乗車券ください!」

って、言わなきゃならないですね。

600円を、財布から出し、にぎりしめました。

と、来ました。

Img_0049

バスきた!

「桜木町」の文字が、みえます。

よし、これに、乗ろう。

Img_0050

のるとき、運転手さんに、言いました。

「1日乗車券ください!」

すると、運転者さんに、いわれました。

「ん、小銭じゃ買えませんよ。」

筆者:「600円のやつ、お願いしたいんですけど」

運転者さん:「1日乗車券は、1,030円なんですが。」

???

あれ、600円って、路線図に書いてあったよね??

筆者:「・・・じゃあ、現金で、払います。」

仕方ない。

220円を、運賃箱に、入れました。

むむむ、何これ? 

腑に、落ちません。

地下鉄・バス共通のこと、言ってるのかな。

いや、1,000円もするって、書いてなかったと思うけど・・・。

Img_0052

車内で、路線図を広げて、確かめてみました。

ほら~。

600円って、書いてあるでしょ~。

あの運転手さん、知らないんじゃないの?

まあ最近みんなスイカで、1日乗車券なんて使わないんだろうし・・・。

次に信号で止まったら、文句いってやろう。

そう思って、路線図をたたんだ時でした。

Img_0051

そっか!

ようやく、気づきました。

わかった。

これは、「市営バス」の、路線図。

目指す1日乗車券は、「市営バス・地下鉄1日乗車券」。

そう、「市営」。

いま乗ってるバスは、市営じゃないんだよ~。

コレ、「神奈川中央交通バス」だ!

それでかあ~。

Img_0056

桜木町で降りると、確認しました。

車体に、「神奈川中央交通」と、書いてあります。

前日のシンポジウムに、神奈川中央交通の人、出てたのに・・・。

いや~、筆者のミス。

神奈川中央交通バスは、横浜市営バスではないのですから、市営バス・地下鉄乗車券は、当然、使えませんよね。

まったくもって、自分が悪いです。

こういうわけで。

1日乗車券構想は、ガラガラと音をたてて、崩れたのでした。

なんだかなあ・・・。

  **

おさらいして、おきましょう。

Img_0042

↑これが、神奈川中央交通バス。

Img_0048

↑これが、横浜市営バス。

もう、間違えませんよ。

とほほ・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

446 バスマップサミットin横浜

「全国バスマップサミット」が、横浜で開催されました。

2003年に岡山ではじまり、今回で第14回め。

交通研からは、筆者が行ってきました。

前回の愛媛には参加できなかったので・・・。

久々に会う方々が多く、うれしかったです。

Img_0006

■1日目:2月18日(土)

【シンポジウム】

場所:横浜にぎわい座

○基調講演

・横浜国大 中村文彦先生

Img_0013

・横浜市 都市交通課 松井課長

Img_0015

○パネルディスカッション

・1「移動とまちづくりは連動できるのか? まちでのバス・シェアサイクル・電車の連携」

・2「回遊はまちのにぎわい、持続につながるか?」

Img_0023

【交流会】

場所:野毛Hana*Hana

  **

■2日目:2月19日(日)

【分科会】

場所:横浜市電保存館、吉野町市民プラザ 

・分科会1「バス停はまちの回遊ポイントとなれるか?」

・分科会2「全国バスマップ、横浜バスマップ 見どころとこだわり」

・分科会3「子供と親のバス利用をうながすためには?」

○クロージングセッション

Img_0040

 **

上記のほか、

ポスターセッションや、

バスマップの展示、

横浜のまち歩きの時間などが、ありました。

Img_0044

初日のホールで、ざっと数えたところ、

登壇者、スタッフ含め、120人から150人くらいだったでしょうか。

2日間、楽しく過ごせました。

それと、たくさんのインプットを、いただきました。

Img_0050

帰ってきて思うのは、

「とにかく、やりたいことだらけ」

です。

バスマップサミットに参加すると、こうなのです。

刺激の、数々に。

仙台も、やらなきゃね!

って、なるのです。

Img_0005

それって、何かというと・・・、

いっぱいあるので(笑

次回に、いたします。

Img_0065

まずは、御礼申し上げます。

横浜の皆さま、お世話になりました。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

(続く)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

445 JR仙台駅から地下鉄へ

地下鉄東西線ができて、便利になったこと。

JR仙台駅と、地下鉄との行き来が、しやすくなったと思います。

先日、東京出張の帰り、仙台は雨でした。

傘、もってない。

JR仙台駅から、勤務先の広瀬通まで、ふつうは歩きます。

けど、雨が強くて、歩きは、ちょっとムリ。

一駅だけど、地下鉄のりますか・・・。

前は、エスパルの地下からメトロポリタンのほうを回るか、

ロフトの地下をず~って行って、定期券売場のところで出てから、左右、どちらかの地下鉄改札に回ってました。

今は、「東改札」があります。

もう、ルートを、覚えましたよ。

新幹線を降りたら、南口改札のほうのエスカレーターで、2階へ降りて。

スグ左手のエスカレーターで、1階へ降りて。

(郵便局とか、あるあたり。)

そこで外に出て、スグにあるエスカレーターで、地下へ降りて。

地下に降りたら、左手に歩く。

すると、仙台市地下鉄の改札に至る、下りエスカレーターが、あります。

この東改札は、東西線ができてから、できました。

間違って東西線のホームに降りてしまうと、南北線の広瀬通には、遠回りになってしまいますが、ここだけ注意ですね。

南北線、南北線、と、案内表示をたどっていけば、大丈夫です。

広瀬通駅から、勤務先は、スグなので・・

このときは、地下鉄利用で、正解でした。

いや、こういうのも、知っていると知らないとは、大きな違いですよね。

上手に利用していきたいと、思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

444 地下鉄が朝よく遅れる

筆者は、仙台市地下鉄で、通勤しています。

南北線の、富沢駅から。

特に何分のに乗るとかは、決めていません。

一駅手前の仙台駅で降りて、歩いて勤務先へ行くので、時間は余裕です。

だから少々、ダイヤが遅れても影響はないのですが・・・。

朝、しょっちゅう、遅れてる気がします。

原因は、「お客様の混雑により」とか。

要するに、駅に停まるたび、乗り降りに時間がかかっているのです。

降りる人の列が途切れる前に、もう発車のベルが鳴ったり。

あと、なかなかドアを閉められなくて、「お体、お荷物、お引き下さい」ってアナウンス。

何度もドアを閉めかけ、一度開いてまた閉めて、ってやってる。

「ご乗車になりましたら、ご順に中の方へお進みください」

「出口の前を広く開けて、お待ちください」

とか、運転手さんは、一生懸命。

乗客も、別に、遅らせようとしているわけでは、ないですよね。

常識的に、詰めますし、出入口付近に立っている人は、いったん降りてまた乗って、ってことを、やってますよね。

特に、雨の日、雪の日に、混雑で、遅れることが多い気がします。

う~ん。

キャパが、少ないんじゃないのかなあ。

1.ホームが狭い。

・・・スペースがなくて、なかなか、人がさばけない気がします。

2.ホームから改札に上がる階段が狭いし、少ない。

・・・階段、またはエスカレーターの前で、人が滞り、電車を降りるスピードにも影響していると思います。

3.駅員さんが、誘導とか、しない。

・・・個人の動きにまかせていたのでは、限界があると思います。

4.車両が少ない。

・・・いま4両でしょう? 5両とか6両にすれば?

5.本数が少ない。

・・・7時30分から8時の間に、1本ふやすだけで、かなり違う気がするのですが・・。

そう、雨とか雪の日だけでも、増発するというのでもいいんじゃないですか。

朝なんて、5分より短い間隔でくるのに、時刻表なんていらないんじゃないの?

とかなんとか・・・。

  **

いや、文句言ってるわけでは、ないんですよ。

公共交通で、どれだけ人を運ぶプランニングになっているんですか?

っていうことです。

あと、せっかく公共交通を利用しようっていうお客さんを、逃がしていいんですか?

っていうことでも、あります。

ふだん自転車やバイクの人が、悪天候で、地下鉄にしようと。

そのとき、

「いや~こんな混んでて時間通りにも走らないんだったら、こんどから地下鉄はヤメとこう」

と思うのか。

それとも、

「こんなに快適なら、次からも地下鉄にしよう」

と思うのか、ってことですよね。

ある程度、雨や雪のときに乗る数を想定して、そこに合わせた供給をしないと、ますます公共交通の利用が減っていくんじゃないかな、と心配。

明日も、朝、雪のようです。

時間通りに、地下鉄、走るかなあ?

いや、筆者は、とくにギリギリでうごいてないので、少々遅れてもいいのですが・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »