« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

2016年11月27日 (日)

434 終電って

飲みに行くと、気になるのが、電車の時間。

まあ、終電が気になるような酔い方なら、まだいいのですが・・・。

タクシーだと、3千円近くかかるので、注意が必要。

ちなみに富沢行きは、

【勾当台公園発】

 普通だと、23:56

 金曜だと、0:08

【広瀬通発】

 普通だと、23:57

 金曜だと、0:09

この「金曜ダイヤ」があるのって、助かりますよね~。

国分町から、広瀬通駅って、思ったより歩くので・・。

  **

ちょっと気になったので、調べてみました。

地下鉄東西線の終電って、何時なの?

八木山動物公園行きで、いうと・・・

それが、南北線よりも、遅いのです。

【青葉通一番町発】

 普通だと、0:01

 金曜だと、0:13

日付かわって、13分!

これは大きいですね~。

八木山の人、いいなあ。

  **

ところで、

これって、他の都市では、どうなんでしょう。

調べてみました。

札幌は、

すすきの発、0:12、0:14、

とあります。

名古屋市は、

栄でみると、ああ~

金曜日で1:01発ってのが、あります。

すごいですね。

京都市地下鉄は、

四条発、

金曜は0:27ってのが、ありますね。

福岡は、

天神発、

0:12、0:14、

そんなかんじです。

  **

こうしてみると、

仙台の、しかも南北線だけ、

0:10より前に電車なくなるのですね。

あと5分でいいので、延長してくれたらなあ。

な~んて、

いつまでも飲んでないで、そこそこで帰りなさいって話ですよね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

433 ダイヤ改正で

10月に、バスのダイヤ改正が、ありました。

仙台の街なかでいうと、主に宮城交通バスですね。

減便になった路線も、あるようです。

仙台駅前2番のりば発の、泉方面行き。

仙台駅前8番のりば発の、長町経由秋保方面行き。

これらは、まあ地下鉄南北線と、ほぼ並行している路線ですよね。

あと、八木山方面。

地下鉄東西線ができてからも、存続していましたが、やはり減便。

そうですか・・

  **

平成27年12月に地下鉄東西線が開業した、

ってことは、まもなく1年になります。

地下鉄が増えたことによって、地下鉄とバスの利用者が増えて、

その分、マイカーが減るってのが、理想。

そうなってますかね。

どうでしょう。

調べてみました。

仙台市交通局のサイトに、事業概要が、掲載されています。

そのなかの、月別の乗車人員数を、みてみると。

【バス】

■平成26年1~3月の平均

・347万人/月

→てことは、約12万人/日?

■平成27年1~3月の平均

・255万人/月

→てことは、約9万人/日?

つまり、

東西線開業前の平成26年にくらべて、

平成27年の1~3月は、1日あたり約3万人バスの乗車人員数が減ったことになるのかな。

この人たちが、地下鉄に乗り換えたって、ことなんでしょうね。

一方、地下鉄は、というと。

【地下鉄】

●平成26年1~3月の平均

・501万人/月

→てことは、約17万人/日?

●平成27年1~3月の平均

・638万人/月

→てことは、約21万人/日?

つまり、

東西線開業前の平成26年にくらべて、

平成27年の1~3月は、1日あたり約4~5万人、地下鉄の乗車人員数が増えたってこと?

  **

じゃあ、

1日あたり、バスが3万人減って、地下鉄が4~5万人増えたんだから・・・

いや、ちょっと待てよ。

これ、宮城交通バスが、入ってませんよね。

宮城交通バスが、地下鉄東西線の開業後に、どれだけ乗車人員が減ったのか。

そのデータは、見つけられませんでした。

今回の減便をみると、増えたとか、現状維持ってことは、ないのでしょうね・・。

いずれにしても、地下鉄とバスを合わせた乗車人員が、劇的に増えたのでは、なさそうです。

まあ、これは平成27年3月までの地下鉄東西線開業直後のデータなので、

東西線の利便性が浸透してくると、もう少し変わった数字になるのかも、しれません。

なんとなくですが、筆者が朝乗る地下鉄南北線は、最近、混んで、乗客が増えているような気もします。

今後の推移も、見ていきたいと思いますね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

432 旧友と飲んで

友人が、単身赴任で、仙台に来ました。

飲む相手が、同い年って、いいですよね。

しかも同郷なので、楽しい飲み会に、なりました。

彼、いわく。

「仙台、いいなあ。」

なぜかというと、通勤がラクすぎる。

仙台駅東口のマンションから、徒歩通勤だそうです。

東京で勤務してた頃は、当然、1時間以上かけて通勤してたそうなので。

まあ、そうでしょうね。

筆者は富沢で、通勤時間は、35分。

首都圏では、考えられないかもしれません。

で、連休に、家族が来たそうです。

「秋保に泊まってきたワ。」

宿はN?

いいよね、あそこお風呂ひろくて。

秋保温泉のお湯って、いいでしょ?

「そうそう、よかった。奥さんも喜んでた。」

で、どうやって行ったの?

「ん? 普通にバス」

え? バスって、急行のやつでしょ?

「違う違う、なんかいっぱいバス停とまるやつ。1時間くらいかかった」

なに?

それって、長町経由の宮城交通バスだよね?

結構お金かかったでしょ?

「800円やったかな」

いや~、よく乗ったね。

いないでしょ、そのバスで秋保まで行く人?

「秋保温泉のへんで降りた人、いなかったなあ。

けど、その先まで乗ってる人は、いたで。秋保大滝とかあるんでしょ。」

ああ、そう・・。

けど、そのバスで秋保大滝まで行くって、遠いよ。

クルマで行けば、秋保って、30分くらいなんだよね。

そのバス移動は、時間ロス大きくない?

「いや、バス乗ってると、だいたい土地の感じとかわかるから。旅行ってかんじして、いいと思うよ。」

そうですか・・・。

わりと奇特な人(?)だったのネ。

  **

あと、松島も電車で行ったらしく、そのへんから仙台の交通談義に花が咲きました。

電車移動は、本数が多くないので、とくにJRは待ち時間が長い・・

だから仙台の人は、みんなクルマを使いがち・・

けれども、時刻表はスマホでわかるから、じゃあ待ち時間はココ見ようとかって、新たな観光もできる・・・

でも、仙台空港アクセス線は、本数少なすぎだよね・・

などなど・・・。

  **

友人、せっかくの仙台単身赴任なので、休みの日は、温泉行ったりしたいとのこと。

次は、作並温泉に、日帰り入浴に行く予定だそうです。

「電車で行けるんでしょ?」

行けることは行けるけど、・・・。

駅前が温泉なわけじゃ、ないんだよね。

「送迎してくれるんでしょ?」

まあ、そういう宿を探せばいいんだけどね。

前向きだなあ。

クルマなくたって、行きますか。

見習わないとね・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

431 どうせ両替するなら

飲み会の幹事をやることに、なりました。

職場の関係。

ちょっとした、打ち上げです。

飲み放題付きのコースって、だいたい4000円くらいから、ですよね。

中には3500円ってとこも、ありますが、飲めるお酒の範囲が、限られていたり。

上の立場の人もいるので、今回は、4000円のとこに、しました。

会費を、集めます。

スミマセン、4000円お願いします、って。

ここで、名幹事(?)としては、おつりを用意しておきたい。

たぶん、みなさん、1万円札出してくるのです。

一人ならいいのですが、次の人も、次の人もってなると、滞る。

千円札を、たくさん用意しておきたいですよね。

でも、どうしましょう。

通勤途中、

コンビニでガムとか買って、一万円くずしてもイイのですが、

朝とかレジで混んでるときに、いかにも両替ってかんじも、イヤ。

それと、2万円くらいは、千円札もっときたいので・・・。

ふと、思いつきました。

勤務先へ行く地下鉄を降りて、向かったのは、地下鉄券売機。

そうです。

イクスカにチャージして、お釣りで千円札を増やしましょう。

一万円札を入れて、1000円をチャージ。

おつりが、1000円札で、9枚出てくる。

これを2回くりかえすと、1000円札が、18枚。

これだけ用意してれば、充分でしょう。

チャージした2000円は?

いずれ、必ず使うじゃないですか。

人と対面せずに、千円札を確保できる。

結構、名案だと思いました。

どうでしょう。

Img_0003

  **

夜、国分町で、打ち上げ。

おかげさまで、盛り上がりましたよ。

支払いも、予算どおりピッタリで。

釣り銭の貸し借りも、ナシです。

誤算は・・・。

2軒目、3軒目、いや4軒目か、

地下鉄の終電の時間を過ぎてしまいまして・・・、

タクシーで帰宅となりました。

タクシーに、イクスカ、使えませんよね・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »