« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の記事

2016年10月30日 (日)

430 郡山でバス

Pap_0053

郡山に、来ました。

仕事です。

ていうか、とある学会の講演を、聞きにきました。

会場は、郡山市の中央公民館。

郡山駅からは、少し、離れていますね。

Pap_0058_2

事務局からの案内に、バスでの行き方が、ちゃんと掲載されていました。

11番のりば、だそうです。

Pap_0054

どうやら、2ルートある模様。

降りるバス停は違いますが、バス停から会場までの距離は、同じくらいのようです。

じゃあ、来たバスに乗ればいいですね。

Pap_0055

ひとつは、「麓山(はやま)経由」というルート。

これは、30分に1本くらいの頻度のようです。

いまひとつは、「コスモス循環池の台先回り」というルート。

これも、20分か30分に1本くらいの頻度のよう。

あわせると、それなりに、本数は、あります。

Pap_0056

どうやら、あまり時刻通りには運行されていないようで、

ん? これは何分発のだ? というバスが入ってきましたが、

まあ行先があっているので、それに乗り込みました。

Pap_0063

乗車時間は、10分と、ちょっと。

170円でした。

前方の運賃表示が、最近よくある「3つ先までバス停名表示」のタイプだったので、迷わずに、降りることができました。

Pap_0062

中央公民館の位置は、これも事務局の案内に地図が出ていましたので、スグ。

特に問題なく、来ることができました。

郡山市の場合は、筆者は、以前に少し郊外に住んでいたことがあり、土地勘がありますので。

あと、特に約束の時間があったわけではなく、気持ちの余裕があったことも、大きいでしょう。

170円で、たいした待ち時間もなく来られたので、よい道中となりました。

Pap_0060

  **

この日・・。

郡山には、15年ぶりくらいに、宿泊しました。

少し住んでいた当時、もう平成ヒトケタの頃になりますが、何度も行ったお店が、あります。

夜、そこに、行ってみました。

すると、2軒とも、自分のことを、覚えていてくれました。

こっちとしては、当時のお店が、そのまま営業を続けていること自体が、オドロキでした。

気分よく呑んで、宿に戻ったのは1時すぎ。

翌日はシンドかったですが、いい出張となりました。

また、郡山出張の機会ないかな~。

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (2)

2016年10月23日 (日)

429 パンク直せますよ

Img_0002

まず、パンクかどうかの判断って、難しいですよね。

よくあるのが、ムシゴムの劣化。

ムシゴムってわかりますか。

自転車のタイヤの空気入れるとこで、弁みたいな役割をしている。

小さな細いチューブ状の、ゴム管です。

ムシゴムに裂け目ができてたりすると、そこから空気は漏れてしまいます。

奥さんから、パンクなの、直せる?

って聞かれた時、まず浮かんだのが、そのことです。

いや、パンクだと特定できてれば、直せばいいだけなので、まだラクですよね。

パンク箇所を探って、結局なかって、あとから「ムシゴムかよ」ってなったとき、けっこうガッカリします。

でも今回は、ムシゴムの異常は、ないようでした。

Img_0003

それで、チューブを、とりだします。

よくある赤、黄、青のレバーみたいなやつ。

あれを使って、めくりだす感じ。

軽く空気を入れて、バケツの水に浸したところ、穴はスグ見つかりました。

そうなれば、そこの周辺に印をつけて、

ヤスリで削って、

ゴムノリをつけて、乾かして、

ゴムパッチを貼ります。

Img_0004

ゴムパッチを貼ったら、ひたすら圧着。

ゴリゴリと、押し付けて、動かないように。

しばらく時間が、かかりますよね。

Img_0005

その後、バケツの水に浸すと、もう空気の漏れは、ありませんでした。

成功です。

チューブからいったん空気を抜いて、

タイヤにチューブをはめなおしました。

Img_0006

1日たっても、空気は抜けていませんでした。

パンク修理、終了です。

よかった、よかった。

筆者は、学生時代に自転車で旅行するサークルだったこともありますが、

子供の頃から、パンク修理は、できましたよ。

ていうか、男の子って、ふつうパンク修理くらい、できますよね?

最近は、そうじゃないって?

筆者は、田舎で育ったからかなあ。

奥さんは、驚いてました。

家でも直せるんだ~、って。

そんな難しいことではないと思いますが・・・。

奥さんは、ムスメに言ってました。

「結婚相手は、パンク直せる人にしなさい。」

そーですか・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

428 山形へ

Img_0018

山形へ行ってきました。

下のムスメの、応援。

高校の部活で、新人戦で県大会で上位に入り、東北大会に出ることに、なりました。

会場は、NDソフトスタジアム山形。

要は、山形県総合運動公園陸上競技場ですね。

天童市に、あります。

一度、行ったことがありまして。

そのときは、レンタカーでした。

これがもし、山形市内だと、仙台からの交通の便は、いいですよね。

高速バスが、たくさん走っている。

JR仙山線も、あります。

けれども、天童だと、乗り換えがたいへん。

山形NDスタジアムに、9時前には、入りたいのです。

JRの最寄り駅は、奥羽本線の「天童南駅」。

そこから、歩いて20分は、かかるようです。

さて、マイカーがない人は、どうやって行きますか?

  **

スミマセン、もう調べるのが面倒で・・・

早々に、レンタカーに決めてしまいました。

Img_0001

軽自動車の、一番安いやつで、充分です。

平日だったので、少し早めに出ました。

Img_0005

仙台南インターから、東北自動車道へ。

東北自動車道から、山形自動車道へ。

山形北インターでおりて、国道13号を北上。

すると、スタジアムは、間もなくです。

Img_0015

思ったよりも、道路は空いてました。

スムーズに、来られましたね。

え~と、7時半頃に仙台を出て、着いたのが8時40分くらい?

早いですね。

Img_0016

ムスメの種目は、競技時間が短く、1分もかかりません。

この日は、予選で終わってしまいました。

Img_0021

昼頃まで、他の種目を観戦し、帰路につきました。

帰りは、国道48号を利用しました。

途中で、眠たくなり、パーキングで昼寝しました。

  **

レンタカー代 + 高速片道料金 + ガソリン代

が、出費です。

まあ、1万円ちょっとです。

この費用を、どうみるか。

フツーの人は、「高い」と感じるでしょう。

しかし、ウチは、マイカーを持っていません。

購入費用とか、維持費とかと比べると・・・

あとは、めんどくささとか、そういうお金にならない部分を、どうみるかでしょうね。

実は筆者は、運転が好きなのです。

そういう意味では、楽しい1日となりました。

ホントは、もっと遠くで、1泊とかで行ければ、もっと楽しいのですが・・。

そういう日もくると、いいですね~。

Img_0028

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

427 世界と連携しよう

ヨーロッパ・モビリティウィーク&カーフリーデー。

これについては、このブログで、何回か、取り上げてきました。

毎年、9月16日~22日に、実施されています。

都心部では、マイカーから、他の交通手段へ切り替えましょう。

鉄道、バス、自転車、そして、徒歩。

それを促す新たな交通施策を導入する、または、導入に向けた取り組みを、行います。

街の中心部に、マイカーを使わない地区を創り出す「カーフリーデー」が、その中心的なイベントです。

世界各地で、今年も、2000以上もの都市で、実施されました。

国内でも、10都市が、参加。

わが仙台でも、かろうじて、交通研が、細々とPR活動として、参加しました。

交通フェスタにクイズコーナーを出展したのは、先日、紹介しましたね。

あと、バスプールに、おもな目的地へのアクセス案内のポスター掲示を行いました。

そして、今年は、100円パッ区クイズラリーが、復活。

東北工業大学と連携して、ワークショップも実施して、期せずして盛大なイベントと、なりました。

しかし・・・。

これ、国内の広がりが、イマイチなのです。

ていうか、日本では、PRイベントの域を超えていないので、現状のよう。

本来の目的である、新たな交通施策の導入とか、あまり気配が感じられないですよね。

クルマ中心の社会のままで、いいの?

いや、そうじゃない選択肢も必要。

多くの人が、感じていることだと思います。

マイカーに頼らなくても、快適に移動できる街に、していこうよ。

せめて、中心部の狭いエリアだけでも・・。

我が仙台市でも、そういう動きが、ないわけでは、ありません。

新たな地下鉄路線も、できましたし。

しかし、どうやってマイカーから、地下鉄・バスに転換を促すのか。

このあたり、手法が、明確には見えません。

この1週間だけでも、何か、新しいことをやってみる。

そして、街の交通の質を、少しずつ変えていこう。

これを、世界と連携してできるチャンスが、モビリティウィークって、すごくイイ切り口のような気がするのですが・・。

てなことで、モビリティウィークの取り組みが、行政・事業者ぐるみで実施されて、いつか仙台でも、本格的なカーフリーデーが、実施されますように。

そう願いつつ。

今年も、交通研のモビリティウィークの取り組みは、無事に終わりました。

Img_0018

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

426 ポイントチャージ2回目

イクスカの残高が減ってきて、

でも、サイフの中身が寂しいとき。

1000円とかだけチャージしても、スグ残高なくなるし、

かといって、5000円とかチャージするには、現金の持ち合わせが、ない。

ん、そうか。

こういうときこそ、たまってる?ポイントを使えばいいのだ。

でも、この前ポイントチャージしてから、そんなに日は経っていないかな。

期待は、できません。

まあダメもとで、ポイントチャージ、してみますか。

てなかんじで、駅の券売機へ。

ポイントチャージを、してみました。

すると。

700ポイントあります、と。

意外に、多く、ついてました。

ウレシイですね。

700ポイントをチャージすると、700円増えます。

といっても、地下鉄で富沢と仙台を往復すれば600円なので、1日分にしか、ならないのですが・・

でも、1日分のびれば、お小遣い日まで、少しひっぱることができるので、大助かり。

前回、ポイントチャージしたのは、6月だったんですよね。

約、3か月。

それで700ポイントつくのは、案外、多いなあ、という感想です。

ま、そのときは現金を交通費に使いたくなかったので、助かりました。

というお話でした。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »