« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の記事

2016年7月31日 (日)

417 9年目に入ります

このブログを書き始めたのが、2008年の夏でした。

てことは、8年。

けっこう、続きましたね。

毎週日曜日にアップする、スタイル。

しんどいことも、ありますが・・・。

「クルマがなくても、快適に移動できる街に、なってもらいたい」

それを実現させることが、テーマです。

しかし、コレ、とても難しい。

たぶん、ムリ。

なぜでしょう?

一言でいうと、多くの人にとって、「生活必需品」では、ないんですよね。

どうですか?

皆さんにとって、電車・バス・地下鉄って、「生活必需品」ですか?

特にバスは、そう感じない人が、圧倒的に多いのでは。

バス、無くなったって・・・

チャリで、いいんじゃない?

親に送ってもらえば、いいんじゃない?

ウチにクルマあるから、いいんじゃない?

・・・。

一方、クルマは。

これ、もしクルマ無いと、困るでしょうね。

要は、ここだと思います。

いや、マイカーを持つことは、否定しませんよ。

むしろ、アタリマエ。

筆者だって、クルマは好きです。

ドライブ、楽しい。

みんながクルマを持ってて、それはそれで良いと思います。

問題にしたいのは、仙台という都市の機能。

移動手段の性能、といってもいいでしょう。

「クルマじゃなきゃ不便」というのでは、ツマラナイ。

クルマで行きたい人、または、クルマじゃなきゃ移動できない事情のある人は、クルマで行けばいいと思います。

けれども、クルマがなくても、快適に目的地に行ける。

電車、バス、または仙台にはないですが、路面電車とかモノレールとか、そういう手段で、そう時間をかけずに、行くことができる。

そういう街であってほしい。

そのためには、・・・

う~む。

一つの方策は、

仕掛け、ですかね。

電車、バスが、「生活必需品」だと思わせるような、仕掛け。

何か、あるでしょうか・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

416 地下鉄で卸町へ

資格の試験です。

4年前に、「一次試験」に合格したやつ。

こんどは、「二次試験」に挑戦です。

会場は、一次試験と同じ。

卸町の「サンフェスタ」でした。

4年前は、仙台駅からバスで行ったのですが・・・。

いやいや。

今は、地下鉄が、ありますからね。

Img_0001

仙台市地下鉄東西線に、「卸町」という駅が、あります。

富沢から地下鉄乗り継ぎなら、時間も読めるし。

特に、時刻表を調べて行く必要も、ないでしょう。

便利になりました。

Img_0013

富沢から、卸町までは、330円。

ん、てことは、バスの頃より、トータルでは安くなったのかも。

(仙台駅前から、かつての「卸町入口」バス停まで、たしか240円だった。)

Img_0003

駅から歩きの時間も入れて、だいたい1時間あれば、着くはず。

そう思って、8時30分には、家を出ました。

Img_0004

仙台駅で、南北線から、東西線へ、乗り換えます。

そういえば、荒井方面に行くのって、はじめてかも。

Img_0005

仙台から、卸町までは、4駅。

「9分」と、書いてあります。

近いですね。

Img_0007

どうも、東西線の車両は、中が狭くて、落ち着きません。

おなじ試験を受ける皆さんが、けっこう乗ってました。

座って、ノートを開いて、最後のおさらいを、しました。

Img_0009

卸町駅。

東西線の駅って、深いですよね。

エスカレーターに乗って、上へ、上へ。

やっと地上にたどり着くかんじです。

Img_0010

卸町駅から、サンフェスタへは、少し歩きます。

同じ試験を受ける皆さんが、いっぱい歩いていました。

Img_0011

無事到着。

家から、50分くらいかな。

だいたい、目論見どおりでした。

  **

試験は、おびただしい人数が、受けていました。

午前が、選択式の、マークシート。

午後が、原稿用紙に記述する方式です。

ま、6割とれば、いいのですが。

合格率は、だいたい、1割5分くらい、とか。

けっこう厳しいですね。

なんとか一発合格、できないかな~。

Img_0012

帰りは、仙台駅で、富沢行きがスグ来たので、

50分もかからずに、帰ってきました。

あと、イクスカなので、切符を買う必要が、ありません。

帰りの卸町駅で、きっぷを買う行列ができていたので・・

疲れてたので、このアクセスのスムーズさには、助かりました。

発表は、10月下旬ころの予定だそうです。

受かってるといいなあ・・

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

415 ナイター日和

とある金曜日、仕事帰りに、野球観戦してきました。

ていうか、金曜日にナイターがある日は、キホン、見に行くことにしています。

もう、10年以上の習慣ですね。

前回、野球観戦の記事を書いたのは2013年。

イーグルス日本一の年でした。

その前は、2011年。

震災後、はじめて仙台でプロ野球が開催された日のことです。

Pap_0060

当時から、何が変わったか。

というと。

イクスカ、でしょうかね。

つい最近まで、仙台では地下鉄にSuicaなどのICカードが利用できませんでした。

それが今は、イクスカができて、地下鉄はもちろん、バスやJRでも、イクスカで乗り降りできるように、なりました。

  **

筆者にとって、コボスタ宮城(旧宮城球場。フルキャストとか、クリネックスとかの年もあった。)へのアクセスは、3通りあります。

ひとつは、仙台駅東口から、シャトルバス。

シャトルバスは試合のある日だけ運行していて、東口からだと大人100円です。

このシャトルバスも、イクスカが使える(はず)です。

なお、シャトルバスは、定禅寺通の発着(200円。2往復だけ)もありますね。

ふたつめは、JR仙石線。

職場から行くときは、コレです。

あおば通で乗って、宮城野原で、おります。

140円。

当然、イクスカで、OKです。

みっつめは、市バスです。

たとえば商工会議所前からとか、仙台駅から離れた場所から、バス1本で行ける方法。

それは、新寺通りを走る仙台市バスで、球場裏手の「宮城野三丁目・聖和学園前」で降りる方法です。

しかし、地下鉄東西線が開通してから、この方面のバスは少なくなりました。

今では、平日は、ざっと1時間に2本。

夕方だと、もう少し多いです。

系統番号でいうと、308系統。

大人片道200円です。

これも、当然、イクスカが使えます。

でも、外野席の前売りを既に持ってる人でないと、切符売り場がエライ遠いのですが、・・・。

まあ、マニアックな行き方では、あります。

  **

Pap_0059

さて、この日は、仙石線を利用しました。

梅雨入り前のカラッとした、空気。

天気もよく、絶好のナイター日和です。

Pap_0061

かわったことといえば、レフトに観覧車が、できましたね。

これから、メリーゴーランドとか、バーベキューコーナーとか、そういうのもつくる計画だそうです。

あと、人工芝でなくなり、天然芝のグランドに、なりました。

Pap_0058

照明に映えて、緑がキレイですよね。

ビールを飲んで、野球をみて。

Pap_0057

応援歌(球団歌)歌って、

風船とばして。

ああ、おもしろい。

ていうか、やっぱ勝ち試合じゃないとね!

Pap_0055

この日は、序盤は劣勢でしたが、・・・

終盤、満塁で銀次選手の走者一掃タイムリーが飛び出し、逆転!

そのまま、イーグルス、勝ちました。

Pap_0053

こんな、恵まれた観戦の日も、あるのです。

祝勝会も、盛り上がりました。

いや~、楽しいですね。

  **

とはいえ、優勝の年から比べると、投手力の不足は明らかで・・

おそらく今年は、Bクラスの下のほうかなあ。

けれども、弱いときこそ応援するのが、ファンというものでしょう。

球場通いは、今後も続くと思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

414 フリーパスも買えるんだって

Img_0003

地下鉄駅のきっぷ販売機で、「学都仙台フリーパス」は、買えるのか?

ムスメの答え:

買うことが、できたそうです。

ただし、年度なかばでの、更新の場合ですよ。

4月、新年度の分は、わかりません。

おそらく、窓口で「通学証明書」を提示する必要がある、はず。

ですよね。

どうやら、

地下鉄だけのフリーパス(南北線用、東西線用、南北線+東西線用がある)の「継続」については、地下鉄駅の券売機で購入できる、というシバリの模様。

なるほど。

これも、知りませんでした。

Img_0002

地下鉄富沢駅で、継続購入をしたムスメによると、

券売機でも、買えるものと、買えないものが、あるようです。

最初の画面に、ボタンが3つしかない券売機は、ダメ。

Img_0001

一方、最初に画面に、ボタンが4つあるタイプは、

こちらで、学都仙台フリーパスの継続購入が、できたそうです。

ふ~ん、これ、たぶん、通勤定期も、同じですよね?

筆者も、ためしにボタンを押してみましたが、

途中から「お持ちのイクスカ定期券を挿入してください」

となるので、

学都仙台フリーパスのイクスカを持っている人でないと、

そこから先の手順は、試せない仕組みでした。

Img_0005

くりかえします。

学都仙台フリーパスは、地下鉄専用で、かつ「継続」ならば、

地下鉄駅の券売機で購入できる、

(ただし、購入できるタイプの券売機の購入できないタイプのとがある)

ということでした。

わかりました。

Img_0006

  **

学都仙台フリーパスについて、整理しておきましょう。

(筆者は、コレ、非常に良い制度だと思っています。)

「学都仙台 市バス・地下鉄フリーパス」

使える範囲の種類は7つ。

■市バスのみ使える「市バスフリーパス」

5,140円

■地下鉄のみ使える「地下鉄フリーパス」

・南北線のみ 6,950円

・東西線のみ 6,950円

・南北線+東西線  8,340円

■「市バス・地下鉄フリーパス 」

・市バス+地下鉄南北線 10,280円

・市バス+地下鉄東西線 10,280円

・市バス+南北線+東西線 11,460円

で、

上記の金額は1か月定期の金額ですが、

3か月、6か月の定期もあります。

■注意

・大学だけでなく、小・中・高校、幼稚園、保育所等の通学も、対象。

・宮城交通は対象外。(残念。コレ何とかすべき課題だ思います。)

・利用開始日の14日前から購入できる。

・新規購入と、新年度の購入には、「通学証明書」が必要。

以上でした。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

413 定期券も買えるのね

券売機でicscaネタの、続きです。

定期券。

地下鉄の定期券って、いま、各駅で買えるようになっているのですね。

P1020283

イクスカ導入の際に、新しくなった券売機。

これに、

「地下鉄定期券を買う」

というボタンが、あるのです。

Img_0006

継続だけでなく、

どうやら、新規購入も、できるみたい。

へえ~。

ていうか、以前もコレ、当ブログで、書いたことがありましたっけ。

というもの。

かつては、

地下鉄の定期は、5駅にしかなかったのです。

とても、不便でした。

ところが。

いまや、各駅で、定期が買える。

これ、当然といえば当然かと思いますが・・

進歩したのですね。

よかったです。

  **

ところで、

「学都仙台フリーパス」は、この券売機で、買えるのでしょうか。

こんど、ムスメに聞いてみようと思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »