« 346 今年もジャガイモ植え付け | トップページ | 348 姫路のトランジットモールとは »

2015年3月29日 (日)

347 20年後の神戸にて

少し、間があきましたが、関西編の続きです。

Img_0015

姫路でのバスマップサミットのあと。

神戸に、やってきました。

平成7年1月17日、阪神・淡路大震災、発生。

あれから、20年が、たちました。

Img_0014

あの日、筆者は、実は、姫路にいたのです。

その前日は、神戸を観光していました。

2月に結婚式を控え、実家に挨拶に行き、神戸を観光して、姫路のお墓まいりをして、姫路駅前に泊まっていました。

明け方、強烈な揺れに、飛び起きました。

揺れのスピードと、体が持っていかれる感じは、今でも覚えています。

何事か、といわんばかりに、宿泊客は、みんな廊下に出てきていました。

ホテルには別状がないことがわかりましたが、これは、ただ事ではない・・・。

その日、仙台に帰る予定でしたが、交通機関が、動かず。

姫路で、もう一泊を、余儀なくされたのでした。

Img_0016
(↑三宮から「シティ・ループ」でメリケンパークへ向かいます。)

 
翌日、姫路から西の方には新幹線が動いた。

それで、岡山から飛行機で、羽田へ。

当時、東京に住んでた奥さんを家に届けて、筆者は仙台へと。

まあ、無事でよかったわけですが。

心には「わだかまり」が、ありました。

あの揺れで、スグ近くの街が大変なことになってるのに、何もせずにノホホントして帰ってきて、いいのだろうか・・。

他人事で済ませて、いいのだろうか・・。

Img_0018
(↑「メリケンパーク」で、下車しました。)

 
そんな思いが、今、何かに役立ちたい、という気持ちの原点になっている気がします。

できること、やっていこう。

ま、格好良くいえば、社会貢献かな。

交通研での活動も、その一つと、思ってはいるのですが・・。

Img_0020

さて。

「シティ・ループ」で、やってきた、メリケンパーク。

ここには、「神戸港震災メモリアルパーク」が、あります。

Img_0023

あの日、マグニチュード7.3の揺れで、破壊された波止場の一部。

ほぼ、そのままの形で、保存されています。

Img_0024

背後の都市の眺めとの、コントラスト。

復興過程を説明した展示も、ありました。

Img_0028

筆者は関西出身ですが、神戸には、あまり馴染みがありませんでした。

(某大学に不合格だったことは、内緒にしておきましょう。)

でも、あの揺れを体験した一人として、心の中に、引っかかっては、いる。

Img_0027

あれから、20年。

今回の訪問で、その重みを、自分なりに感じてみたかったのかも、しれません。

Img_0031

そのあと、メリケンパークを離れ、少し、通りを歩いてみました。

格調高い、建物。

Img_0032


歴史的価値もあるのでしょうが、ふつうに、お店が入っている。

おもしろい。

Img_0030

裏には、おしゃれな、お食事どころ。

カレーがおいしい、お店でした。

Img_0029

かなり雰囲気のある内部でしたが、フツーに、ランチに利用されている。

う~ん、仙台にも、こういうお店が、あるといいなあ。

と思いました。

Img_0033

ぶらぶらしていると、もう時間です。

「シティ・ループ」のルートに戻り、バスに乗車。

Img_0034

わが仙台の「るーぷる仙台」の元ネタが、こちら神戸の「シティ・ループ」だと、聞いたことがあります。

オシャレな街並みに、よく似合っている。

Img_0036

仙台とちがうのは、ここ。

神戸の「シティ・ループ」は、ガイドさんが、乗っているのです。

いいねえ。

語尾のアクセントが、いいのです。

あと、乗り降りがスムーズにいくように、いろいろな気配りを、してくれる。

Img_0038

もっと乗っていたいところですが、三宮に、着いてしまいました。

短い滞在でした。

神戸は、また、じっくり訪れたいと、思います。

そうねえ、今度は、一度、泊まってみたいですね~。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 346 今年もジャガイモ植え付け | トップページ | 348 姫路のトランジットモールとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 346 今年もジャガイモ植え付け | トップページ | 348 姫路のトランジットモールとは »