« 313 伊勢神宮に行くには | トップページ | 315 名古屋の地下鉄1日乗車券 »

2014年8月10日 (日)

314 伊勢神宮に行くには(2)

Img_0028


名古屋2日め。

土曜日の朝です。

はやめに起きて、7:30に、1階フロント集合。

栄から地下鉄で、名古屋駅へ向かいました。

Img_0003


東山線。

土曜の朝なのに、混んでますね。

Img_0007

名古屋は、2駅目。

地下鉄の初乗り運賃は、200円でした。

Img_0010


地下鉄名古屋駅から、近鉄の乗り場へ。

地下で、つながっています。

Img_0011


近鉄の名古屋駅も、人が大勢いました。

切符売り場にも、人が並んでいる。

Img_0012


前日に、指定席を買っておいて、よかったです。

車内も、満席状態でした。

Img_0014


名古屋から、「五十鈴川」までは、90分。

で、到着。

Img_0015


って、あれれ?

お伊勢さん「内宮」の最寄駅だというのに、ずいぶんシンプルな外観です。

Img_0017


電車をおりた人も、ほとんどいませんでした。

ホントにここで、だいじょうぶなのかな。

Img_0019


バスは、ほぼ定刻で、やってきました。

一安心。

Img_0022

バス停3つめの「神宮会館前」で、降りました。

ここから、「おかげ横丁」に入ることが、できます。

Img_0023

さっそく向かったのは、うどん屋さん。

名物「伊勢うどん」です。

Img_0024

もっちりとした、独特の食感。

うまい。

Img_0025

続いて、「赤福」本店へ。

時間が早かったので、スムーズに奥のお座敷で、食べることができました。

Img_0027

そして。

やってきました。

Img_0050

ここから、内宮へお参りです。

五十鈴川を渡って。

Img_0049

神域にふさわしい、たたずまいです。

来てよかった。嬉しくなってきました。

Img_0031

人が大勢あるいているのですが、

本来は、静寂な、森の中の場所なのでしょう。

Img_0032

川で、手を清められる場所が、あります。

これが、いいんですよね~。


Img_0033

実は筆者、小学校の修学旅行で、来たことがあります。

あれ、学生時代にも、一度来たんだっけかな。

忘れてしまいました・・。

Img_0037

巨木が立ち並ぶ、いい雰囲気。

いよいよ、拝殿が近づいてきました。

Img_0039

正宮は、階段の下からのみ、撮影が許可されています。

多くの人が、ここで写真をとっていました。

Img_0038

そして、参拝。

本家本元ですからねえ。

しっかりと、お参りしました。

  **

ご神体は、幕のむこう。

でも、拝殿のわきのほうから、中を少し見ることができるのです。

一言でいうと、感動しました!

まったく装飾のない、凛とした美しさ。

わびさび、というのでしょうか、これぞ日本の美。

来てよかった感が、繰り返し湧き上がってくるのでした。

  **

Img_0026

参拝を終え、おかげ横丁に戻ります。

お土産と、帰りの車内で飲むビールと、おつまみを、物色。

時間がないので、駆け足状態で、、、

Img_0053

で、「神宮会館前」のバス停に戻り、乗車。

バス運賃、たしか170円だったかな。

Img_0056

5分ほどの乗車で、「五十鈴川駅」に、戻ってきました。

ここ、ホントにお土産屋さんど、何もないんですね。

Img_0063

名古屋行き特急が、入ってきました。

この駅からは、あまり乗車する人も、おらず。

Img_0065

ともかく、無事に、参拝を、終えました。

カンパ~イ!

Img_0067

地ビール、2種類、おいしかったです。

疲れて少しウトウトしていると、もう名古屋駅でした。

Img_0068

到着。

予定通り、名古屋に戻ってくることが、できました。

時刻は、13時40分。

これから、いったん栄の宿に戻りました。

  **

次は、名古屋ドームへ。

前日に引き続き、ドラゴンズvsイーグルスを、観戦します。

名古屋編、続きます。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 313 伊勢神宮に行くには | トップページ | 315 名古屋の地下鉄1日乗車券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 313 伊勢神宮に行くには | トップページ | 315 名古屋の地下鉄1日乗車券 »