« 312 名古屋ドームへ行くには | トップページ | 314 伊勢神宮に行くには(2) »

2014年8月 3日 (日)

313 伊勢神宮に行くには

そもそも、可能なのでしょうか。

午前中に、「伊勢神宮」にお参りして、夕方は、野球観戦。

ナゴヤドームの、午後3時試合開始に、戻ってきたい。

いろいろ、調べました。

  **

・行き

近鉄特急 8:10名古屋 発

→9:35宇治山田 か 9:40五十鈴川

・帰り

近鉄特急 12:11五十鈴川 か 12:14宇治山田 発

→13:37 名古屋 着

  **

これで、どうでしょう?

現地での滞在時間は、およそ2時間半。

近鉄の駅から、現地へのアクセス時間を考慮すると、1時間半くらいは、確保できるのかな。

ふつうは、「外宮」をお参りしてから、「内宮」に行くんですよね。

でも、とても、そんな時間は、なさそうです。

伊勢神宮、すなわち「内宮」に、1時間。

「おかげ横丁」に、30分。

その間に、伊勢うどん食べて、赤福食べて、お土産買って?

う~む。

駆け足ですが、これで計画するしか、ありません。

 **

わからなかったのが、

「近鉄を、どの駅で下車するか」でした。

伊勢神宮のサイトには、

「宇治山田駅からバス15分」って、書いてありました。

また、「伊勢市駅」からアクセスするのが、一般的なような感じでもあります。

でも、地図みると、「五十鈴川駅」のほうが、内宮に、近い。

で、バス会社のサイトをみてみるのですが、どうも、よくわかりません。

  **

それと。

JRで行く、っていう手も、ある。

JRのほうが、安いのか?

でも、この場合は、「伊勢市駅」からのアクセスになります。

たとえば、

・7:47 名古屋駅発「快速みえ」鳥羽行き

→9:28伊勢市駅 着

乗車券2,000円+指定席券520円です。

朝、少し早いですが、着く時刻は、同じくらい。

でも、近鉄が運賃+特急料金で「宇治山田駅」まで2,770円ですから。

う~ん。

バス代も含めて比較しないと、どちらが安いかは、判りません。

やっぱり、所要時間が、短いほうかなあ。

  **

で、決め手になったのは、

路線図ドットコム

http://www.rosenzu.com/kankou/ise.html

のサイトでした。

これ、バスマップサミット仲間のサイトです。

名古屋・東海地区の、というイメージがありましたが、伊勢方面もOKなのですね。

親切な、つくりです。

駅とバス路線と、外宮・内宮の位置関係が、一目瞭然。

これで、疑問が、氷解しました!

  **

要は、

バスは、ざっと、次のコースで走る。

宇治山田駅→伊勢市駅→外宮→五十鈴川駅→内宮

ていうことは、「内宮」だけ行く我々にとっては、最短時間で行くなら、「五十鈴川駅からバス」。

今回、時間が優先なので。

決まり!

  **

あとは、内宮のお参りに、どれくらいの時間をみるか、です。

これは、地元の人に聞くのが、いちばん。

近鉄特急の指定券を、前日に、購入するとき、尋ねてみました。

「内宮の入口の橋のところの鳥居から、一番奥の、お参りするところまで、30分で行けますか?」

窓口の方の答えは、「YES」。

じゃあ、この列車で行きましょう。

てことで、前日に、指定券をゲット。

最終的には、次のプランに、なりました。

【行き】

7:30 栄のホテル発 →地下鉄で名古屋駅へ

8:00 近鉄名古屋駅 着

8:10 【近鉄特急】 賢島行き 発

9:40 五十鈴川駅 着

9:45 【バス】五十鈴川駅前からバス乗車

9:50 神宮会館前 バス下車 →おかげ横丁へ

10:00 おかげ横丁「ふくすけ」 伊勢うどん 食べる

10:15 おかげ横丁「赤福本店」赤福 食べる

10:30 内宮入口 →内宮参拝

11:20 内宮入口に戻る →おかげ横丁 お土産買う

11:40 おかげ横丁 発 →神宮会館前バス停へ

11:51 【バス】神宮会館前からバス乗車

11:56 五十鈴川駅でバス下車

12:11 【近鉄特急】 五十鈴川駅から 名古屋行き 乗車

13:37 名古屋着

→いったん栄の宿に戻り、ナゴヤドームへ(15時プレイボール)。

  **

まさに、分刻み(笑

さて・・・、

無事、行けるのでしょうか。

(続く)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 312 名古屋ドームへ行くには | トップページ | 314 伊勢神宮に行くには(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 312 名古屋ドームへ行くには | トップページ | 314 伊勢神宮に行くには(2) »