« 201 おしゃれな神戸のループバス | トップページ | 203 阪神電車で甲子園へ(2) »

2012年6月17日 (日)

202 阪神電車で甲子園へ(1)

Img_1980

甲子園球場は、大阪と神戸の中間あたりに、あります。

住所が西宮市なので、兵庫県なのですね。

球場のスグ近くに、阪神電車の「甲子園駅」が、あります。

大阪梅田から、特急で13分、260円。

神戸三宮から、特急で18分、260円。

Img_1979


初日は、神戸の三宮駅から、14:58の直通特急に、乗りました。

20分も、かからない。

あっという間です。

甲子園駅でおりると、高架の向こうに、もう球場が見えています。

もちろん、帰りの切符は、買っておきます。

Img_1983

さて、やってきました、甲子園球場~。

開門の16:00まで、30分以上ありますが、いろいろと、見ておきたい。

外周をぐるっとまわり、「甲子園歴史館」へ。

Img_1990

ここは、おもしろかった。

野球好きには、たまらない施設ですね。

展示は、とても充実していました。

大人500円でしたが、満足です。

なんと、1時間くらい、みてました。

Img_1991_2

で、買い物を済ませ、スタンドへ。

ビン・缶は、持ち込み禁止で、紙コップへ移し替えます。

そのほかは、特に禁止されていない模様。

そもそも、飲食物持ち込み禁止の球場って、わがKスタ宮城くらいなのでは?

ただし、甲子園の場合は、いちど場外へ出ると再入場はできない、とのことでした。

Img_1994_2


土日の2日間とも、チケットは完売し、満員でした。

土曜日の試合は、ナイトゲーム。

いわゆる浜風が、心地よく吹きぬけていきます。

試合は、4回に先制され、0-1で終盤へ。

塩見投手が粘るも、苦しい展開。

すると、7回。

まさかの、テレーロ! 逆転ツーラン!!

その後、互いに1点ずつとりあい、4-3でイーグルスがリード。

緊迫した展開。

Img_1997

8回2死からは、筆者イチオシの青山浩二投手が、登場。

9回もきっちり締めて、ゲームセット!

イーグルス、勝ちました~!!

大興奮の一戦でした。

  **

さて、帰りは、

電車に乗るまでが、大変でした。

多くの阪神ファンは、さっさと球場を後にします。

その間、我々イーグルスファンは、スタンドに残り、応援の「二次会」で盛り上がってた。

その時間差をつけても、駅前は、大混雑でした。

行列がものすごくて、なかなか、改札まで、たどりつけません。

Img_2001

こういう人の滞留は、仙台では、あまり見ることが、ありません。

たとえば大曲の花火大会のあとって、こんなかんじだったと思いますが・・・。

  **

でも、敵地で勝つというのは、格別のものが、ありまして。

まわりの阪神ファンの憤怒うずまくなか、我々は、モウ楽しくて、しょうがない。

(スミマセン・・・)

もちろん、イーグルスのユニホームは脱いで、そしらぬふり。

行列に埋もれた待ち時間も、このときばかりは、たいして気になりませんでした。

でもって、改札さえ抜ければ、けっこう流れはスムーズに。

臨時の電車が、バンバン出ているようなのです。

満員電車に揺られ、やがて、大阪梅田に着きました。

Img_2005

お好み焼きで、祝勝会~。

曽根崎にある、有名店「Y」の本店です。

すっかり満足。

歩いて、中津の宿へ向かいました。

翌日の日曜日は、デーゲームです。

ていうか、すでに日付は変わりつつありましたが・・・。

(続く)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 201 おしゃれな神戸のループバス | トップページ | 203 阪神電車で甲子園へ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 201 おしゃれな神戸のループバス | トップページ | 203 阪神電車で甲子園へ(2) »