« 127 基本は歩き | トップページ | 129 プラネタリウムへ行くには »

2010年12月12日 (日)

128 ママチャリで街中へ

何度か、ママチャリで、仙台の街中まで行ったことが、あります。

マイカーを手放し、チャリ移動が多くなってから、年に2~3回くらいかな。

Img_1476

先日は、富沢の自宅から、メディアテークまで、行ってみました。

国道286号から愛宕大橋→東二番丁通りと、比較的広い道路で、ほとんど平坦なので、走りやすいコースでは、あります。

ただし、車道は、怖くて走れない。

ホントは車道を走らなければならないのでしょうが、歩道に自転車レーンのある箇所もあるので、ずっと歩道をトロトロ走らせていただきました。

 
所要時間は、地下鉄で行った場合と、あまり変わりません。

地下鉄だと、だいたい35分前後。

自転車だと、この日は40分強で、メディアテークに着きました。

 
ママチャリでなく、スポーツタイプの自転車で、まじめに走れば、もっと早いと思います。

 
   ***   ***   *** 
 

さて、比較的ラクに走れると思われる、このコースにも、「関所」が、2箇所あります。

 
1つめは、東二番丁通りと青葉通りの交差点の、地下歩道。

2つめは、電力ビル前の自転車降りてくださいゾーン。

 
この2箇所には、閉口してしまう。

なんで、こんな仕打ちを受けなきゃならないのか~、と、文句の一つも、いいたくなる場所です。

 
以下、写真レポートで、どうぞ~。 
  

Img_1453
↑国道286号・鹿野付近。自転車レーンあり。

 
Img_1454
↑大年寺付近。ちょっとアップダウン。

 
Img_1455
↑自転車は狭い専用コースに誘導されます。

 
Img_1456
↑この幅で擦れ違うのは、しんどいなあ。

 
Img_1457
↑歩道と合流して広くなりました。ホッ。

 
Img_1458_2
↑根岸の交差点の手前まで来ました。

 
Img_1459
↑越路のあたり。歩道、広いです。

 
Img_1460
↑愛宕神社の付近。ちょっと上り坂。

 
Img_1462
↑愛宕大橋へのカーブ。ここも狭い~。

 
Img_1464
↑愛宕大橋の手前。市街地が見えてきました。

 
Img_1466
↑愛宕大橋を渡ります。

 
Img_1467
↑五橋に向かって、少し上り坂です。

 
Img_1468
↑どんどん抜かされる。

  
Img_1469
↑自転車レーンがないので、遠慮して走ります。

 
Img_1471
↑東二番丁通り。ここは歩道が広い。

 
Img_1472
↑こっちを通りなさい、と書いてあります。
 

Img_1473
↑東二番丁の郵便局あたり。快適~。

 
Img_1477
↑このくらいの道幅が理想でしょう。

 
Img_1478
↑と、出ました。第1の関所、地下歩道。
 

Img_1481
↑自転車の方は降りて通行して下さい・・・

 
Img_1479
↑自転車を押して、歩いて地下へ。
 

Img_1483
↑トコトコ押して歩きます。

 
Img_1484
↑これ、押して上れって・・・。

 
Img_1485
↑地上へ。気を取り直して、走ります。

 
Img_1486
↑で、2つめの、関所。 

 
Img_1490
↑自転車を降りて歩こう区間・・・

 
Img_1488
↑時間のロス・・・。ブツブツ。

 
Img_1491
↑ふたたび、気を取り直して、走ります。

 
Img_1492
↑タワービルの前あたりまで来ました。
 

Img_1493
↑自転車は、どこを走ればいい?
 

Img_1494
↑定禅寺通りの手前まで来ました。
 

Img_1497
↑左折して、定禅寺通りに入ります。
 

Img_1498
↑歩道を走っていいものなのか。疑問・・。

 
Img_1501
↑春日町の交差点。軽く汗ばんでおります。
 

Img_1502
↑せんだいメディアテークに到着。

 
Img_1503
↑で、駐輪場は満杯・・・。(置けましたが) 

 
   ***   ***   *** 

 
ま、いろいろモヤモヤ感は、ありますが、

お金もかからないし、運動にもなるし、たまには、チャリ移動も、いいものです。

 
あとは、置くところですよね。

Img_1495

↑上の写真のように、

駐輪禁止区域を示す看板の下が、なしくずし的に(?)駐輪場のようになっている光景も、みかけました。

でも、それだけ需要があるんだから、せっかく歩道も広いんだから、こういう場所は、逆に駐輪場として整備したっていいのでは、と思ってしまいましたね。

 
(ちなみに、11月上旬の日曜日のことです。)

 
 それでは~

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 127 基本は歩き | トップページ | 129 プラネタリウムへ行くには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 127 基本は歩き | トップページ | 129 プラネタリウムへ行くには »