« 29 若林図書館へ! | トップページ | 31 続2・若林図書館へ »

2009年1月25日 (日)

30 続・若林図書館へ

とある12月の、土曜日。
行く先は、若林図書館です。

自宅のある富沢から、仙台市営地下鉄で、仙台駅へ。
仙台駅前のバスプールを、めざします。

地下鉄の改札を出てから、バスプールへ上がる階段で少し迷いましたが、
なんとか「6番のりば」に、たどりつきました。
Wakabayashi_1227013

ここからは、下調べ(前回の記事参照)を、してきたとおり。
あとは、間違えずにバスに乗ればヨシ。

と、いっても・・・

待っている間に、何本か、バスが入ってきます。
時刻表どおりに来るわけではないので、
このバスでいいのか違うのか、見分けなければなりません。

そこで、系統番号。
今回、「6番乗り場から430」に乗るって、メモしてきたので、
ひたすら

 「よんさんまる、よんさんまる」

と、モゴモゴ唱え、やってくるバスを睨みつける。(笑

で、
5分遅れて、入ってきました。

コレだろ。430。
Wakabayashi_1227019

「430」って書いてある。これで、間違いなさそう。
Wakabayashi_1227020_2 

ってことで、乗りました。

はあ~、一苦労。

でも、これで、一安心。

 

バスの中は、思ったよりも、人が乗っていましたね。
(席が、半分くらい?埋まっていました。)

 
で、
乗車時間は、15分ちょっとで、到着~。

これが、「若林区文化センター入口」
Wakabayashi_1227025

え~っと、・・どこにも見当たらないやん。

文化センターも、図書館も。

ちょっと、わかりづらい立地ですが、
ネットを印刷して持参した案内図をみて、なんとか方向がわかりました。

ここから徒歩1分、とありましたが、う~ん。
ま、3分はかからないけど、1分で着くのかな、っていう距離でした。

Wakabayashi_1227026
ヤレヤレ、到着。
若林図書館は、若林区文化センターの中に、あるのでした。

 

さて、
運賃は、といえば、

仙台駅前→若林区文化センター入口 :220円でした。

この時点で、

 地下鉄:富沢→仙台 290円
 バス: 220円
 計:510円 かあ。

 

ここで、
「地下駐車場」の看板が、目に入りました。

「有料」、とのことです。
Wakabayashi_1227027

駐車場、いくらかな?

値段みておこう。
Wakabayashi_1227028
↑「1時間100円」です。

え?? 

ひゃ、ひゃくえん!

1時間クルマ停めて、100円!?

こ、これって・・・ (安っ!)

 
う~ん、
“公共交通を利用しましょう”なんてフレーズ、ぶっ飛んでしまいますよね。

こんな寒い思いして、時刻とかも一生懸命調べて(←前回の記事へリンクあり)。

手間かけて来たのに・・・。

 
さすがに、メゲそうになりました。 

 

クルマ・・ ああ、クルマ・・・。

 

(次回へ続く)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 
****** 

追記:

地下鉄仙台駅の改札を出て、バスプールに上がる階段のところ。

知らない人は、ぜったい間違うと思います。
Wakabayashi_1227005

バスプールっていう矢印のまま、最初に見える階段を上がっても、
目指す「6番のりば」は、ありません。

バスプールは、2つの「シマ」に分かれているので、
上がる階段も2箇所にあって、どちらかを選ばなければならない。

横のほうにある看板↓を、めざとく見つけて・・・・
Wakabayashi_1227007

それはモウ必死の思いで、どちらの階段か、判断しなければ、なりません。
Wakabayashi_1227006

地上に出てから、間違った! って気づいた時は、ショック。

もう一度、階段を下りて、移動して、別の階段を上って・・・
(エレベーターもあるそうですが)

目的の乗り場があるかどうかは、運次第ですね。 (おいおい)

で、今回の「6番のりば」へ行くには、
奥のほうの階段(南側・つまりエスパルのほう)から、
地上にあがると、OKでした。
ヤレヤレ。
Wakabayashi_1227010

とにかく、いろいろ大変です。

****

(次回は、若林図書館からの「帰り編」です。)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

|

« 29 若林図書館へ! | トップページ | 31 続2・若林図書館へ »

コメント

若林図書館までの遠征お疲れさまでした。
若林区役所も同様なのですが、バスの路線が仙台駅を中心に広がっているため、同じ区内でも路線でつながっているか、否かで、とても行きにくいところになります。

舟丁や広瀬川沿いの河原町地区などは、距離がなくても区役所に行くのは一苦労です。車がないため70歳を越えた人が歩いて行く始末です。

循環バスも昼間はありますが、2時間に1本で、ほとんど認識されていません。
ここを起点としたコミュニティバスでもあればよいですよね。
河原町駅から100円バスなどは、理想的ですよね。

それにしても料金かかりましたよね。
知っていると、
富沢→五橋240円
市立病院前→若林区役所180円
と乗り換えると、時間も料金もかなり違ってきます。
でも、これも私が「沿線利用者」なので分かることですから、
いきなりでは難しいところですよね。

もし地下鉄+バスの一日券が700円ぐらいであれば、こういうことも気にしなくてもよいのにね。

さて、さて、『行き』に対して帰りはいかに・・・。
帰路のお話楽しみにしておりますよ。

投稿: としあき | 2009年1月26日 (月) 09:23

↑そうなんですよ。
往復1,000円以上とかになってくると、じゃー近所でリサイクル本を探して買ったほうが安いかも、とか考えてしまいます。

次回、帰り編は、2/1(日)のアップ予定です。
コメントで、いろいろ教えていただいたことを、身をもって体験したワケです。ま、いい経験になりました。(笑

バスの初心者マークがとれるのは、いつの日か・・・
 

投稿: トゲネコ | 2009年1月26日 (月) 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 29 若林図書館へ! | トップページ | 31 続2・若林図書館へ »