« 28 はつもうで2009 | トップページ | 30 続・若林図書館へ »

2009年1月18日 (日)

29 若林図書館へ!

年末のこと。
お正月休みに読む本を借りに、若林図書館に行きました。

家が富沢なんだから、太白図書館のほうが近いのですが、
なんだか、品揃え?が、違うのです。
仙台市図書館のWEBサイトで、蔵書を検索すると、
お目当てのジャンルが、若林図書館に、けっこうある。

リクエストで、取り寄せもできるらしい。
でも、この本、と決めているわけではないので、実際に棚を見て、手にとって探したいのですよ。
こういう場合は、行くしかないですね。

以前は、クルマがあったので・・・。

雨だろうが、寒かろうが、クルマでなら、いつでもホイホイ出かけられました。
でも、今は、マイカーがありません。
年末を迎えたこの季節、北風吹く中、チャリこいで行くってのも、ツライ。

ヨシ、一度、バスで行ってみるゾ!
 

で、下調べ↓

たぶん、五橋あたりから、バスに乗ればいいのだと思いますが、
ま、初めてだし、仙台駅前から、バスに乗ることにしましょう。

仙台市交通局のWEBサイトで、バスを検索:
Hp

「施設から探す」で、「若林図書館」を指定すると、

最寄のバス停は、
 「若林区文化センター入口」
 「若林区役所前」 と、2つ表示されます。
Photo

どっちにすれば、いいのかな? 
はやくも、イヤになってきました・・(笑

ていうか、
図書館のWEBサイト↓をみれば、わかりました。
Hp_2

・市営バス「若林区役所前」下車 →徒歩3分
・市営バス「若林区文化センター入口」下車 →徒歩1分
と、書いてある。

徒歩3分と、1分の差です。

寒い中、歩きたくないので、
「若林区文化センター入口」から「徒歩1分」のコースを、選択することに。

ってことで、
交通局のサイトに戻って、「若林区文化センター入口」を、クリック。
Photo_2

みると、「沖野線」「南小泉線」が、いけるみたい。
所要時間13分、14分など。

けっこう近いのですね。

ダイヤは?

「仙台駅前」という文字をクリックすると、仙台駅前の発車時刻表が、表示されます。

行くのは土曜日なので、あらかじめ「土曜日」を、指定しておきました。
(ちなみに、「土曜日」と「休日」は、別ダイヤです)
青に塗ってある部分が、目的のバスということでしょう。

まず、「沖野線」
02
あ~これはダメ。1時間に1本しかない。
各30分の発車ですね。

つぎ、「南小泉線」
03
う~ん、これも1時間に1本か・・・。
各00分の発車です。

でも、これらを組み合わせると、30分に1本あることに、なります。
ま、上出来でしょう。

あと、
お金は、いくらかかるのか。

残念ながら、バスの運賃は、検索できないんですよね~

いろいろ探すと、交通局のトップページに、「主な路線と運賃」のタグが、ありました。
入っていくと、
「若林区役所」までは180円と、出ています。

これが「若林区文化センター」までなら、いくらなのか。
行ってみないと、わかりませんね。

さて、
せっかく調べたのだから、
仙台駅前の乗り場と、それぞれの系統番号を、メモしておきましょう。

・「沖野線」 各30分発→系統番号435か436 : 5番乗り場
・「南小泉線」 各00分発→系統番号430 : 6番乗り場

これで、下調べはオッケー。

 

あ? ちょっと待った! 

サイトに、注意書き発見↓
「複数の路線が運行している場合、系統番号順に表示されます。便数の多い路線が下部に表示される場合がありますので、ご注意ください。」だと。

・・・知るか、そんなもん。
また調べなおすのは面倒なので、モウこれで行くことにします。

要するに、地下鉄で仙台駅まで行って、
仙台駅前バスプール 「5番か6番の乗り場」 から、
系統番号「435か436(各30分発)」か、「430(各00分発)」に、乗ればいいのだ。

あ~、疲れた!
ここまで調べるので、一苦労ですわ。

クルマなら、地図みて場所確認すれば、済んだのにイ。

いやいや、
こんなことくらいでメゲていては、この先やっていけそうもない。
さあ、気を取り直して、出発ですよ~

(でも不安・・・・)

 
続く。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

------------
ちなみに:
(わざわざ何の本を探しにいくわけ?)
今回のターゲットは、“レイライン”に関する本。(なんですか、それは・・)
もともと(自称)古代文明オタクなもんで、超古代とか宇宙論とか、かなりマニアック部分を読んでいるのです。
(バスに関しては、マニアではありませんよ・笑)

そもそもは、秋に仕事で七戸に行った帰り、以前からずっと気になっていた旧戸来村の「キリストの墓」を訪問したのをきっかけに、古代文明熱が、再燃。
その足で、同じ新郷村にある「大石神ピラミッド」なんかも見てきまして、さらに加熱。
(あの辺、大湯のストーンサークルとか、黒又山とか、興味深いものが集積しているんですよね~。)

ちょっと、そのあたりの知的好奇心?をそそられて、何か読みたくなったというわけでした。

それにしても、若林図書館って、古代ナントカ文明の謎とか、トンデモ本のよーな、その手の本、多い気がする・・・。(たぶん気のせい)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

|

« 28 はつもうで2009 | トップページ | 30 続・若林図書館へ »

コメント

こんにちは。お世話さまです。
市街地の図書館としては、宮城野図書館と同様、地元民以外にはアクセスしにくい若林区図書館へようこそ。この図書館、自宅から徒歩5分のところにあり、おなじみの場所であります。

初めて来ると、若林区役所と文化センター入口どちらで降りるか迷いますよね。実は、区役所バス停は、土休日も含めて終日10分間隔でバスが来きて、加えてここ境に一気に料金がアップします。こんなこともあって、地元民は、区役所バス停を使う人が多いんですよ。仙台駅方向から乗って来ると区役所でたくさん降りるのは、そのせいだと思います。

以前、どっちのバス停が図書館付近まで早いか、家族で論争になりまして試したことがあります。

結果は、タイミングにもよりますが区役所の方が早いようです。区役所バス停で乗り降りに時間がかかり、その上、ウルスラ学院の交差点で右折待ちすると、区役所で降りて、敷地を横切って歩いた方に軍配でした。

図書館には「ジャジャ」というイタリアン系の洋食屋もありますので、ピザなどを食べて一休みに使ってみてください。


さて、どのようにアクセスしたのか、続きを楽しみにしておりますね。


投稿: としあき | 2009年1月20日 (火) 09:47


そーなんですよね・・
行ってから、よ~くわかりました。
本当は、若林区役所前で、おりるべきだったんです・・。
次回は、行き編のレポート。まだまだ、グダグダは続きます。
1/25にアップの予定です。
 

投稿: トゲネコ | 2009年1月20日 (火) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 28 はつもうで2009 | トップページ | 30 続・若林図書館へ »