« 11 続・夏は海水浴! | トップページ | 13 クルマのない街に »

2008年9月11日 (木)

12 続2・夏は海水浴!

(夏休み家族旅行スペシャル?・第3回)
Pict0053

クルマがなくても仙台から海水浴にいけるのか??
前回から続いて,感想編です。

◇地下鉄仙台駅と,JR仙石線への乗り換えについて・・・
地下のホームどうしがつながっているので,スグです。
便利なのですが,仙石線の駅の名前が「あおば通駅」 ・・・コレ,実際に行ってみないと,乗り換え可能な位置関係だと把握するのは,難しいと思いました。
おまけに,「あおば通駅」が“始発駅”だということも,直感的にイメージしづらいですよね。
(仙石線の「仙台駅」は,いわゆる“東口”のほうに位置しています。ややこしや~)
 

◇海水浴客が仙石線を利用することについて・・
いかにも海水浴だよアノ家族,って目でみられたら恥ずかしいナ・・と,行く前は,思っていました。
10時台に出発する“マンガッタンライナー”だったのですが,夏休みの日曜日とあって,リュックサックを背負った子供連れの方や,いかにも観光です,といった方々もおられて,一安心。ウチだけじゃなくてよかった・・・

車内は,思ったより空いていました。仙台駅~松島間で,席がかろうじて埋まったくらい。ただし,帰りの14時台野蒜駅発の快速は,野蒜駅からは座れたものの,松島からは席が埋まり,立っているお客さんが多かったです。
ちなみに,行きの野蒜駅では観光とおぼしきグループの方なども降りましたが,家族客は,ウチだけでした。
 

◇クルマがないと海水浴に行いけないのか??
そんなことはないです。だって,行きましたもの(笑
楽しかったですよ~,とっても。

つらかったのは,野蒜駅から海岸まで,歩くこと,15分? 
いや,堤防に出てから,けっこうありましたからね~ 20分くらいかかったでしょうか。
ま,なんだったら,ここはタクシー乗ってもいいのです。
野蒜駅前には,タクシーがズラ~っと,並んでいましたし。

トータルで考えると,家を出たのが9時半。昼のおにぎりを作っても,けっこう楽チンな時間でした。
で,11時には海に着いてしまいましたので,1時間半あれば,来られるってこと! そんなに長い行程では,ありませんよね。

問題は,荷物。
今回,曇りがちで,ビーチパラソルは結果的には不要でしたが,もし持っていくとなると,これは電車ではムリでしょう。

対策としては,もう,お金を払って,海の家にスペースを確保する!
ちなみに,野蒜海岸では,大人一人500円でした。
(ただし,シャワーや更衣室は別料金)
 

◇電車で子供が飽きないか
これは・・・普通は,飽きますよね。
放っておくと,やっぱりグズグズと,うるさいです。
で,必死で(?)相手をしてやります。

言葉で遊べるゲームとか,しりとりの類とか,イロイロ持ち出して。
4人対面シートなら楽なのですが,通勤車両と同じ向かい合わせの座席なので,親子4人横並びでコレをやるのはツライのですが・・・・

切り札は,“あやとり” です。ウチの場合。
「やる?」とか言わずに,“ひとやま”とか“ホーキ”とか作ってると,子供のほうから,「貸して貸して」と寄ってきて,あとはしばらく勝手に遊んでいます。これなら迷惑もかからないし。

でも,40分弱で,着いてしまいますから。
そんなに苦痛では,ありませんでした。

あと,そうそう,ふと思ったのですが・・
むしろ,子供たちの教育?には,いいのじゃなかろうか。

どこかで,聞いたことあるんですよね。
子供が小さい頃からマイカーでしか移動しないと,“公共の場”での振舞いを身につけることなく育ってしまい,社会性の発達を阻害する,みたいな話を・・・。

電車の中の子供たちをみてると,案外ソレってあるよな~,と思いました。
もちろん,最初は,大声だしたり,だらしない格好をしたり,そして親が注意すると機嫌がわるくなったりって,モウこっちがイヤになります。
ところが,なんとなく,周りの視線を感じるのでしょうか,子供心にも,“恥ずかしい”とか,“ちゃんとしなきゃ”とか,徐々にですが,感じているのかも,って・・・。

どうでしょうね。

かわいい子には旅をさせよ,とは少し違いますが・・・

いかがでしょう。
みなさんは,お子さんと,電車に乗れますか?

 

Pict0059
野蒜海水浴場から“かんぽの宿松島”へは,
サイクリングロードをトコトコ歩いて10分弱くらい

Pict0061
帰りも歩いてJR野蒜駅へ。
熱中症とかならなくてよかった?

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

|

« 11 続・夏は海水浴! | トップページ | 13 クルマのない街に »