2021年10月10日 (日)

526 定禅寺通2021社会実験を考える

Img_3914

8月上旬から、9月上旬にかけて。

定禅寺通で、周辺エリアの活性化に向けた、社会実験が行われました。

Img_3949

注目すべきは、「車線規制」です。

もちろん、定禅寺通のイベントのとき、車線の数を減らすことは、珍しいことではありません。

ジャズフェス、青葉祭り、ページェントのサンタパレード、などなど。(コロナ禍の前は。)

しかし、

街づくりを意図して、その効果を測定するというのは、初めてではないでしょうか。

では、実験を振り返ってみましょう。

Img_3901

******

■定禅寺通活性化検討会/大規模社会実験「JOZENJI STREET STREAM」

・2021年8月20日(金)~9月7日(火)

※車線規制/8月18日(水)深夜~9月10日(金)早朝に、定禅寺通の東二番丁通~西公園通の区間

Img_3916

 

■コロナ禍の状況

・第5波の渦中で、8月20日から宮城県では2回目のまん延防止等重点措置が適用。

・8月27日から、宮城県は緊急事態宣言の対象地域に。

・仙台市では、8月30日から主な市民利用施設の利用を休止に。

・るーぷる仙台も、8月30日から休止。

・飲食イベントにおける酒類の提供は、実験当初から中止。

・緊急事態宣言の発出後は、物品販売や飲食ブースも全て中止。

Img_3915

 

■感想

○車への影響は正直、わからなかったのでは。

そもそもコロナ禍で外出や移動が少なく、交通量自体が通常より少なかった感がありました。

だから、車線規制が交通流にどのように影響したかについては、う~ん、どうだったのかなあ、という感じでしょうか。

日中は渋滞がひどくなったという話は、特に聞こえてきませんでした。

Img_3929

 

○路線バスは

車線規制により、特に運行に支障をきたした、ということもなかったのではないでしょうか。

前述のとおり、交通量自体がコロナ禍で少なかったので、そのあたりをどう考えていいのか、ですよね。

これまで定禅寺通のイベントでは、路線バスは迂回をするなど、どうも邪魔者扱いのようなイメージが、ありました。

しかし、

本来であれば、イベントのときこそ「路線バスで来てください」というのが、あるべきが姿なのでは、、、。

そういう意味で、車線規制をしても、路線バスの利便性を確保できるようにしていく契機になればよかったと思うのですが。

そのあたり、どういう評価になるか、とても関心があります。

Img_3921

 

○自転車は

今回の実験で、自転車の利用者から挙げられた苦情?を多く目にしました。

それは、歩道を自転車の走行は不可としたため、でしょう。

Img_3953

警備員さんが、随所で

「自転車は降りて押してください」「車道を走行してください」とお願いしていました。

車道には、左端に、青い矢羽や直線で、自転車の通行箇所が表示されていました。

Img_3923

筆者はというと、

自転車の車道通行については、(慣れているせいか?)特に危険や不自由を感じませんでした。

というより、むしろ、通常の車道よりも、走りやすくなっている部分もありました。

というのは、青い矢羽で示された自転車通行箇所が、最も左側の車線の左端にではなく、車線規制された1車線を利用して設定されていたのです。

Img_4021

このため、同じ車線内でクルマと自転車が接近することなく、自転車はクルマが走らない車線の一部を走行することができました。

まあ、お約束のように路上駐車があり、後方からくるクルマを気にしながら右側をパスすることは、必要だったのですが。

しかしながら、自転車に関しては、課題と思われることが、たくさん出てきたように思います →後述します。

Img_4013

 

○歩行者は

これも、歩行者の数じたいがコロナ禍で少なかった、というのがありました。

しかし、緊急事態宣言が出ていなかった前半は、それなりに露店などもあり、ゆったりした歩行空間を、木漏れ日の中歩く楽しさを感じることもできましたね。

歩行者の立場からすると、これが、あるべき姿だといいなあと思いました。

Img_3905

逆に、

ふだん、前から後ろから自転車が好き勝手なスピードで行き交う歩道って、異常事態といってもいいんじゃないか、とも感じましたね。

せめて、「自転車通行可の標識がある歩道であっても歩行者が優先で、自転車には歩道の車道側を徐行する(歩行者の妨げになるときは停車する)義務」を、

自転車のみなさんが守ってくれればいいのですが、

現実は誰もそんなこと守ってないし、

そもそも、それが道路交通法という法律に基づいているルール(「マナー」のレベルではなく)だということを知らないし、

警察も行政も、歩道での自転車の交通違反を積極的に取り締まろうとはしてないように見えるし、、、。

Img_3936

そうした歩行者の安心・安全を守ろうとする意識や体制の貧弱さが見えてしまったといいますか、

そこは残念に、思われました。

Img_3931

 

○まちの活性化って?

Img_3934

これも、コロナ禍で、予定されたイベントの大半が実施できなかった模様なので、効果はなんとも言えないかと。

しかし、この社会実験で、何を試して、それを将来のどのような姿に活かしていくのか。

めざす将来像といいますか。

そのあたりが、ちょっとみえなかったかなあ、という印象です。

Img_3939

たとえば、

車線規制に赤白のカラーコーンやガードレールを設置しているわけですが、

何か明るい未来への期待感を抱かせるビジュアルではなかったですね。

ただ、カラーコーンで車線を使えないようにしているだけの空間の目立ちました。

Img_3942

そうですねえ、

なんでしたら、そこを駐輪場に活用したり、

車道を走行する自転車だけが利用できるドリンクサービスのスポットにしたり。

あるいは、

将来ここをこのように活用することを考えてますがどうでしょうか、みたいなイメージ図を掲示したりとか。

歩行者はもとより、規制される側のクルマのドライバーにも見える形で、

示すことができたら良かったのになあ、と思いました。

Img_3947

さらに、全体として、何がどう活性化されて、誰にどのようなメリットがあるのか。

そこを強く訴えていかないと、賛同したくてもできない人もいるのではないか、と感じました。

Img_3920

 

■課題と感じたこと

○その1/自転車むけ信号の運用

Img_3995

車道を通行する自転車は、車道用の信号機に従うのが普通と思います。

定禅寺通には、スクランブルといいますか、歩車分離式の信号の交差点があります。

でもこれ、「車道用の信号も同じ方向の歩行者用の信号も青」の場合は特に迷わないのですが、

スクランブルの場合は、「車道が赤」で、同じ方向の「歩行者が青」のときが、あるんですよね。

Img_3996

ここでどっちの信号に従うのが正解なのか、

自転車だけでなく、歩行者、そしてクルマのドライバーも正しく理解していないと、

交錯して事故になるおそれがあると感じました。

Img_3928

 

○その2/自転車が双方向に走行できない不便の解消

Img_4024

歩道で、自転車の通行が認められている場合、仙台の中心部はほぼそうなのですが、

法律上は徐行が義務付けられている(ですよね?)ものの、両方向に、通行できます。

たとえば、メディアテークの前の歩道を、西にも、東にも、自転車で通行できるわけです。

しかし、通行(乗って走行)できるのが車道のみ、となると、

今回の運用では、西に行くには西行きの車線を、東に行くには東行きの車線を、それぞれ通行せねばなりません。

これ、欧米などでは、どうしているのでしょう。

Img_3977

あたりまえといえばあたりまえなのですが、これまで出来たことができなくなるのは、やはり不便と感じる人は多いはずです。

自転車の通行(乗って走行)を車道に限定するならば、両側に西行きも東行きもできるスペースを確保するとか、そういう措置が必要と感じました。

Img_3926_20211009230001

 

○その3/自転車の通行ルールの「そもそも」が守られていない?件

自転車にとって不便、と感じた方は、ふだん、歩道をどのように自転車で走行されているのでしょう。

ちゃんとルールを守られているのでしょうか、その疑問が拭えないです、、、。

たとえ、

自転車通行可の青い標識があっても、

歩道に「自転車通行指定部分」のレーン表示がされていても、

歩道では、自転車は徐行の義務があると、道路交通法で定めていますよね。

歩道に描かれた自転車通行指定部分のルールをおさらいすると、

  • 自転車は、自転車通行指定部分を、徐行しなければなりません。
  • また、歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければなりません。
  • ただし、自転車通行指定部分を通行し、または通行しようとする歩行者がないときは、安全な速度と方法で進行することができます。

(道路交通法を参考に筆者作成。あってますよね?)

となるかと思います。

それが守られていれば、

今回、車道部分に、しかもクルマの走行が規制された車線に自転車の通行位置が示されて、

そこを通行してくださいという運用は、「通行しやすくなった」と感じるのではないか、と思うのですが。

どうでしょう、、、。

Img_4004

 

○その4/車道で自転車・クルマが共存できるには

Img_3912

まず、歩道は、歩行者の安心・安全が確保されてほしいです。

誰もが快適に、例えばベビーカーの方やお年寄りも含め、楽しく歩ける空間であってほしいです。

そのためには、

歩道を自転車が好きなスピードで走ってる違法状態が現状だと思うので、それは改められてほしいと思います。

しかし、自転車が車道を安心・安全に走行できるかというと、そうとは言えないのも、また現状かと思います。

したがいまして、

自転車が安全・安心に車道を走行できる、車道上の専用レーンの設置が必要と思います。

次に、

クルマのドライバーの意識ですよね。

自転車は、車道を走行するのがアタリマエ、という考えが浸透しないと。

でも、これを実現するのは、たいへんなことだと思います。

Img_4011

けれども、

今回の実験をとおして、これに取り組み、改善しなければ、

定禅寺通の車線規制、そして活性化の将来は描けないのではないか、そんな気さえしてきた次第です。

Img_4017

 

○とはいえ総合的には

Img_3927

今回の社会実験は、なにもコロナ禍の今年に実施しなくても、、、という感が否めないことは確かでしょう。

車線規制による交通流の影響や、活性化への寄与を、正しく測定できたのか、

という疑問に、説得力を持って「こうでした」と説明するのは、なかなか難しいんじゃないかと思いました。

Img_3945

しかしながら、

今後のまちづくりの取組を進めるために、この実験を実施したことは、大きな前進だとも言えると思います。

これまでクルマを優先(優遇?)してきた道路空間の利用を、

歩行者、そして街の活性化のために見直すことによって、皆がより快適に感じる空間にするにはどうすればいいか、

それを考える契機になりますし、様々な可能性を感じさせる意義があったんだとも思います。

Img_3952

今後に期待したいと思いますね。

 

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

 

|

2021年5月29日 (土)

525 仙台のバス・地下鉄vs新しい生活様式(2)

コロナ禍も、1年が過ぎ。

いろいろ、見えてきたことって、ありますよね。

「3密」だと必ず感染するか、っていうと、そうとも言えない。

一方、「3密」でなくても、感染する場合は、ある。

少なくとも、インフルエンザのように、教室とかオフィスとか、その空間にいれば感染してしまうようなイメージではない、みたい。

新型コロナウイルスは、主に、人と人との接触で広がるウイルスなんだ、って特徴がわかってきましたよね。

たとえ、密になっても、人からウイルスをもらわないようにしていれば、感染を防ぐことができる。

密になる場所を気にするのは大切ですが、それ以上に、「いかに人からウイルスをもらわないようにするか」が重要ですよね。

逆に、密ではなくても、「飛沫」を介して感染してしまうことがある。

飛沫は、主に、口から出る。

そして、ウイルスは、目、口、鼻の粘膜から、体内に入って感染する。

ただし、手についたからといって、手の皮膚から体内に沁みこんで感染するわけじゃない。

てことで。

通勤・通学で混雑した電車・バスの車内で、感染しないためには。

・マスクは、必須。

・マスクは、すき間のないように、正しくつける。

・マスクをしていても、車内では、会話をしない。(飛沫を飛ばさない。もらわない。)

(エアロゾル感染(マイクロ飛沫感染)を防ぐためにも。)

(エアロゾル(マイクロ飛沫)とは、飛沫と空気感染の中間的な大きさの粒子?ってことですかね)

・次に手を洗う(または手指消毒)するまで、目・口・鼻をさわらない。

・手洗いは、せっけんで、充分な時間をかけて手についたものを洗い流す。

・アルコール消毒は、すぐに乾かないくらいの量の駅をしっかりとり、20秒を目安に指一本ずつにしっかりすりこむ。

(アルコール消毒の効果を得るには、ウイルスが消毒液に接触する時間を充分とる必要がある。)

てとこですよね。

これで、だいたい、

感染リスクはほとんどない、って言っていいのでは、ないでしょうか。

 ***

仙台の場合、市バスと地下鉄は、全車両に、抗ウイルスコーティングが施されました。

これ、新型コロナへの効果が検証されているわけではないそうですが、

それでも、一般論として、ウイルスは活性化しないようになっている模様です。

換気もされているし、観光バスや高速バスと違って、しょっちゅう停車のたびにドアが開いて空気が入れ替わる。

しかし、それでも、利用者同士が気を付けることが、大事ですよね。

そうやって、バス・地下鉄でも安心して利用できるように、していきたいですね。

あと、何よりも。

外出時の行き先で、食事などの場面のほうが、要注意なんだと思います。

誰かと飲食するとき、透明板を挟まないなら、マスクを外したときは、おしゃべりをしないように。

気を付けないと、ですね。

 

 

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

524 仙台のバス・地下鉄vs新しい生活様式(1)

しばらく間が、あいてしまいました。

世の中は、すっかり変わってしまった。

ウイルス感染症の拡大、今日の感染者数に目をそむけられない。

うつりたくない、人にうつしたらどうしよう、、、、。

ウチには、クルマが、ありません。

出かけるときは、地下鉄が、多いです。(富沢なので、、、)

混んでる電車に乗って、大丈夫かな。

だって、電車がバスの車内って、3密って思うとき、ありますよね、、、。

でも。

首都圏の人たちは、毎日、満員状態の電車で、通勤されてるわけでしょう?

そこで大量に感染者が発生している、って話も、聞きませんよね。

実際のところ、どうなのか。

筆者は、

「混んだ地下鉄・バスの車内でも、ちゃんと対策してれば、まず感染しないいんじゃない?」

という派です。

所属している交通研でも、そのことについては、話し合われています。

対策って、どういうことなのか、何をどうすればいいのか。

車内に、ポスターが掲示されています。

一つは、マスク。

これは、今や、ほぼ全員が、マスクはされてますよね。



大声で、会話しない。

これば、飛沫感染のリスクを減らす、ということですよね。

あとは、吊革とか手すりとか触ったら、よく手を洗って。

もしウイルスがついたとしても、体内に入る前に、洗い流しましょうってことですね。

などなど。

じゃあ。

それで、本当に「大丈夫」って、言いきれるのか。

そこが、不安。

だって、どのようにして感染したのか、とか、

どのような行為だと感染しない、とか、

そういう具体的な情報って、ほとんど誰も教えてくれないんですよね、、、。

***

そこで、考えていくことに、しました。

バス・電車・地下鉄で、感染しないために。

感染を拡大させないために。

どうするのが、よいのか、、、。

→次回に、続きます。



 

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

523 旧荒浜小学校に行くには

Img_0051

仙台市の震災遺構「旧荒浜小学校」に、行ってきました。

仙台駅から、まず地下鉄東西線で、「荒井」にむかいます。

Img_0002_20191012164601

地下鉄の運賃は、大人310円。

(まえは300円だったような。消費税が上がって、10月から値上がりしたのですね。)

Img_0006_20191012164601

乗車時間は、14分です。

案外、はやいです。

Img_0007

荒井駅からは、バス。

2番乗り場です。

Img_0015_20191012164601

「旧荒浜小学校行き」というバスが、あるのです。

荒井駅から、七郷小学校や、農業園芸センターなどを経由するルート。

Img_0013_20191012164601

時刻表の上では、乗車時間は、15分たらず。

この日は日曜日、昼間は1時間に1本あり、毎時、59分に出発します。

Img_0011

車内は空いていましたが、

何人か、旧荒浜小学校前まで、乗車された方が、いらっしゃいました。

Img_0017_20191012164601

目的地は、バス停の目の前です。

周辺には建物はなく、この旧小学校だけが、そびえていました。

Img_0018_20191012164801

この日は、案内の方を、お願いしていました。

1時間弱、お話しをいただきました。

Img_0024

東日本大震災から、8年。

けっこう忘れていたことがあるなあ、というのを、思いださせてくれる場所でした。

Img_0027

津波で流されてきた樹木?などが衝突した跡が、そのまま残されています。

海岸の方向には、ほぼ何もありません。

立派だった松林も、まばらになってしまったまま、、、。

もう、わかっていることとはいえ、やはり、衝撃的な光景です。

Img_0028 

このあたり、震災前は、普通に集落だったのです。

うちも、何度か、海水浴に来ていました。

Img_0032

当時のまちの、立派な模型が。

そうそう、ここにセブンイレブンがあって、むかいにガソリンスタンドがあって、、、

Img_0038 

よく覚えています。

海水浴のとき、クルマを停めた駐車場も、確認できました。

Img_0040    

3月11日、14時46分に、三陸沖を震源とする巨大地震が発生。

マグニチュードは、9.0でした。

およそ1時間後に、仙台市の沿岸に津波が到達。

その高さは、海上では10mを超えていたといいます。

当時も、荒浜小学校の面する深沼海岸には、堤防がありました。

それと、松林が、面的に広がっていた。

これにより、荒浜地区に到達する津波の高さは低くなり、また、南北に刻まれた貞山掘により、さらに低くなっていたそうです。

しかし、それでも、1階は完全に水没するレベルでした。

すべてを、がれきとなって、すべてを流し去って、いきました。

Img_0029

2回の壁に、痕跡がありました。

水位を示す汚れが、水平に線上に刻まれていました。

 Img_0046

屋上に避難した子供たち、先生、地域の人々は、320人。

夜を徹して、ヘリコプターで、翌日には全員が救助されたそうです。

地震発生時には6℃くらいあった気温は、深夜には氷点下にまで冷え込んでいたとのこと。

そういえば、あの日、夕方は少し吹雪いていた。

夜、停電の中を、ヘリの爆音が、響きわたっていた。

足の踏み場もなくなった家の中を、懐中電灯の光で片付けながら、

ラジオで、沿岸部の壊滅的な状況を聞き、絶望感におそわれていた、、、

そんなことが、思いだされました。

Img_0042

この地区には、もう住宅が建てられることは、ないそうです。

公園などとして、整備が進められていました。

Img_0050 

かさ上げ道路は、間もなく開通するとのこと。

復興工事の進捗も、確認することができました、、、。

Img_0039

見学には、1日ざっと300人が、訪れるそうです。

考えてみれば、仙台市では、津波災害の痕跡を見て学習できる場所って、ここしかないのかもしれません。

重たい、しかし現実として受け止め、そして次の災害に命を守れるように。

様々な思いを胸に、施設をあとにしました。

Img_0052

 

 

 

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

522 ブラックホールを見てみよう

とにかく、すごい話です。

宇宙は広い、、、、。

Img_0021  

銀河の中心には、ブラックホールが、あるんですよね。

そのことは、100年前から、言われていた。

最近は、重力波の観測によって、その存在が、理論上、確認されても、いたわけです。

しかし。

誰も、ブラックホールを、実際に見たことがあるわけでは、ありませんでした、、、。

それで、今回。

4月に、世界中の研究者が、6ヶ国で同時に発表を、行いました。

各地の電波望遠鏡を連携させ、いわば地球サイズの望遠鏡に仕立て上げて。

地球から、5千万光年先にある、銀河の中心のブラックホールを、、、

なんと、撮影に成功したのです。

Img_0017

いや、正確には、ブラックホールそのものは、撮影することが、できません。

ブラックホールは、質量が、とてつもなく、大きい。

その存在により、周辺の空間は、大きく歪んでいる。

歪みで、方向が変わった光は、観測者からは、ドーナツ状の光輪に、見える。

その様子が、画像として、記録されました!

偉業。

このプロジェクトに、携わったお二人が、東北大学で、お話をされる。

これは、聞きに行かねば!

で、とある土曜日。

行ってきました。

Img_0001_20190707080401

仙台市地下鉄、富沢駅へ。

家から、歩いて10分かかりません。

Img_0002

五橋駅まで、250円です。

ていうか、筆者は、定期ありますので。

Img_0004_20190707080401

次の電車が、いつ出発するか、わかる。

いま、こういう電光掲示が、あるのです。

助かりますね。

Img_0005_20190707080401

五橋まで、6駅。

乗車時間は、11分です。

Img_0009

スグに、五橋駅に、着きました。

東北大の片平キャンパスの方へ、歩きます。

Img_0010_20190707080001

こちらが、裏手に、なるのかな。

Img_0012_20190707080001

10分もかからずに、ちょっとした門が、ありました。

Img_0013

キャンパスの中は、落ち着いた雰囲気。

土曜だからでしょうか、静かです。

Img_0015

「知の館」

本日の、会場です。

Img_0016

このようなスゴイ話、無料で頂いて、いいのでしょうか、とか思ってしまうほど。

イスも、なかなか、座り心地、良かったですよ。

Img_0018

お話は、とにかくスケールが大きい。

画期的MAX。

携わった研究者が、200人。

撮影した対象は、質量が、太陽の、65億倍。

(65倍、じゃないですよ)

幅が、1千億km。

(千キロ、じゃないですよ)

温度が、60億度。

(太陽は、1千度、、、)

5千万光年先の、M87、という銀河の中心です。

ブラックホールは、球体状で、回転しているそうです。

う~む。

さらっと、話をされているのですが、、、

とてつもなさすぎる。

Img_0019

とても、楽しくかった~。

満足して、会場を、出ました。

Img_0022

今度は、動画の撮影にチャレンジされたいそうです。

あと、今回は解像度が高すぎて?撮影できなかった、ブラックホールから放出されているかもしれないガス状の物体の謎についても、取り組んで行かれるそうです。

いや~、楽しみだ!

  **

後から思ってたのですが、

もしかしたら、最寄りの駅は、

地下鉄東西線の「青葉通一番町」だったかもしれませんね。

数分くらい、近かったのかも。

でも、、、

五千万光年先の話されて、その数分の違いなんて、、(笑

ですよね???

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

521 ジャガイモ植え付け

今年も、畑のスタートです。

自転車で、行ってきました。

Img_0010

まずは、ジャガイモの、植え付けから。

種イモ、いつものキタアカリと、

 Img_0001 

今年はメークインにしてみました。

Img_0006 

 

3月末、少し暖かくなった時期があったのですが。

いまは、平年並み? いや、少し気温。低いですかね。

仙台は、桜が開花したばっかりです。

まだまだ、これからですね。

Img_0004

ジャガイモの植え付け時期は、だいたい「旧暦3月1日」と、決めています。

根拠はありませんが、、、

てことで、今年は遅かったのですが。

でも、大丈夫でしょう。

  **

3か月ぶりくらいで、畑に来たのです。

8ece0122297f47f4a98857efee11333b

冬越しの、キヌサヤは、少し元気がありませんでした。

でも、ソラマメは、いっぱい茂ってた!

6b40bcc3f2a84281825869cf737a1f50 

ソラマメ、いけるんじゃないかな。

10年くらいやってますが、ソラマメが豊作だったのは、1回くらいしかありません。

さて、今年は、どうでしょうか・・・。

Img_0012

 

 

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

 

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

 

 

| | コメント (0)

«520 新年