2017年4月23日 (日)

455 宮城野原アクセスまとめ

富沢にある自宅から、宮城野原の陸上競技場・楽天koboパークへの時刻表を、整理してみました。

自宅から行くのは、キホン、土曜か休日なので、それだけを抽出。

はやくて9時に着けばいいでしょう、ってことで、その時間から。

また、だいたい午前中だけで、OK。

野球観戦は、プレイボールが13時か14時になるので。

こんな感じです↓

Photo_3

  **

「スタート」というのは、高校生のムスメの競技開始時刻。

陸上競技場に30分前に入りたいので、

たとえば、

・スタートが9時なら、富沢駅8:03発の地下鉄に乗れば、よい。

(8:10発でもいいかもしれないが、JRへの乗り換え時間が2分しかない。あぶない。)

・スタートが9時30分なら、富沢駅8:33発。

これは、われながら、いい表ができました。

  **

土日のデーゲームの野球観戦の場合。

1時間前に球場に入るなら。

・13時プレイボールの場合は、富沢駅11:33発の地下鉄に乗る。

・14時プレイボールの場合は、富沢駅12:33発の地下鉄に乗る。

これを逃したら、次は、

地下鉄は富沢駅12:40発はあるけど、どうせJR仙石線の待ち時間があるので、12:48発でも、着く時間は同じ。

ま、これでも球場には、試合開始の30分前には入れますよね。

・・・活用していきたいと思います。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

454 トラックシーズンも到来

トラックって、陸上競技のコースのことです。

下のムスメは、高校生。

暖かくなってくると、毎月のように、大会があります。

冬のオフシーズの間、朝練、自主トレと、頑張ってきました。

どれくらい、速くなってるのかな。

とある土曜日、大会を見に行ってみました。

Img_0045

場所は、宮城野原の仙台市陸上競技場。

今年から、ネーミングライツで、名前が、変わりました。

Img_0043

「弘進ゴム アスリートパーク仙台」

というのだそうです。

JR宮城野原駅から、徒歩5分。

Img_0042

ていうか、楽天koboパーク宮城(要は宮城球場)と、同じ敷地です。

先週、来たばかり。

家からは、同じ道のりです。

仙台市地下鉄で、富沢→仙台。

地下鉄南北線の仙台駅ホームの突き当りにある、JR仙石線の乗り換え改札を経由。

JR仙石線で、あおば通→宮城野原。

です。

Img_0039

ちょっとしたコツがあることが、わかりました。

つまり、JR仙石線の、待ち時間が少ないほど、ロスがないですよね。

それと、仙台市地下鉄は、平日と、土曜休日とで、ダイヤが変わる。

けれども、JR仙石線は、同じみたいです。

Img_0034

さらに、JR仙石線の、本数。

時間帯によって、ずいぶん違います。

あおば通駅発、8時台は、9本もある。

つまり、ざっと7分に1本。

これが、10時~14時台は、1時間に4本しかない。

つまり、ざっと15分に、1本。

つまり、時間帯ごとに、何分発の地下鉄に乗ればいいか、覚えておけばいいのですね。

たとえば。

◆土曜の9時半に競技開始の場合

・特に何も考えず、富沢駅8時30分頃のに乗れば、9時10分くらいには、宮城野原に着く。

◆日曜の13時に試合開始のKoboパーク宮城の楽天戦を見る場合

・JR仙石線あおば通発は、12:06の次は12:21発。

・11:55富沢発だと、仙台に12:08着なので、あおば通駅で少し待つ。これムダ。

・12:03富沢発だと、仙台に12:15着。これで仙石線に12:21発に乗れば、充分。

  **

なるほど。

これは、覚えていたほうが、いいかも。

一覧表、つくってみようかな・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

453 球春到来

Img_0023

今年も、プロ野球が開幕しました。

仙台での開幕戦は、平日。

火曜日の16時プレイボールでした。

仕事、休まないと。

プレミアム・チューズデー、ですね。

午後に、休暇をとりました。

ちょうど家の近くの区役所に、用事があったので、いったん帰宅。

家から、球場に向かいました。

Img_0002

富沢駅から、仙台市地下鉄に乗車。

いちばん前の車両が、仙台での乗り換えに、便利です。

Img_0003

仙台駅のホームは、その階に、JR仙石線との乗り換え口が、ありますよね。

そして、JRでも、イクスカが使えるじゃないですか。

Img_0006

このスムーズ感は、いいと思います。

逆に、スイカは、地下鉄に使えますよね。

Img_0008

ひとつ、注意が。

地下鉄の仙台駅と、乗り換え口が直結しているのは、JR仙石線の「あおば通」。

始発が「あおば通」で、

仙台→榴ケ岡→宮城野原、と停まっていきます。

Img_0009

球場には、「宮城野原」で下車。

あおば通から、大人140円です。

Img_0012

宮城野原駅からは、歩き。

少し距離がありますが、まあスグといっていいでしょう。

Img_0013

天気が良い日でした。

こんなに暖かくなるとは、思わなかった。

上着は、バッグの中です。

Img_0014

チケットは、すでに完売とか。

多くの人が、集まっていました。

Img_0015

プレイボールから観戦するのは、久しぶりです。

青空、そして、天然芝の緑が、気持ちいいですね~

Img_0016

いや、ビールなんて寒くて飲まないだろうと思っていたのですが、とんでもない。

日差しがあって、風もないため、けっこう暖かい。

ビール、足りないくらいでした。

Img_0022

しかも、イーグルスは、打線好調。

あっという間に、点差が開いていきます。

Img_0027

勝てそう~。

盛り上がってきました。

茂木選手の3ランが、よかったですね~。

Img_0030

そのまま、快勝。

イーグルス、なんと開幕4連勝です!

気分よく、球場を後にしました。

  **

だいたい、年間、20試合くらい観戦しています。

今年も始まりましたね~。

どのくらいの勝ち試合を見ることができるか。

楽しみです。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

452 歩いて楽しい横浜

また横浜編に、戻ります。

Img_0060

横浜の地下鉄は、愛称があるのが、いいところ。

・ブルーライン

・グリーンライン

わかりやすいですよね。

Img_0012

仙台のように、南北線、東西線といわれても、

覚えにくい。

どちらが北でどちらが南か、地図が頭に入っていないと、なかなか難しい。

(ナナメに走っている場合は、どういう名前にするのでしょうね・・?)

今回は、ブルーラインに、乗車しました。

Img_0013

しかし、いわゆる山下公園、赤レンガ倉庫のほうに、地下鉄では、行けません。

そこは、バスか、他の交通手段を、使うことになります。

でも、バスは、けっこう多く走っているようです。

あと、観光客むけには、赤いくつ号が、ありますよね。

バスマップサミットが終わって、仙台に戻る前に、乗ってみました。

Img_0059

1回乗車は、現金で、大人220円です。

でも、今回は「みなとぶらりチケット」を、利用しました。

Img_0062

「みなとぶらりチケット」は、大人500円です。

主に、海側のエリアは、ほとんどコレで、回れます。

そう、赤いくつ号だけでなく、一般の路線バスにも、使えるのです。

ただし、市バスだけですが・・・。

Img_0063

桜木町から乗車し、赤レンガ倉庫を、目指しました。

まあレトロ調といえば、レトロ調な、車両です。

Img_0064

外国人の方の姿も、目立ちますね。

そういえば。

仙台の「るーぷる仙台」だと、1日乗車券は、大人620円です。

コスパは、横浜のほうが、かなり上のような気がしました。

Img_0066

天気のいい、日曜日。

赤レンガ倉庫は、人でいっぱいでした。

Img_0068

いや、そこだけでなく、ベイエリア全般に、人があふれていました。

まあこれが普通・・・、筆者の田舎スタンダードだと、人が多いってなるだけかもしれませんが。

Img_0072

でも、広々として、気持ちいい場所です。

こういうとこ歩くって、いいですね。

Img_0073

山下公園まで、歩いてみました。

学生時代に来たことが、あります。

う~ん、まったく覚えていなかったですね。

Img_0079

帰りは、市バスを使うことに、しました。

いや、バス停で待っていたら、市バスのほうが、先に来たのです。

Img_0081

時間的には、ことらのほうが、都合よかったかもしれません。

桜木町では、ちょっと思ったところと違うところに降ろされ、とまどいましたが・・・。

Img_0031

さて、今回。

宿泊先と、シンポジウム会場は、いわゆる関外地区。

港から、少し離れたエリアでした。

そのあたりも、いろいろ見どころが、あります。

歩いてて、楽しい。

Img_0038

けれども、

この関外地区と、港のほうとを、行き来するのは、簡単ではないことが、わかりました。

桜木町、そして関内の駅をまたいで、伊勢佐木長者街のあたりの関外地区と、港のほうとの、アクセス手段って、どういうかんじなのでしょうか。

いずれも、桜木町と、関内で、いちど、乗り換えが必要な気がしました。

ここですね。

できれば、何か、便利なアクセス手段があれば、いいなあ。

バスマップサミットでも、どなたかの話に、ありましたね。

こここそ、地上の軌道系。

トラムが、いいんじゃないかと。

いいですね。

横浜って、トラムが、似合いそう。

とてもいい考えだと、思いました。

Img_0074

歩いて、楽しい街。

そこに、おしゃれなトラム。

横浜には、それを可能にするポテンシャルが、あるように感じました。

いつの日か、ここにトラム、走ればいいなあ。

そんな夢を頭の片隅に描いて、仙台に帰りました。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

451 ジャガイモ植え付けの季節

なんやかんや、もう3月も、終わり。

ジャガイモの植え付けに、行ってきました。

Img_0001

毎年、畑のシーズン開幕は、ジャガイモから、始まります。

ジャガイモ植え付けの適期は、いつなのか。

春先。

なるべく早いほうが、いいようです。

というのは、気温が29℃以上になると、成長しないそう。

というわけで、早く植えつけると、その分、成長期間を長くとることが、できます。

とはいえ、寒いうちは、芽がでないし、

芽が出た後に、積雪とか、霜にやられるとか、ないわけじゃない。

Img_0005

  **

筆者は、「旧暦3月1日」を目安に、しています。

旧暦で、1日とは、つまり「新月」。

月明かりがなく、これから満月に向かって、徐々に月が輝きを増していく節目です。

ジャガイモに限らず、種まきは、新月の前後を狙って、スケジュール組んでますね。

根拠は、・・・。

離せば長くなるのですが、まあ、いろいろ書物を、読みました。

新月にタネ蒔くと、2週間後の満月に向かって発芽し、出芽する。

そういうリズムが自然じゃないか、と、考えているのです。

  **

それは、ともかく。

Img_0010

今年も、ダンシャクと、キタアカリの、ダブルで。

貸し農園の、ウネ6本のうち、2本を、ジャガイモに、あてています。

Img_0017

間隔は、テキトウ。

移植ゴテ(スコップ)の幅くらい、です。

Img_0018

深さも、テキトウ。

水も、肥料も、やりません。

耕したりも、しません。

自然のままに、育ってもらっています。

これでも、趣味で楽しむには、じゅうぶん収穫できるので、おどろきです。

Img_0023

この日は、曇り空で気温は低かったですが、

風がなく、作業は、やりやすかった。

あとは、芽が出るのを、楽しみに、待ちましょう。

さあ、今年も畑シーズンが、はじまりました。

毎週、自転車で、がんばって通いましょう。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

450 ベビーカーマークあったよ

ベビーカーマーク。

これは、知りませんでした。

仙台にも、普通にあるのですね。

Img_0002

以前も、ベビーカーに関する表示は、いろいろあったそうです。

ここは、ベビーカーOKです、とか。

逆に、ダメですよ、とか。

それを、国土交通省の協議会で、統一的なマークが決められました。

ここは、ベビーカー大丈夫ですよ、ってことを示しています。

(それに赤い斜線を入れた「ダメですよ」のマークもあるそうです。)

  **

仙台市地下鉄の場合。

富沢駅で、さっそく発見しました。

Img_0006

車イスのスペースのある扉のところに、貼ってあります。

そこから車両に乗り込むと、ありました。

Img_0004

シートのない一角に、手すりが渡してある。

へえ~。

Img_0001

今まで、意識したことは、ありませんでした。

ベビーカーをたたまずに、他の人の乗り降りを邪魔する心配も、不要です。

Img_0005

ここの位置は、エレベーターの目の前。

エレベーターを降りると、おのずと、そこに乗ることになります。

Img_0007

ちゃんと、考えて作られているのですね。

  **

あと、マークとともに、呼びかけが、ありました。

それは、周りに人に対して。

ベビーカーの利用に対し、温かい気持ちで見守りましょう。

お子さん連れのお出かけに、安心・安全を。

それは、設備の面だけでなく、一人ひとりの配慮によっても、もたらされるのですよね。

心がけていきたいな、と思いました。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

«449 バスマップサミットin横浜(3)