2018年2月18日 (日)

498 地下鉄駅のWi-Fi

Img_0003

ふ~ん。

あまり今まで、意識してませんでした。

仙台市地下鉄の駅って、Wi-Fiアリなんですね。

各駅に、あるようです。

Img_0004

各社の契約して使うやつと、

SENDAI free Wi-Fi、ってやつ。

筆者は、ど~も、こういうの苦手。

これ使うと、電話の通信回線で課金されないで済むんですよね?

でも、いつ使う?

だって、電話とか普通にメールするとかくらいなら、定額で契約してる携帯回線の範囲で、済むでしょう。

PCでネットみるとき?

地下鉄の駅って、そんなに座るとこないし、わざわざPC広げませんよね。

あれですかね。

タブレットで、Wi-Fi専用機で使ってる人むけなのかな。

でも、スグ電車きますよね・・。

電車の中は、使えるのかな?

電車の中、使えるといいですね。

たとえば新幹線って、車内はWi-Fiなかったですよね。

ああいう長距離移動こそ、Wi-Fiあれば助かりますよね。

そうそう、飛行機で、Wi-Fi使える国内の航空会社、ありますよね。

あれ、便利ですよね。

Img_0003_1

るーぷる仙台の車内は、Wi-Fi使えるみたいなので・・・。

こんど、地下鉄の車内でも、試してみましょうか。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

497 長町南にバスの表示ができた

最近、気がついたのですが。

仙台市地下鉄の長町南駅。

Img_0002

バスの、出発案内の表示が、できてました。

いつの間に?

Img_0016

改札を出て、右のほうへ。

切符売り場の向かいに、それは、ありました。

Img_0012

青と、白の、2色。

珍しいかんじが、します。

Img_0003

どの乗り場に、どこ行きが、何分後の発車予定か。

シンプルですね。

Img_0001

一応、長町南駅には、「バスプール」が、あるのです。

少なくとも、案内図には、そう書いてあります。

Img_0005

しかしまあ、バスプールと呼ぶには、少々、心もとないかな。

特に、南側の乗り場は、閑散としています。

ここにホントにバス、来るの?

って、かんじです。

Img_0008

一方、北側(モール側)は、4つ以上の乗り場があって、

それなりに、バスが発着しているかんじ。

まあ、表示板があって、役に立つんだと思いますね。

Img_0013

けどこれ、何番乗り場がどこか、知ってる人でないと、しんどいですよね。

乗り場がどこなのか。

あと、途中のバス停ですよね。

自分がどこ行きに乗ればいいのか、わかってる人でないと。

まあ、ふだんからバス使ってる人むけの、案内なんでしょうね。

  **

たとえば、甲府は、こうです。

 ↓

Img_0009

行先の方面ごとに、色分けされています。

そして、乗り場案内図も同じ色分けがされている。

Img_0012_2

さらに、路線図も、同じ色分け。

ここまでやって、はじめて「わかりやすい」といえるでしょう。

まだまだ、仙台のバスインフォメーションは、伸びしろがありそうです。
















 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

496 東京の大雪

スミマセン、写真は、ないのですが。

1月の、とある金曜日。

関東地方は、大雪に、なりましたね。

帰宅時間に重なり、週末だし、交通機関がたいへんだったようです。

実は筆者、その日、東京に出張してました。

夕方、16時台の新幹線で、仙台に帰るとこでした。

すでに、5センチくらいは、積もってたと思います。

在来線は、遅れてました。

けど、新幹線も、7分だか遅れてた。

そのおかげで、乗れたのですが。

結局、東京の積雪は、23センチだったとか。

一方、わが仙台は、20センチってとこ。

東京のほうが、積雪、多かったんですね。

  **

ところで、「大雪」って、どこから大雪と、いうのでしょう。

どうも、一律の定義は、ないようです。

だから、ニュースで、大雪の予想です、関東平野では15センチの予想・・・とか言われても、へ? それで大雪? と思う人は、おおいでしょう。

これ、地域によって、警報の基準も、違うようですね。

(ていうか、筆者は、コレ系の有資格者なもんで・・・)

警報の基準ってのが、地域ごとに、あります。

ちなみに。

東京23区内の、大雪警報基準は、

「12時間降雪の深さ10cm」となってますね。

一方、仙台は。

筆者の住んでいる仙台市東部だと、

大雪警報基準は、「12時間降雪の深さ20cm」。

これが、仙台市西部だと、

平地で「12時間降雪の深さ25cm」

山沿いで「12時間降雪の深さ30cm」。

なお、

かまくらで有名な秋田県の横手市だと、

平野部では「12時間降雪の深さ40cm」

山沿いでは「12時間降雪の深さ50cm」

となっていますね。

ふ~ん。

なんとなく、感覚と、近いような。

これくらい積もったら、大雪って、言うだろな~

って、かんじですよね。

  **

仙台では、平成26年の2月に、35センチってのが、ありましたよね。

今回は、あれ以来の大雪かな、と思いますが。

実は筆者、今年になって、2回。

雪道で、転倒してます。

2回とも、同じようなパターン。

氷を踏んだら片足が滑って、

もう片方の足でセーフ、と思ったら、そっちも持っていかれて、

完全にお尻からズドン。

幸い、怪我には、至っていません。

気を付けないとね。

もう、雪は、いやですね・・・。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

495 朝の地下鉄が遅れなくなった?

12月3日に、仙台市地下鉄のダイヤ改正が、ありました。

南北線では、朝の混雑時間を、調整。

7時台の前半から、後半に、1本移動したようです。

そして、8時すぎに、1本増発。

これ、よかったんじゃないでしょうか。

いや、あくまで筆者にとっての話ですが・・。

富沢駅で、電車待ちの行列が、短くなったと思います。

それと、富沢駅に到着する列車が、遅れてこなくなった。

前は、電車に乗り込むと、スグ扉が閉まって、出発していたのです。

けれども、今は、電車が入ってきて、みんな乗車し終わって、それから扉が閉まって発車するまで、余裕があります。

それと、途中駅で、扉から人や荷物がはみ出て、何度もドアを閉めなおすことも、なくなったような気がします。

なんだか、見違えたように、スムーズになりました。

と、思うのは、気のせいでしょうか・・・。

筆者は、富沢駅から、100%座っているので、わからないだけかもしれません。

だいたい、7時50分か8時頃に乗っています。

いや、やっぱり、混雑は緩和されたような、気がしますね。

  **

1月後半、仙台も積雪がありました。

何日間も、朝、道路が凍結。

すると、バスが、えらい混むんだそうです。

バスじたいは、チェーンを巻いているので、走行はできるのですが、他のクルマが。

あと、ふだんは乗らない人がバスに乗るようになって、ぎゅうぎゅう詰めになるのだそうです。

途中のバス停で、スミマセン、もう乗れませんって、通過してしまうことも、あったそうです。

雪が積もると、大変ですよね。

その点、地下鉄は、あまり影響を受けてないような。

やっぱり、これから住むなら、地下鉄沿線を、おすすめしますね。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

494 500回にむけて

なにか、記念?に、やろうと思うんですよね。

と、考えてて。

思いついたのが、これ。

公共交通をなんとかしたい・・、と、思ったきっかけの話。

これを、やろうかと。

まず、仙台に住むようになったとき、でした。

公共交通の薄さに、考えさせられました。

それまで東京で、4年間暮らしてたからでしょう。

東京は、電車で、だいたいどこでも行けた。

しかも、仙台の地下鉄と比べると、ものすごく安かった。

待ち時間なんてなく、時刻表なんて必要なかった。

それと、仙台は、バスが、あまりにも複雑だった。

何回、乗り間違えたことか・・・。

てのが、あります。

  **

でも、潜在的には、もう少し前なんですよね。

学生の最後の年に、ペルーに行ったときです。

ペルーって、南米のペルーです。

首都は、リマ。

(関西風にいうと)けったいな、交通機関が、街にあふれていました。

一種の乗合バスですが、もっとなんというか、自由度が、高い。

タクシーと、バスの中間に位置する乗り物が、ものすごく重要な役割を、はたしていました。

古いワンボックスが改造してあって、10人くらいは、乗れるでしょうか。

路線、というか、ストリートを端まで行って、また戻ってくる。

それが、縦横に、網羅されているかんじ。

停留所はなく、交差点ごとに、停車しているかんじ。

支払いは、一律。

これ、「コレクティーボ」と、いいます。

南米の市街地では、珍しくないみたい。

仙台で、公共交通、なんとかならないかなあ、と思ったときに、真っ先に思い浮かんだのが、このコレクティーボのこと、だったのでした。

500回記念は、この話を、やろうと思います。

うん、そうしましょう。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

493 バス値下げ?って書いてある

1月11日の報道より。

市バス運賃、28年ぶり 抜本改定。

とあります。

いつから?

どうやら、10月からのようです。

といっても。

その1。

仙台駅に近い範囲で、かつ初乗りが170円の区間だけ。

そこが、170円→150円に、なるそうです。

じゃあ、180円の区間は、そのままって、わけですね。

筆者は、170円の区間って、乗ったことないんじゃないかな。

交通局に行くのが、180円。

大学病院に行くのが、180円。

八幡のほうへ行くのが、230円。

コボスタの近くの、なんだっけ、宮城野原公園だかが、たしか230円?250円?忘れました。

要は、あまり御利益が、なさそう。

一方、100円パッ区は、100円じゃあ、なくなるそうです。

120円均一。

まあ、安いっちゃあ、安いです。

しかし、ワンコインでない、ってのがね。

あとね、学都仙台フリーパスも、値上げするみたい。

う~む。

たくさん使ってるところは、値上げして。

たいして使われてないとこは値下げして。

たぶん、値上げした金額の計のほうが、かなり多くなるのでしょう。

まあ、仕方ない。

何もしないで、ズルズルと利用者が減り、→収入が減り、→サービス水準が落ち、→利用者が減り・・・

ていう、悪循環はダメ。

何か、しないと。

ですよね。

しかし。

どうも、前向き感が、ないなあ。

利用者を増やすぞ、っていう施策が、ほしいところですよね。

あるいは、便利になるぞ、っていう。

・・・。

ホントは、バス、そんなに不便じゃあ、ないはずなのになあ。

と思うのでした。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

«492 成人式とクルマ