2017年10月15日 (日)

函館の路面電車(1)

Img_0085

三内丸山遺跡のあと、函館を目指しました。

フェリーです。

Img_0089

新幹線あるのに、なんでまた?

調べてみると、仙台~函館の切符で、新青森の途中下車は、OKなんですよね。

新幹線の途中下車で三内丸山遺跡をみると、効率がよい。

まあ、それは分かってましたが、今回は、のんびり行こうと。

お金も、高速バス+フェリーのほうが、新幹線より安いので・・・。

Img_0091

ていうかですね、

筆者は、船旅が、好きなのです。

長距離の乗り物の中では、船が、一番好き。

二等船室でゴロゴロしたり、甲板から海を眺めたり。

Img_0090

缶ビール飲んで、文庫本読んで・・・

贅沢な時間の使い方ですよね。

3時間半くらい、3,000円ちょっとの、船旅です。

Img_0093

と思ったら、もう着いてしまいました。

あれれ。

いつの間にか、すっかり眠っていたのです。

ふだん仕事で疲れてるからなあ・・(笑

Img_0094

函館のフェリーターミナルからは、バスと思っていたのですが、

この時間は、もうバスありませんでした。

で、タクシーで、函館市内へ。

無事着いて、よかったです。

  **

Img_0012

さて今回、なにしに函館に来たか、というと。

目的は、野球観戦です。

ファイターズvsイーグルス。

遠征ってことです。

Img_0003

朝市で、イカ刺しなど食して、出かけました。

デーゲームなのですが、午前中は時間がある。

五稜郭に、行ってみることにしました。

Img_0007

交通手段は、なんといっても。路面電車がありますよね。

これは、安心できます。

Img_0011_1

函館駅前から、五稜郭公園前までは、230円。

その間に、お目当てのオーシャンスタジアムがある千代台を、通りますね。

この間は、1時間に10本くらい、走っているようです。

すると、6分間隔? 

けっこう本数ありますよね。

Img_0011

乗ってみると、車内は、かなりコンパクト。

対面で座ると、向かいのお客さんまで、近い。

こじんまりした、かんじです。

でも、縦にけっこう長いので、多くの人が、乗れそうです。

Img_0017

路面電車の、メリットは。

なんといっても、分かりやすさ!

どこをどう走っているのかが、スグ把握できる。

筆者のような観光客が、迷うことなく移動に使えます。

Img_0015

何行きに乗れば、どこを走るのか、スグわかる。

安心です。

道路にレールがあるので、どっちに進むかも、一目瞭然。

しかも、6分おきに来るんだったら、便利ですよね。

Img_0019

さて、乗車してから、15分くらい? 

もう少しかかったでしょうか。

五稜郭公園前に、着きました。

Img_0014

ここから、観光の五稜郭までは、少し歩きます。

(JRの駅前じゃないほうの繁華街、すなわちこの、市電の五稜郭公園前のあたりを「五稜郭」と呼んでるようなので、注意が必要だと思いました。)

  **

これ・・・

東北地方には、路面電車のある街が、ありません。

もちろん、わが仙台にも、ない。

なんで? と思います。

こんないいものを・・・。

Img_0034

地下鉄だと、地下深くのホームにたどり着くのに、けっこうかかるのです。

階段も、ある。

その点、路面電車は、いいですよね。

外も見えるし・・・

  **

Img_0026

筆者は、函館に来るのは、学生のとき以来。

もう、かれこれ25年以上も、前の話です。

そのときは、夜景は見ましたが、五稜郭は、行ってなかった。

Img_0027

はじめての、五稜郭。

といっても、タワーの上からだけですが・・・。

Img_0032

幕末の歴史が、おさらいできますね。

そして、国内が、いま平和な時代だということも、実感。

Img_0030

見どころが多いですよね、函館って。

あちこち見て回りたいとこですが、そろそろ、お時間。

函館オーシャンスタジアムに、向かいましょう。

Img_0036

(続く)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

479 三内丸山遺跡に行くには(2)

Img_0074

縄文。

筆者は、強く、心ひかれます。

古代文明オタク、という属性を差し引いても・・。

おなじ生活様式 ー文明といっていいかもしれませんー が、「1万年」継続した、比類なき事例です。

それって、すごいことだと、思います。

Img_0023

秘訣は、自然との共存。

これにつきるのでしょう。

Img_0027

紀元前、1万3000年頃(という今のところの説)。

日本列島に新石器時代、すなわち縄文時代が到来しました。

以降、およそ起源300年とされる時期に至るまで。

我々の先祖は、輝かしい偉業を、成し遂げていたようです。

Img_0031

山、海の恵みを最大限、享受する。

そして決して、それらを枯渇させることは、しない。

Img_0033

彼らは、決して狩猟採集のみに頼る「その暮らし」であったわけでは、ありません。

栽培を、した。

Img_0034

今でいう、資源管理のようなことを、フツーにやっていた。

それで、環境に変化にも適応し、長期間にわたり、生活様式を維持した。

Img_0036

貧富の差もなく、精神的に統一された、コミュニティ。

自由、そして幸福の感覚に、満たされていたことでしょう。

Img_0037

一方で、卓越した、土木技術。

建築の、技術。

Img_0041

自然に対峙する自らの集団を、その採り得る選択肢の中から、最適な行動に向かわせるモチベーションを、完全に、コントロールできていたのだと、思います。

そう、秩序。

Img_0045

生存・存続への、一糸乱れぬともいうべき、最適化の実現。

そして、高度な、精神性。

Img_0047

その背景にあるのは、こういうことだと、今回、思いました。

自然、そして森羅万象というものへ、理解。

特に、死生観、ですよね。

Img_0050

死んだらどうなるか、生まれてくるとはどういうことか。

彼らは、完璧に、理解していたのでは、ないでしょうか。

埋葬の方式、そして、死者に対する接し方(なくなった子供の足型を室内に吊るしておく・・・要するに死んでも共に暮らしているのですよね)から、それを感じました。

Img_0053

ここに一つの、人類の到達点が、示されていると思います。

我々の文化よりも、彼らは、明らかに優れていたのだと、感じます。

Img_0057

土器の展示は、圧巻でした。

これらは、いったい、何なのでしょう。

Img_0061

食器や、煮炊きの道具の範疇を、逸しているのは、明らか。

何かの、表現。

それは、我々の理解が及ぶものでは、ありません。

Img_0071

つまり、彼らにとって、普通だったことが、

我々にとっては、想像の範囲外にあるのです。

だから、謎。

Img_0060

自然界と、どのように対峙していけば、長く存続できるのか。

我々は、彼らに、学ばなければいけないと、思いました。

Img_0065

スミマセン・・・

交通とか離れて、熱く語ってしまったようです。

(好きなんですよ、こういうの・・)

Img_0075

遺跡をたっぷり見学したあとは、「ねぶたん号」で、青森市内へ。

そうそう!

三内丸山遺跡って、入場無料なんですよ。

なんで?

Img_0073

入場料、とっていいと思いますよ。

世界遺産だし・・

Img_0080

ともかく、趣味の世界を、たっぷり堪能させていただきました。

バスを降りたのは、「フェリーターミナル前」。

Img_0081

ここから、船で、函館に渡るのです!

いや~、一人旅って、いいですね~。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

478 三内丸山遺跡に行くには

Img_0046

夏休み。

三内丸山遺跡に、初めて行きました。

未だ行っていないのは、耐え難かったのです。

古代文明ファンとしては。

今回、やっと念願が、かないました。

Img_0004

仙台から、青森へは、高速バスを利用しました。

新幹線あるのに、なんで?

・・・旅費の節約のためですよ。

5時間近く、かかりましたが・・。

Img_0003

しかし、車内は空いていたので、快適。

本など読んでいると、あっという間でした。

一人旅は、いいですね~。

Img_0010

青森駅に、到着。

しかしこれ。

あまり良いアクセス方法では、ないのかもしれません。

Img_0008

今回わかりましたが、

・JR青森駅と、新幹線の新青森駅は、けっこう離れている

・三内丸山遺跡に近いのは、新幹線の新青森駅

・新幹線は青森駅には、とまらない(アタリマエ?)

なのです。

JR青森駅から、一般の路線バスも、ありました。

けれども、おススメは、コレ。

Img_0016

「ねぶたん号」という、観光向けのバスが、あるのです。

ほぼ1時間おきくらいに走っているようですが、完全な循環ルートではないため、ちょっと頑張って時刻表を確認する必要が、あります。

Img_0009

JR青森駅から、三内丸山遺跡に向かうルートは、以下のようになります。

青森駅前

 ↓

アスパム前

 ↓

あおもり北のまほろば歴史館前

 ↓

津軽海峡フェリーターミナル

 ↓

新青森駅東口

 ↓

県立美術館前

 ↓

三内丸山遺跡前(終点)

Img_0019

つまり、三内丸山遺跡は、

・青森駅(新幹線とまらない)から、バス停6つ

・新青森駅(新幹線とまる)から、バス停2つ

そういう位置関係なのでした。

Img_0011

ねぶたん号の大人運賃は、

1回乗車:200円

1日乗り放題:500円

です。

つまり、

運賃は、青森駅から乗っても、新青森駅から乗っても、同じ。

Img_0013

↑バスの中から、新青森駅を、撮ってみました。

新青森駅から、乗るお客さんが、やっぱり多かったです。

今回は行きませんでしたが、

巨大な「あおもり犬」のいる、県立美術館も、人気ですよね。

Img_0014

で、到着。

はじめての、三内丸山遺跡です。

見学~。

Img_0056

(続く。)

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

477 神戸空港に行くポートライナー

Img_0043

神戸に、行ってきました。

仕事の関係です。

今回、神戸空港は、利用していないのですが、アクセス線について、書いてみようかと。

Img_0041

ポートライナー。

三宮と、神戸空港の間を、約20分で結んでいます。

その間、駅は7つ。

Img_0040

真ん中あたりで分岐して、環状になっている支線があります。

三宮から神戸空港まで、運賃は大人330円です。

Img_0022

神戸滞在中、三宮駅と、みなとじま駅の間を、何回か往復しました。

けっこう本数があるので、時刻表をみる必要性は、感じません。

Img_0038

日中は、1時間に9本くらい、あるようです。

朝夕は、もっと走っています。

Img_0037

6両編成?

モノレールにしては、長いと思いますが、

それでも人が、かなり乗っている感じ。

混んでいますね。

Img_0042

おもしろいのは、コレ、無人運転なんですね。

最前部に運転席がなく、普通に座れるようなので。

ちょっと怖い感じがしますが、しょっちゅう事故をおこすとか、そういう話は、聞いたことがありません。

Img_0035

一言でいうと、重要な交通機関。

毎日、多くの人を乗せ、がんばっている様子でした。

  **

比較するのも、どうかとは思いますが・・・

わが仙台の、空港アクセス線。

Img_0015

まず、本数が、少ない。

残念・・。

所要時間、仙台空港から仙台駅まで25分くらい、それはいいのですが、

運賃が、問題。

仙台空港から仙台駅まで、大人650円かかります。

片道ですよ。

Img_0018

それで1時間に2本か3本しかない、ってなると・・・。

神戸空港のアクセスとの違いが、際立ってしまいます。

仙台空港アクセス線には、がんばってほしいものです。

  **

さて、話を神戸に戻しまして。

みなとじま駅は、ポートアイランドという埋立地に、あります。

なかなか面白い景色、を楽しむことができますね。

Img_0031

夜景も有名な港町を、海の側から眺めることが、できる。

あまり得られない視点ですよね。

Img_0029

広々とした海、背景に山。

その間には、人々の営み・・・。

Img_0033

とても近代的。

そして、どこか落ち着く感じも、しますよね。

Img_0045

今回、三宮で、美味しい日本酒のお店を、何軒かまわりました。

このあたり、いいお酒が、たくさんあるのですね。

また来る機会があればいいなあ、と思いました。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

476 甲府のバス

Img_0001

仕事の関係で、甲府に行ってきました。

山梨県立大学。

「徒歩: JR甲府駅南口 徒歩20分」

「バス:JR甲府駅南口から山梨交通バス 飯田三丁目下車 徒歩7分」

と、あります。

バスで、行ってみることにしました。

Img_0006

甲府駅の南口は、バスターミナルになっています。

特徴的なのは、インフォメーションセンターがあること。

キレイな建物ですね。

Img_0007

涼しくて、助かります。

暑い日だったので・・・

Img_0008

長距離バス、観光インフォメーションのカウンター。

一緒に、路線バスの案内が、あります。

Img_0010

路線図が掲示されていました。

どうやら、方向別に、色分けされている模様。

「飯田三丁目」は、赤色の方向に、みつかりました。

Img_0009

発車案内の、電光掲示板が。

赤いところだけ見ればいいので、ラクですね。

Img_0012

4番のりばは、・・というと、スグ見つかりました。

のりば案内図で、赤色になっているので。

これは、いいですね。

Img_0016

次に来るバスは・・・、っと。。

もうついているバスあり。

その次は、6分後ですか。

Img_0021

さっそく、4番のりばへ。

このバスで、間違いなさそうです。

Img_0022

同じような目的の方々も乗ってくようなので。

大丈夫でしょう。

Img_0023

飯田三丁目までは、バス停3つくらいだったかな?

運賃は(たしか)190円でした。

Img_0025

特に混雑もなく、あっという間に到着。

ここから、山梨県立大学までは、少し歩きます。

ま、10分弱。

(これが最寄りのバス停なのですね・・)

Img_0028

無事、到着しました。

実は、雲の向こうに、少し富士山が見えたのですが、写真を撮りそびれてしまいました。

初めての場所でしたが、迷わず行けた。

それだけで、街の印象ってスゴく良くなります。

何泊かしたのですが、とても楽しく過ごせました。

昼間、あつくても、朝晩、涼しくなるのが、いいですね。

ワインも美味しい。

また来る機会があれば、いいですね。

っとお。

甲府といえば!

12月に「バスマップサミット」が、あるのでした。

http://www.rosenzu.com/busmap/

(↑富士山がキレイなチラシがアップされていますね。)

しかし。

この日、交通研でもイベント参加があるため、

筆者は、行けないのです・・・。

研究会から、誰か参加できるよう、画策してみたいと思っています。

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

475 受賞おめでとうございます

Img_0008

国際センター駅に、「青葉の風テラス」という場所が、あります。

国際センター駅、って?

地下鉄東西線ですよ。

仙台から、3駅め。

運賃は大人200円で、5分くらいで着きます。

便利になりましたね。

Img_0004

国際センター駅の改札から、2階へあがる。

すると、「青葉の風テラス」です。

Img_0005

屋内にはカフェがあり、展示やミニコンサート、ワークショップなどに利用できるそう。

屋外には、その名のとおりテラスがあります。

Img_0001

新しくて、キレイで。

いいですよね。

Img_0006

さて今回は、

「JCOMMデザイン賞」受賞の伝達セレモニーに、お招きいただき、行ってきました。

JCOMMとは、「日本モビリティ・マネジメント会議」のこと。

7月に、福岡であった、第12回日本モビリティ・マネジメント会議において、「仙台市地下鉄東西線各駅周辺散策マップ」が、デザイン賞に選ばれたのです。

Img_0036

「仙台市地下鉄東西線各駅周辺散策マップ」は、単体ではなく、いくつかの地域に、わかれています。

そして、それぞれの地域で、協議会とか、市民団体が主体となるなどして、制作された、とのこと。

Img_0035

だから、福岡での授賞には、仙台市の交通の担当者が行ったわけではなく。

それぞれの地域の取りまとめにあたった方が、代表で賞を受領されたそうです。

Img_0011

それで今回、各地域に、その賞状が伝達される場が設けられた。

と、説明がありました。

Img_0014

いい取り組みだと思います。

JCOMMは、けっこう大規模な会議体ですよね。

その賞とは、意義深いものがあります。

Img_0029

筆者も、お祝いを述べさせていただくとともに、

交通研の活動紹介を、させていただきました。

Img_0037

1時間ほどで、会は、終了。

なごやかに、お開きとなりました。

みなさん、受賞おめでとうございます!

 

 | ↑ページの先頭へ | トップページへ

  ←バックナンバーを最初の記事(01)から読む

| | コメント (0)

«474 仙台の自転車レーン(その4)